フォト
無料ブログはココログ

2020年9月23日 (水)

枝豆の収穫再開

晴れのつがる市です。

周りでは稲刈りが始まったが週末の天気予報は雨。これから米農家にとっては天候にヤキモキする日々が続く。

 

我が家では今日から枝豆の収穫を再開した。品種は晩生種の在来毛豆。

これで今年の枝豆は最後となる。

10月5日くらいまでには終われるかな。

稲刈りもあるので何とも言えない。

Kimg2235_copy_960x540

今年は間違えて多肥となった。なので丈が長くツルボケしていて収穫しづらかった。

こうなると何につけても効率が悪く、枝豆の枝が長いため機械もぎも大変になる。

ま、全ては自分が蒔いた種だ。

頑張ってやるしかない。

Kimg2232_copy_960x540

1ヵ月前に収穫の終わった湯あがり娘の取りこぼし豆から本葉が展開していた。

なんと逞しいことか。

Kimg2236_copy_960x540

もぎ取り機のシリコン製の扱ぎ刃が千切れてしまった。

消耗品なのでしょうがないね。

替え刃がないので使用頻度の低い左側と交換。

今年はあと1品種で終わりなのでこのまま使うことにした。

2020年9月15日 (火)

規格外の枝豆を冬場の保存食に

枝豆の収穫で毎回出る規格外。

特に機械もぎなので共選出荷にも流せないものが結構ある。

Kimg2208_copy_960x540

昨日収穫したコンテナ7個分から出た規格外は手籠8分目ほどで約3kg。

Kimg2210_copy_960x540

規格外は莢の筋が大きく裂けていたり変形しているもの。我が家では機械もぎをした枝豆は葉くずや虫食い莢を取り除いて、さらに選別係の母親がこういった規格外を弾いている。

こんなのが毎回手籠1~2杯あるが、いくら豆好きな人でもこれを毎日食べるのは大変というもの。手を変え品を変え食卓に上げているがそこは限界がある。(最近はオイスターソースやペペロンチーノなどの炒め物が多い。)

Kimg2213_copy_960x540

となれば、冬場の保存食でしょ!!

ということで我が家の使えそうな鍋を総動員してとりあえず約3kgを煮てみた。

Kimg2216_copy_540x960

煮た枝豆を今度はせっせとムキ豆にする。一人仕事で2時間くらい。

これでMサイズのジップロックの保存袋2個分。

頑張った割に少ないね。

2020年9月14日 (月)

青森福丸の収穫終了

今日で我が家の枝豆3番手青森福丸の収穫が終了した。

家族に感謝。ご苦労様。次もよろしく。

青森福丸は5月30日に1回目10アール播種、6月6日に2回目15アール播種。

収穫始め9月1日、収穫終わり9月14日(本日)。

出荷ケース数115個は個人的にやや満足している。

Kimg2205_copy_960x540

1回目は雑草に負けてダメダメだった。2回目は肥料もちょうどで多収だった。

市場の最終出荷数はまだ分からない。出荷伝票を見る限りA品出荷率は低かったかも。値段は今のところ2,000円/3㎏箱前後と平年並み。

前作の湯あがり娘の利益がまったく無かったので、この青森福丸が我が家の救世主となることを願っている。

Kimg2206_copy_540x960

最後の品種となる在来毛豆。

肥料計算失敗のため多肥でツルぼけしている。

収穫するとき大変だろうな。

Kimg2207_copy_540x960

枝の真ん中あたりの莢。膨らみは中程度。

下部の莢はまだまだペッタリしているので、全体の80%が膨らんだ状態のもぎ始めは1週間後くらいかな。

この品種の収穫時期は雨や台風が多く、これまで品質低下や市場の需要減が響き良い結果を残せていない。今年は十五夜(10月1日)商戦に期待している。

収穫は稲刈りと並行しながらになりそう。

なんとか頑張ってみる。

2020年9月 4日 (金)

大雨だけど収穫する

大雨のつがる市です。

午前中は短時間に大雨が降り、一時大雨洪水警報が発令された。

昨日の猛暑といい、今日の大雨といい、この天気は何なんでしょう。

Kimg2192_copy_960x540

そんな大雨の中でも枝豆の収穫は続けている。

落ち込んでても仕方ないからね。

青森福丸(1回目)は雑草にやられ生育悪く、収穫に難儀している。

収穫なのか草刈りなのかようわからん。

Kimg2190_copy_960x540

あまりにも雨が強いためお昼で収穫中止。

もぎ取り作業が半屋外だからモロに雨の影響を受ける。

それでも午前だけでコンテナ8個。まあまあかな。

洗浄、乾燥して明日出荷する。

Kimg2191_copy_960x540

昨日、残った湯あがり娘(3回目)をトラクターで鋤き込んだ。

ロータリーに当たる枝豆の感触が何とも悲しかった。

湯あがり娘は酷い結果に終わる

お盆明けから始まった湯あがり娘の共選出荷が酷かった。

まったく値段が付かないまま終了。

 

A品(3kg箱)379個(+9個)

B品(2kg袋)161個(+45個)

総出荷量 1,459kg(+117kg)

収支合計 4,436円(-395,539円

kg単価 3円(-295円

※前年比

どうにもならないね。

例年の100分の1の入金伝票を見て頭がおかしくなりそうだった。

金額的に何百万、何千万ではないけれど。

せっかく作った枝豆だもの全量出荷したい気持ちはいっぱいあった。

しかし、まさかここまで酷いとは思ってもいなかった。

 

