2021年4月 7日 (水)

思い出の詰まったビニールハウスを解体

新規就農したときに

いろいろと考えて大型のビニールハウスを建てた。

 

4月からの営農に間に合わせるために

これを10人くらいの親戚や知り合いの人たちで

丸1日の突貫工事で完成させた。

 

Ca3i02440001

2012年4月4日未明

暴風によって倒壊したこともあった。

 

新規就農して3年目。

いきなり借金スタートの年となってしまった。

農業の稼ぎも少ないのに

なんで自分ばかり

こんなにも試練を与えられるのかと

とても辛く悲しかった。

 

Kimg1905_copy_540x960_20210407055701

それでも家族の協力があって

その後は何とか持ち直すことができた。

 

Ca3i0627

小玉スイカを栽培したこともあったな。

いろいろ試行錯誤していたこの時期が一番楽しかった。

 

Kimg2193_copy_960x540_20210407055301

スチューベン葡萄もたくさん収穫した。

最後の年は長男も栽培に参加して楽しかった。

 

Kimg2194_copy_960x540_20210407055401

毎年、両親がご近所さんにお裾分けする

のが恒例行事だった立派なスチューベン葡萄。

 

Kimg2507_copy_960x540

そんな思い出の詰まったビニールハウスも

新規就農してから12年が経ち

自分の体力的なことや

親の協力が難しくなってきたこともあって

解体することを決めた。

 

寂しさもあるが

しょうがないことである。

 

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

白戸さんち - にほんブログ村

 

2021年4月 2日 (金)

育苗ハウス完成

またまた続きである。

 

育苗ハウス3棟の

ビニール掛け完了したのである。

 

間に合わせの材料と少しばかりの経費で

不格好ではあるが何とか出来たのである。

 

一緒に作業をしてくれた両親に感謝。

Kimg2494_copy_960x540

入口のドアは風対策である。

 

Kimg2490_copy_960x540

今年から大型ビニールハウスをやめたのである。

 

就農当初は施設栽培の構想とか

実際にミニトマトや小玉スイカなどの

作付けも試みたこともある。

 

昨年まではスチューベン葡萄を自家用に作っていたが、

それもお終いにした。

 

農業の大規模化が叫ばれて久しいが、

本当に日本の農業に合っているのか分からない。

スマート農業を推進しているが

それもどうなんだろうと思っている。

 

日本の将来のために

大規模で頑張っておられる農家さんには

すごく頭の下がる思いである。

 

ただ大規模を目指すことが自分には出来なかった。

作付規模が増えるようになると

農業がまったく楽しくなくなったのである。

農業機械もそれなりに大きいものが必要になるし

そのために借金しなくてはならないし。

 

今は自分に合った

無理のないちょうど良い規模を模索している

ところである。

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

白戸さんち - にほんブログ村

 

2021年3月 9日 (火)

いつでも初心に返れる

たまに過去記事を読み返す。

30代後半で脱サラしたオヤジの気持ち。

 

Kimg2411_copy_540x960

あの頃の若かった己は何を思っていたのか。

 

悩んだりしたときも、何でもないときも。

 

読み返すその時々で

まったく違った感じ方になる。

 

ただ共通するのは

いつでも初心に返れるというところ。

 

今日も初心に返ることができた。

 

 

 

オヤジ、初心に返りたがる。

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

白戸さんち - にほんブログ村

 

※12年前の記事から抜粋

 

自分が就農をするにあたっては、農地を貸してくれる人がいなかったり、

事業資金のめどが立たなかったり決して順風満帆ではありませんでした。

 

この頃には就農する気持ちは十分あるのに

何で誰も助けてくれないんだと考えるようになりました。

それで思いあまって役所の担当者にその気持ちをぶつけたり。

 

もう苦しくて、苦しくて。

 

どうしても農家の形になるものが欲しくて

農機具を買ってみたり、県外研修に行ったり、

とにかく就農するという気持ちを継続させようとしていました。

 

でも、何だかんだ言って農地取得も事業資金もOKになりました。

その時は成らなくても時が来れば解決するものなのかも知れません。

 

この経験があればこそ、今の自分がいるんだと。

 

振り返られるものがある。

 

