フォト
無料ブログはココログ

2020年9月 4日 (金)

湯あがり娘は酷い結果に終わる

お盆明けから始まった湯あがり娘の共選出荷が酷かった。

まったく値段が付かないまま終了。

 

A品(3kg箱)379個(+9個)

B品(2kg袋)161個(+45個)

総出荷量 1,459kg(+117kg)

収支合計 4,436円(-395,539円

kg単価 3円(-295円

※前年比

どうにもならないね。

例年の100分の1の入金伝票を見て頭がおかしくなりそうだった。

金額的に何百万、何千万ではないけれど。

せっかく作った枝豆だもの全量出荷したい気持ちはいっぱいあった。

しかし、まさかここまで酷いとは思ってもいなかった。

 

あんなにみんなで働いたのに馬鹿みたいだ。

 

傷口が小さいうちに出荷ストップなり何とか出来たはず。

でも出荷ストップ掛けた時には既に手遅れだった。

 

責任は自分にある。

 

まだ気持ちに折り合いは付いていないが、すでに次の青森福丸の出荷が始まっているし、早く諦めムードを払拭したいと思うが。

 

もうしばらく落ち込ませてくれ。

2020年7月28日 (火)

日照不足と長雨

今日は曇りの一日でした。

日中は相変わらず東風(ヤマセ)が吹いていて涼しかったね。

朝晩は寒い!!

なんか全国的に日照不足と長雨で野菜の値段が高騰しているんだとか。

ところによって日照時間は平年の50%以下とか。

こんな天候だと良いものも獲れないだろうし、生産者も消費者もアップアップだね。

Kimg2112_copy_960x540

という我が家でも米の生育の心配をしてますよ。

これから出穂期を迎えるのに週間天気予報だと雨続きで最低気温は20℃以下らしいんだよね。

それとコロナで業務用米は売れないだろうし、前年産の在庫とか米の値段も期待できないかも。

収入保険のお世話になるんだろうか。

ま、暗い話ばかりもしてられないから、やれることはやっておくけどさ。

Kimg2110_copy_960x540

で、そろそろ枝豆の収穫ということで、いろいろと投資しましたよ。

まずは運搬機。

去年までは刈り取った枝豆はネコ車で軽トラまでエッチラ運んでました。でも雨が降った後は最悪でネコ車の車輪についた泥んこで体力消耗していたわけ。

もう力任せという年でもないので自分の体を気遣ってというか、新品で買っちゃいました。

これでも一応積載重量は250kgまで。楽できそう。

Kimg2107_copy_960x540

それとバリカンの草刈り機をヤフオクで落札。

これは枝豆の刈り取りに使うつもり。

調べてもらえばわかるけど結構いい値段します。

最後に競ってしまってだいたい3分の1くらいでの落札でしたよ。

現行機でお得感アリアリ。

2020年3月15日 (日)

厚生労働省ホームページをチェックしてみる

Corona

新型コロナウイルス関連の民放テレビニュースでは、「どこで、○○人の感染者が出た、クラスター感染なのか」と、バックに不安を煽る音楽が流れたり、ウイルスを拡大した映像を流したりして、それを見ると何かゾンビが増殖でもしているような感じを覚える。

3月13日現在、感染者1,371人、退院者600人、死亡者28人、入院患者743人。

こういうのって、テレビニュースであまり見ないよね。

Nameing

2019年9月10日 (火)

風力発電

我が家から見える景色もここ数か月で様変わり。

風力発電の風車の乱立が凄いことに。

いっぱいありすぎて気持ち悪い。

地球環境に配慮しなければならないのは重々承知。

だけども残念な景色だ。

Kimg1609960x540

しかし、風車の建設で地元雇用が促進される事実がある。

それは何も言えね~

2019年8月14日 (水)

明らかに巨峰じゃない

昨日も天気が良く、気温は30度を超えました。

お盆に入り、一段と暑さが増してきた感じ。

 

