フォト
無料ブログはココログ

2020年9月 6日 (日)

田んぼとスチューベン葡萄の様子

晴れのつがる市です。

今朝は枝豆の最後の防除と青森福丸(2回目)の収穫作業をした。

暑くても晴れているだけで作業は捗るってもんです。

 

久しぶりに登場の田んぼ。

今年の稲刈り適期は高温続きで平年に比べて早まるそうだ。

こちらでは移植日が5月15日で稲刈り始めは9月15日らしい。

もう10日を切ってるじゃん。

最後の枝豆(在来毛豆)の収穫時期とかぶりそうだ。

Kimg2197_copy_960x540

午前7時ころ撮影。岩木山もくっきり映えている。

この前の大雨で近所では倒伏している田んぼも散見されたが、我が家の田んぼは大丈夫だった。

Kimg2193_copy_960x540

こちらも久しぶりに登場のスチューベン葡萄。

Kimg2194_copy_960x540

今年は気温が高いためなのか色付きはイマイチ。

特に西側の高いところは着色していない。

これから気温が下がったとしてちゃんと色付くのか心配だ。

Kimg2195_copy_540x960

一番大きい房は推定500~600グラム。

長男が仕立てた中の一つだが、よくぞここまで大きくなったもんだ。

この房を見て長男曰く「(ハタハタの)ブリコみたい。」とのこと。

そう言われるとこの粒の集合体がなんか気持ち悪く感じる。

2020年8月12日 (水)

スチューベン葡萄の色付き

我が家の自家用スチューベン葡萄が色付いてきた。

良い感じ。

現在は特に手を掛けることもない。

只今、絶賛見守り中!!

Kimg2145_copy_540x960

2020年7月28日 (火)

日照不足と長雨

今日は曇りの一日でした。

日中は相変わらず東風(ヤマセ)が吹いていて涼しかったね。

朝晩は寒い!!

なんか全国的に日照不足と長雨で野菜の値段が高騰しているんだとか。

ところによって日照時間は平年の50%以下とか。

こんな天候だと良いものも獲れないだろうし、生産者も消費者もアップアップだね。

Kimg2112_copy_960x540

という我が家でも米の生育の心配をしてますよ。

これから出穂期を迎えるのに週間天気予報だと雨続きで最低気温は20℃以下らしいんだよね。

それとコロナで業務用米は売れないだろうし、前年産の在庫とか米の値段も期待できないかも。

収入保険のお世話になるんだろうか。

ま、暗い話ばかりもしてられないから、やれることはやっておくけどさ。

Kimg2110_copy_960x540

で、そろそろ枝豆の収穫ということで、いろいろと投資しましたよ。

まずは運搬機。

去年までは刈り取った枝豆はネコ車で軽トラまでエッチラ運んでました。でも雨が降った後は最悪でネコ車の車輪についた泥んこで体力消耗していたわけ。

もう力任せという年でもないので自分の体を気遣ってというか、新品で買っちゃいました。

これでも一応積載重量は250kgまで。楽できそう。

Kimg2107_copy_960x540

それとバリカンの草刈り機をヤフオクで落札。

これは枝豆の刈り取りに使うつもり。

調べてもらえばわかるけど結構いい値段します。

最後に競ってしまってだいたい3分の1くらいでの落札でしたよ。

現行機でお得感アリアリ。

スチューベン葡萄の色付き

今のスチューベン葡萄。

果粒の間が埋まっちゃいました。

大きいものは全長20センチ超。おっきい!!

Kimg2114_copy_960x540

ちょっとずつ色付いてきたね。

Kimg2115_copy_540x960

2020年7月23日 (木)

スチューベン葡萄の葉面散布

スチューベン葡萄にリン酸の単肥を葉面散布をした。

リン酸は「酸」というだけあって他のものとの混合は効果が下がるみたい。

一般的に根より葉からの吸収が良く、着果後の葉面散布で食味向上や色付きを良くする効果が期待できるそう。

自家用のスチューベン葡萄だけど手間を掛けてやっている。

単なる自己満足。

Kimg2098_copy_540x960_20200723121501

2020年7月 6日 (月)