あんなにみんなで働いたのに馬鹿みたいだ。

 

傷口が小さいうちに出荷ストップなり何とか出来たはず。

でも出荷ストップ掛けた時には既に手遅れだった。

 

責任は自分にある。

 

まだ気持ちに折り合いは付いていないが、すでに次の青森福丸の出荷が始まっているし、早く諦めムードを払拭したいと思うが。

 

もうしばらく落ち込ませてくれ。

2020年9月 1日 (火)

青森福丸の収穫始まる

晴れのつがる市でした。

今日の気温は25℃に届かず。とても過ごしやすい一日だった。

Kimg2189_copy_960x540

今日から青森福丸(1回目)の収穫が始まった。

昨日、結構な雨が降った割には畑のコンディションは悪くなかった。短靴で作業しても大丈夫なくらい。

青森福丸は毛豆の早生種で今年の我が家の主力品種。今年は長雨なのか肥料不足なのか草丈が短い。莢付きは普通。収穫予定日数より早く終わるかも知れない。

Kimg2188_copy_540x960

午後から所要があるため午前でもぎ取り終了。

午前中の2時間で6箱もぎ取りしそのままJA出荷した。

2020年8月28日 (金)

枝豆の引き取り先

晴れのつがる市です。

週末から雨が降るようだがどうなんだろう。

出荷できずにいた湯あがり娘も半分くらい(20コンテナ分)の引き取り先が決まった。

両親の知り合いや親類、ご近所さん等々にお裾分けというか引き取っていただいた。

なんかホッとした。

Kimg2186_copy_960x540

黄変した枝豆はトラクターで畑に鋤き込んだ。

もったいないね。

同じ轍を踏まないように気をつけよう。

2020年8月27日 (木)

枝豆あとにサブソイラ

晴れのつがる市です。

連日の真夏日で熱中症に気を付けながら農作業をしている。

水分補給はスポーツドリンクだと糖分が多いので、麦茶と塩分入りタブレットを常用。

Kimg2184_copy_540x960

昨日の記事にも書いた通り、急きょ湯あがり娘の収穫が終わってしまったこともあり作業を前倒し。今回やったのは排水効果をねらったサブソイラ掛けで、特に水分過多を嫌う枝豆には有効である。

Kimg2182_copy_540x960

まず、その前に味風香のマルチを撤去。

こんな草ボーボーだと手作業でやるとしたら凄く大変。なのでサブソイラを活用し半ば強引にはがしてみた。マルチの裾が土中から出たらしめたもの、あとは手作業で片付けていく。

結局、最後は手作業になるが、土と汗にまみれて何とかやり切った。

Kimg2183_copy_960x540

久しぶりのトラクター作業は楽しかった。

エアコンをガンガン効かせているので、この暑さもなんのそのである。

収穫作業がなくなったことで、こういった作業もゆっくりまったり出来て、さらに気分転換にもなった。

2020年8月26日 (水)

湯あがり娘の出荷終了

今朝までは「最後まで収穫してやろう」と意気込んでいたのだが・・・

お昼にJAへ湯あがり娘の出荷に行った際、そのついでに昨日までの販売代金精算書を受け取り内訳を確認して驚いた。

Kimg2180_copy_540x960

振込金額がマイナスなんて初めての事だ。

JA担当から、枝豆の出荷時期や物の状態から今回は安いかもとは言われてはいたがここまでとは。

もうやる気スイッチがオフモード。

販売単価がいつもの3分の1で箱代にもならない。

Kimg2178_copy_960x540

こんなに残っちゃって枝豆に申し訳ない。

どうしようか。

両親は知り合いに配るみたいだがこの量だし限界はある。

コンテナ40~50個分はある。

しばらく様子を見てからトラクターで鋤こうか。

以前、TVニュースか何かでレタス農家が泣く泣くトラクターで鋤いているのを見たことがある。

まさか自分の身に起こるとは思わなかった。

市場出荷だから需要と供給を考えた栽培計画を立てれたら良かったのに。

枝豆の黄変

晴れのつがる市です。

ここ最近、朝晩は肌寒くなってきたが、逆に日中はハンパなく暑い。

週末にかけて気温が上昇するらしいので、こまめに水分と塩分を摂って熱中症には気をつけたい。

Kimg2175_copy_960x540

湯あがり娘(2回目)も残すところあとわずか。

今日の午前中には終われそう。

ただ昨日あたりから枝豆の葉が黄変し始めた。ここは5月6日に播種しているが明らかに収穫遅れである。

Kimg2176_copy_960x540

莢の黄変も目立ってきた。

こうなると選別作業に時間を掛けて取り除かないといけない。

これがまた大変である。

今日の午後からは湯あがり娘(3回目)の収穫に入る。こちらは5月16日に播種しているが黄変は見られない。

JAでの湯あがり娘の荷受けは今月いっぱいがギリギリかな。

だいたい湯あがり娘の出荷ピークはお盆前後だから、いまだに出荷しているのは我が家くらいかな。

そもそも当地のメインは毛豆種で、すでにほかの農家さんは早生毛豆の青森福丸を出荷している。当然、市場での引き合いの強さは毛豆であり、湯あがり娘ではない。なんか肩身が狭い。

でも、せっかく作ったんだから出来るだけ収穫、出荷したい。

より以前の記事一覧