昨日は、両親と奥さん、子供で我が家の墓参りをしてきました。

集落の墓所なので、我が家の墓の傍に祖父母の眠る本家の墓や親戚の墓があるので、すべての墓に線香をあげて手を合わせました。

 

年々、お盆という感覚が薄れてきて、特別感がないと言うか、今では墓参りしたらおしまい。

田舎にあってもお盆に訪ねて来る親戚はほとんどなくなりました。

ま、自分もいつからか親戚を訪ねることはなくなりました。

自分の場合、祖父母が皆亡くなって何となく足が遠のいた感じです。

Kimg1561540x960

我が家のスチューベン葡萄も色付いてきました。

Kimg1562540x960

今のところ我が家で一番大きいモノ。

とにかくデカイ!!

25センチはあると思います。

Kimg1564540x960

これは何でしょうか?

この葡萄は、今まで巨峰として育てられてきましたが、薄々おかしいな、変だな、とは感じていましたが、大きくなるにつれて明らかに巨峰じゃなくなりました。

そもそも父がどこからか「巨峰」として貰って来た苗木。

実を着けたのは今年初めてなので、植えてから3年目にしてこの事実が判明しました。

2019年6月27日 (木)

JA組合長解任

今日の朝刊に地区のJA組合長解任のニュースが掲載されていました。

記事を見ると、昨日の理事会で現組合長の解任動議が出され可決されたとのこと。

解任動議は「(現組合長が)理事会を軽視している」といった理由。

状況がわからないのであっさり解任されてしまった感じを受けました。

今まで理事会でいろいろあったのでしょうか。

一組合員としては、まさに青天の霹靂で、これまでJAが組合長のトップダウンで上手く機能していたと信じていたので、驚きの気持ちが大きかったです。

Kimg1470540x960 

2018年11月16日 (金)

タイヤ交換、雪道関連のニュース

来週の天気予報に雪マークがちらほら。

雪道に備えてスタッドレスタイヤに交換しました。

我が家の自家用車はタイヤが大きく重いので、ギックリ腰にならないように慎重に交換作業しました。

Kimg0895540x960_2

で、地元紙に雪道関連の記事が2件載っていました。

タイヤ交換の事故 ご用心/JAF青森呼び掛け(2018年11月16日 東奥日報)
https://www.toonippo.co.jp/articles/-/115130

本県では毎年、タイヤ交換での事故により20件ほどJAFの要請があるそうです。たまにタイヤ交換していて「もしジャッキが倒れたら・・・」とか思ったりしますが、その対策をしてやっているかといえばそうではなかったです。慣れが生じていました。反省。タイヤ交換したあとにこの記事を見て肝を冷やしました。みなさんも気をつけましょう。

チェーン義務化に青森県内運輸関係者ら戸惑い(2018年11月16日 東奥日報)
https://www.toonippo.co.jp/articles/-/115263

「道路標識、区画線および道路標示に関する命令の一部を改正する命令案」で、今年の12月上旬から施行されるそうです。個人的には良いことだと思います。

大雪の時に指定された区間でタイヤチェーン装着を義務づけるというものらしいです。これに対して運輸関係者の間では戸惑いというか反発があるようです。何か運輸関係者の考えと政府が意図するところにズレがあるようです。「雪国を知らない」という意見はどうかと思いますが。ま、チェーン巻くのは面倒だからね。

大雪で車が立ち往生しているニュースを見ると、ちょっとした勾配を上れないトラックなんかいたりして(大渋滞の原因になっている)、こういうときに「チェーンさえ巻いておけば」と思ったりします。

シートベルト装着義務のときもそうでしたが、運転者に理解を得られ浸透するまでには時間が掛かるのかも知れませんね。

※国土交通省ではパプリックコメントを募集しています。 

11月28日(水)必着 

http://www.mlit.go.jp/report/press/road01_hh_001097.html

2017年8月29日 (火)

北朝鮮ミサイル発射(備忘録)