これが自分を支え、強味にもなってくれます。

 

 

2021年3月 6日 (土)

しがらみは「柵」と書くそうだ

普段の生活でもそうだし、

農業をやっていても多少の「しがらみ」はあると感じている。

 

しがらみは漢字で「柵」と書く。

「柵」は川の流れを弱めるための杭を意味するそうだ。

 

もう1つの意味は

恋愛感情や社会生活において身を束縛するもの。

 

急流を緩めるための杭はどこかに淀みを生んでしまう。

 

社会生活では人との「つながり」は必要なのかも知れないが、

その「つながり」が「しがらみ」へと移行する。

 

この「しがらみ」が淀みであり悩みの原因になるんだと思う。

 

これまで床屋さんや保険屋さん、農機メーカーなんかそう。

どこもそうだけど、関わった皆さんは

ほとんどが良い人である。

 

だから嫌だとか言い出せなくなるのかも知れない。

 

自分は考え込むタイプなので、

ほかの人からしたら些細なことでも悩んでしまうのである。

 

ある時期に本当に嫌になって、

思い切ってほとんどの柵を断ち切ったことがあった。

 

相手にどう思われるているのだろうとか

そうゆう気持ちがあったが

 

思い切って柵を断ち切ると

 

すげー楽ちん

 

但し、

いきなり見境なく人付き合いをやめたのではない。

 

自分が悩みそうなものの取捨選択をするようにしただけで

 

決して人嫌いになった訳ではないのである。

 

Kimg2374_copy_540x960_20210306044901

我が家のトラクターはK社製であるが、

この前納品されたブロードキャスターはY社から購入している。

いろいろあってね。

 

 

オヤジ、五十にして惑わず。

 

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

白戸さんち - にほんブログ村

 

2021年3月 2日 (火)

JAに補助金の書類を出しに行く

昨日、JAに補助金の関係書類を持って行ってきた。

 

2月中に機械は納品されていたので書類を提出するだけだった。

 

あとはJAを通して補助金事務局に事業完了報告書を送って終わり。

 

Teisyutusyorui

以前の記事

経営継続補助金2次募集

今回の補助金は新型コロナ関連のモノである。

 

新型コロナの影響により経営を続けられるようにする事業である。

 

2次募集(令和2年11月19日締切)は申請のあった63,542件について、審査委員会による審査の結果、56,296件の交付対象者が選定された。

 

採択率88.6%。

 

この手の事業は農業に限らずで・・・言わずもがな。

 

賛否あるのは重々承知。

 

採択されて何だが申し訳ない。

 

国民の税金が使われていることを忘れてはいけない。

 

機械は大切に使わせていただきます。

 

そして、きちんと農業して、食糧を供給できるよう努力します。

 

 

 

オヤジの葛藤は永遠に続く。

 

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

白戸さんち - にほんブログ村

 

2020年11月 4日 (水)

経営継続補助金2次募集

昨日は家族みんなでインフルエンザの予防接種に行ってきた。

今まではきちんとした食生活と手洗い、うがいをしていれば乗り切れると思っていた。今年は新型コロナのこともあるし勤めている家族は発熱すると2週間出勤停止になるもので。

やっておけば安心である。

 

先日、地区のJAから新型コロナ関連の経営継続補助金2次募集の案内が届いた。

この手の案内がJAから来るのは珍しい。1次募集の案内は記憶にない。それには何か理由があるわけで、そもそも国では受付期間を10月19日から11月19日までとしているが、JAでは受付期間は10月30日から11月6日までとしている。急な感じが否めない。

Keizoku1_20201104035001 Keizoku2_20201104035001

すでに1次募集は審査が終了し、該当する農林漁業者は公表されている。

その公表された事業内容の見出しだけを見るととても間口が広い感じがする。これであれば1次募集を見送った農家も躍起となって申し込むに違いない。JAは申請手続きの支援機関だから農家からの問い合わせが殺到したのだろう。で、案内の発出につながったと推察する。

1次の応募者は事業内容を相当吟味したと思うし、それを1つ1つ審査をした有識者も選定が大変だっただろう。1次募集の審査が遅れたのはそこにあると思う。職務怠慢だとは思わない。ま、自分が新規就農時に利用した補助金なんか審査以前に途中で政権交代があって遅れたからね。事業期間内に申請した農業機械を購入できないとかあるかも知れないが・・・もともと応募者全員が選ばれるものでもないから。