スチューベン葡萄の支柱線切れ

昨日のスチューベン葡萄の様子。

日に日に葉っぱが大きく展開してモサモサしています。

Kimg2036_copy_960x540_20200706113801

養分をいっぱい作ってくれそう。

植物的には良いと思うんだけど。たぶん。

Kimg2038_copy_960x540_20200706113801

果粒の隙間が無くなって来ました。

大粒系と違って摘粒しなくてもこのまま行けます。

Kimg2040_copy_960x540_20200706113801

サニールージュも大きくなってきました。

ただ葉っぱが小さく全体的に勢いが感じられない。

全体的に果粒の付き具合が悪く歯っ欠け状態。

どうなるんだろう。

Kimg2041_copy_960x540

スチューベン葡萄の支柱間に張っている番線が切れました。

有りものの材料で適当に作っているのでしょうがない。

2020年6月30日 (火)

枝豆の開花始まる

今日は薄曇りで夕方から雨が降りました。

ここ一週間は雨が降ったり止んだりの天気が続いています。

ま、梅雨らしい天気ではありますが。

この雨で農作業は休みなので圃場巡回しました。

Kimg2032_copy_960x540

ここの田んぼは試験的に薄植えをしたところ。

密苗もどきなので欠株が目立ちます。

手前は泥カンナで苗が消失。

分げつは進んでいますが他の田んぼよりは淋しい感じ。

中干しを少し遅らせようかな。

Kimg1924_copy_960x540

ちなみに田植え直後はこんな感じでした。

密苗もどきなので1~3本植えが多かった。

10アールあたり苗箱13枚使用(つかみ中程度、送り26回、60株)。

この時は薄っすらと苗が見える程度。

Kimg2031_copy_960x540

スチューベン葡萄の様子。

雨で土壌水分量が多くなったためなのか、一気に果粒が膨らみました。

Kimg2027_copy_960x540

枝豆の様子。

こちらも雨で一気に勢いが出ました。

雨続きによる雑草の心配も先週の除草が効いていて大丈夫そう。

Kimg2028_copy_540x960

枝豆は6月1日播種の味風香と6月2日播種の湯あがり娘(1回目)の開花が始まりました。

今週末に着莢促進のためリン単肥の葉面散布をします。

2020年6月23日 (火)

味風香の手除草、スチューベン葡萄の様子

昨日は晴れの一日でした。

最高気温28℃、屋外の作業も熱中症に気を付けながらやらないとね。

で、先週から引き続き味風香の手除草をしています。

Kimg2006_copy_540x960

マルチの穴と脇は細かい雑草が多く念入りにやりました。

作業時間はすごく掛かります。

今週中頃から雨の予報、なんとか今日の午前中には終わらせたい。

Kimg2010_copy_960x540

スチューベン葡萄は果粒が大きくなってきました。

先週末に防除を済ませたのであとは収穫まで見守り体制。

Kimg2009_copy_540x960

整枝、摘房から18日経過。

房が大きく良い感じ。

Kimg2008_copy_540x960

一方、サニールージュは生長が遅いです。

去年もこんな感じだったかも。

Kimg1598540x960_20200623052801

去年の最終形。

今年は房も大きいのでもっと立派になると期待しています。

2020年6月12日 (金)

田んぼの様子など

今日は天気の良い一日でした。

雨が欲しいという願いが通じ、昨日の午前中は土砂降りの雨でした。

ちょっと降りすぎなくらい。

この雨で田んぼの泥カンナも解消されました。

Kimg1982_copy_960x540

田植えから28日経過、まっしぐらは順調に生育しています。

Kimg1983_copy_960x540

1回目の草刈りは父が終わらせていました。

いつもありがとう。

なので自分は特にやることがありません。

ということで、今日は長男とスチューベン葡萄の剪定枝や摘房果を片付けました。

Kimg1979_copy_540x960

午前中だというのに本当にビニールハウスの中は暑いね~

剪定した枝や摘房果は一週間ほったらかしにしたので乾燥して作業がしやすかった。

Kimg1980_copy_540x960

結構大振りなスチューベン葡萄。

良い具合に果実が膨らんできました。

Kimg1981_copy_540x960

サニールージュはちょっと大人しい感じ。

2020年6月 5日 (金)

スチューベン葡萄の整枝・摘房

今日も天気の良い一日でした。

自家用のスチューベン葡萄の整枝と摘房をしました。

Kimg1971_copy_960x540

長男は葡萄作業が初めてなのでひたすら整枝作業。

自分は整枝しながら摘房作業を進めました。

今年も200~250房で調整。

Kimg1969_copy_960x540

サニールージュも整枝・摘房しました。

去年よりも樹勢があります。

Kimg1970_copy_540x960

今年は約50房のうち27房で調整。

去年は3房しか収穫できなかったので期待大。

今から出来秋が楽しみ~

より以前の記事一覧