早朝、市内の防災無線からJアラートの警報が鳴る。静かな時間帯ではあるが放送の内容が聞き取れない。

すぐにTVで確認する。5:58北朝鮮が東北、北海道に向けてミサイルを発射したことを知る。Jアラートの画面、アナウンサーがひたすら内容を読み上げる。緊張感が走る。子供達を起こし着替えさせる。何かしようとするが何もできない。着替え、貴重品だけショルダーバッグに詰め込む。

NHKで秋田県、北海道、防衛省敷地内に配置のパック3の映像をみる。もしもの時のことをいろいろ考える。家族のこと、田んぼのこと。

間もなくして、6:12北海道襟裳岬の東方1180km太平洋上に着弾したことをニュース速報で知る。気持ちはほっとするが北朝鮮への怒りがこみあげた。

各局北朝鮮ミサイル発射のニュース。安倍首相の会見「国民のために万全を期す」。菅官房長官の会見「北朝鮮に抗議した」。8度の国連制裁、圧力の強化も効き目無し。平和的制裁は限界なのか。

朝食を摂る。子供は学校へ。日常生活に戻る。これからどうなるのか不安。

Diwhbcduqaa43kw

2016年3月20日 (日)

肥料偽装問題の補償金支払い

以前、秋田県の太平物産の肥料偽装問題をブログで取り上げましたが、今月末にJAと全農で同社生産の肥料を購入した農家に補償金が支払われることになりました。

補償内容は購入した肥料偽装分の原料価格差だそうです。 対象期間は平成23年4月1日から平成27年12月31日までの購入分。 自分は「水稲おまかせ一発」246袋について対象となりました。

現在、同社は裁判所に民事再生法の適用を申請中とのこと。 今回の補償は割と早い段階で決定したと思います。

農家はJAが売っているものをそのまま疑いなく購入するしかないので、所管の農水省、全農、JAにしっかりとしてもらいたいと思います。

以前の記事:太平物産の肥料偽装問題(2015年11月10日)

http://shiroken6818.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-4952.html

2015年11月10日 (火)

太平物産の肥料偽装問題

秋田県の肥料メーカー太平物産が10年以上前から肥料の成分を偽装していたそうです。

有機肥料偽装 10年以上前から偽装か(NHK 11/10)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151109/k10010299111000.html

この件について、自分のところでも同社製造の「水稲おまかせ一発」を使用しており、以前ブログでも記事にしたことがありました。それで、ブログ記事を見た方からメールが来て初めて知るところとなりました。後にブログ来訪者の検索ワードで「水稲おまかせ一発」のその多さに驚いてしまいました。

この偽装問題では、製造された肥料について大きく分けて二つの問題点があると思います。

一つは肥料成分のうちチッソ、リン、カリなどの主成分の割合を偽装している点。もう一つはその肥料成分の中でも「有機」と言われる類のものが偽装された点です。

自分のところは有機栽培ではないので、ほかの肥料主成分の偽装により何らかの被害者になっているのだろうと思います。

ただ今年の稲の生育を見てもはっきりとした肥料不足等による遅れはなかったので気づかなかったのが本当のところです。

だからと言って太平物産が10年以上前から偽装していることは許されることではありません。肥料1袋に決まった分量の成分が入っていてそれに対して農家が適正にお金を払っているのだから詐欺行為です。また、太平物産の肥料を信用して使っている農家が、特に有機栽培農家の裏切られた感は相当大きいと思います。

それからネットでいろいろ調べてみると“偽装されたモノ(肥料)はこれだ!!”とか言って「水稲おまかせ一発」の写真まで載せているものもありました。その部分だけを切り取って載せているのもどうかと思いますが。

さっきも言ったとおり、自分のところは有機栽培ではなく、JAでも品質に問題はないという見解ですが、「水稲おまかせ一発」の写真を記事と一緒に載せられ、それを使って栽培した米までダメだというイメージを消費者が持たなければ良いと願っています。

今は風評被害が一番怖いです。

より以前の記事一覧