 

締め切りまで3日。

それまでに農機メーカーに在庫と納入可能時期を確認し見積りを取らなければならない。

どうしようか考えている。

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

2020年9月 4日 (金)

湯あがり娘は酷い結果に終わる

お盆明けから始まった湯あがり娘の共選出荷が酷かった。

まったく値段が付かないまま終了。

 

A品(3kg箱)379個(+9個)

B品(2kg袋)161個(+45個)

総出荷量 1,459kg(+117kg)

収支合計 4,436円(-395,539円

kg単価 3円(-295円

※前年比

どうにもならないね。

例年の100分の1の入金伝票を見て頭がおかしくなりそうだった。

金額的に何百万、何千万ではないけれど。

せっかく作った枝豆だもの全量出荷したい気持ちはいっぱいあった。

しかし、まさかここまで酷いとは思ってもいなかった。

 

あんなにみんなで働いたのに馬鹿みたいだ。

 

傷口が小さいうちに出荷ストップなり何とか出来たはず。

でも出荷ストップ掛けた時には既に手遅れだった。

 

責任は自分にある。

 

まだ気持ちに折り合いは付いていないが、すでに次の青森福丸の出荷が始まっているし、早く諦めムードを払拭したいと思うが。

 

もうしばらく落ち込ませてくれ。

2020年7月28日 (火)

日照不足と長雨

今日は曇りの一日でした。

日中は相変わらず東風(ヤマセ)が吹いていて涼しかったね。

朝晩は寒い!!

なんか全国的に日照不足と長雨で野菜の値段が高騰しているんだとか。

ところによって日照時間は平年の50%以下とか。

こんな天候だと良いものも獲れないだろうし、生産者も消費者もアップアップだね。

Kimg2112_copy_960x540

という我が家でも米の生育の心配をしてますよ。

これから出穂期を迎えるのに週間天気予報だと雨続きで最低気温は20℃以下らしいんだよね。

それとコロナで業務用米は売れないだろうし、前年産の在庫とか米の値段も期待できないかも。

収入保険のお世話になるんだろうか。

ま、暗い話ばかりもしてられないから、やれることはやっておくけどさ。

Kimg2110_copy_960x540

で、そろそろ枝豆の収穫ということで、いろいろと投資しましたよ。

まずは運搬機。

去年までは刈り取った枝豆はネコ車で軽トラまでエッチラ運んでました。でも雨が降った後は最悪でネコ車の車輪についた泥んこで体力消耗していたわけ。

もう力任せという年でもないので自分の体を気遣ってというか、新品で買っちゃいました。

これでも一応積載重量は250kgまで。楽できそう。

Kimg2107_copy_960x540

それとバリカンの草刈り機をヤフオクで落札。

これは枝豆の刈り取りに使うつもり。

調べてもらえばわかるけど結構いい値段します。

最後に競ってしまってだいたい3分の1くらいでの落札でしたよ。

現行機でお得感アリアリ。

2020年3月15日 (日)

厚生労働省ホームページをチェックしてみる

Corona

新型コロナウイルス関連の民放テレビニュースでは、「どこで、○○人の感染者が出た、クラスター感染なのか」と、バックに不安を煽る音楽が流れたり、ウイルスを拡大した映像を流したりして、それを見ると何かゾンビが増殖でもしているような感じを覚える。

3月13日現在、感染者1,371人、退院者600人、死亡者28人、入院患者743人。

こういうのって、テレビニュースであまり見ないよね。

Nameing

2019年9月10日 (火)

風力発電

我が家から見える景色もここ数か月で様変わり。

風力発電の風車の乱立が凄いことに。

いっぱいありすぎて気持ち悪い。

地球環境に配慮しなければならないのは重々承知。

だけども残念な景色だ。

Kimg1609960x540

しかし、風車の建設で地元雇用が促進される事実がある。

それは何も言えね~

より以前の記事一覧

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

いいね!ランキング

  • 白戸さんち - にほんブログ村
  • PVアクセスランキング にほんブログ村