フォト
無料ブログはココログ

2020年9月29日 (火)

稲刈り2020始動

9月27日から稲刈りを始めた。

今年は刈り取りから搬送までひとりぼっちでやっている。

それは枝豆と収穫時期が被ってしまったから。枝豆はちょうど十五夜商戦に向けて需要が高まる時期だし。長男は仕事で来られないし。

なので、枝豆は両親に任せ自分は稲刈りに専念することにした。

Kimg2245_copy_960x540

幸いなことに今週は晴れの天気が続くようである。

一人で気楽に気長にやろう。

2020年9月18日 (金)

コンバインの刈刃交換

今年の稲刈りのためにコンバインR1-261の刈刃を新調した。

ネットで他県の農機具店から購入。古いコンバインでも探せばあるもんだね。

昨年は稲刈り中に刈刃の故障があって部品取りのコンバインR1-241から移植した。

コンバインの刈刃交換(2019年10月1日)

ただ、あまり状態が良くなく切れ味が悪かった。

やはり切れ味が悪いと刈り取りスピードを上げられなかったりの不具合は出てくるから。

Kimg2225_copy_960x540

古い刈刃の状態。

元々交換するつもりでいたので整備しておらず錆が上がっている。

Kimg2227_copy_960x540

古い刈刃の取り外しはコンバイン刈り取り部両サイドの固定ボルト(各2個)を外すだけ。

これで簡単に取れる。

Kimg2229_copy_960x540

で、新しい刈刃の装着はその固定ボルトで止めるだけ。青色のところが刈刃の固定部分。

Kimg2228_copy_960x540

刈刃交換の所要時間は約10分。

刈刃は触っただけでスパッと切れるので、皮手袋をして防護することをオススメする。

Kimg2223_copy_960x540

エンジンオイル&エレメントも交換して稲刈りに向けて準備万端。

2020年9月14日 (月)

田んぼの一部で倒伏

晴れのつがる市です。

ここ数日は気温が25℃を下回り、長袖でないと寒いくらい。この前までの暑さはなんだったんだろう。体調には気を付けたい。

 

そろそろ刈り取りを迎える田んぼ。

積算温度を見ると、9月15日から9月25日までが適期らしいが。

って、明日からじゃん。

しかし、田んぼに入ってみたがまだまだ早い感じ。予想では9月25日過ぎからかな。

ま、ほかの農家さんが刈り出せば一気にみんなが刈り始めるんだろうけど。

それは毎年のこと。焦らず行こう。

Kimg2201_copy_960x540

今朝の大雨で一部倒伏した田んぼ。

今年は特に基肥を多くした訳ではないが、ここの田んぼは春先に白砂を入れた水口側に倒伏が見られた。

稲刈りには影響がない程度。

Kimg2202_copy_960x540

こちらは同じ田んぼの北側。幅1.5メートル、奥行き100メートルで倒伏していた。

Kimg2203_copy_960x540

その田んぼの1枚挟んで南隣の田んぼは南側が幅2メートル、奥行100メートルで倒伏していた。

どちらも隣接する農家さんの田んぼから基肥が被さったためと思われる。あくまでも推定だが。

ま、大勢に影響はないので、やや多肥になった分、収量が上がれば良いなとポジティブに考えている。

2020年9月 6日 (日)

田んぼとスチューベン葡萄の様子

晴れのつがる市です。

今朝は枝豆の最後の防除と青森福丸(2回目)の収穫作業をした。

暑くても晴れているだけで作業は捗るってもんです。

 

久しぶりに登場の田んぼ。

今年の稲刈り適期は高温続きで平年に比べて早まるそうだ。

こちらでは移植日が5月15日で稲刈り始めは9月15日らしい。

もう10日を切ってるじゃん。

最後の枝豆(在来毛豆)の収穫時期とかぶりそうだ。

Kimg2197_copy_960x540

午前7時ころ撮影。岩木山もくっきり映えている。

この前の大雨で近所では倒伏している田んぼも散見されたが、我が家の田んぼは大丈夫だった。

Kimg2193_copy_960x540

こちらも久しぶりに登場のスチューベン葡萄。

Kimg2194_copy_960x540

今年は気温が高いためなのか色付きはイマイチ。

特に西側の高いところは着色していない。

これから気温が下がったとしてちゃんと色付くのか心配だ。

Kimg2195_copy_540x960

一番大きい房は推定500~600グラム。

長男が仕立てた中の一つだが、よくぞここまで大きくなったもんだ。

この房を見て長男曰く「(ハタハタの)ブリコみたい。」とのこと。

そう言われるとこの粒の集合体がなんか気持ち悪く感じる。

2020年8月 5日 (水)

田んぼの防除

曇りのつがる市です。

今朝は穂揃期に入った田んぼの防除をした。

防除は晴れまたは曇りで無風か弱風が良いとされているが、週末天気予報では毎日雨マークが付いていて、ホント防除のタイミングが難しい。

Kimg2136_copy_540x960

防除風景。

今年も合羽上下に動力散布機を背負っての作業。

厚手の防除マスクは息苦しいが、農薬を吸い込みたくないので仕方がない。

汗をカキカキ約2時間の作業はすごく良い運動になった。

2020年8月 1日 (土)

走り穂が出た

7月31日、我が家の真裏の田んぼで走り穂を確認。

今年もちゃんと出てくれたね。

うれしい。

Kimg2130_copy_960x540

ここは5月15日に田植えをしたところ。

出穂は平年並みといったところかな。

Kimg2129_copy_540x960

2020年7月28日 (火)

日照不足と長雨

今日は曇りの一日でした。

日中は相変わらず東風(ヤマセ)が吹いていて涼しかったね。

朝晩は寒い!!

なんか全国的に日照不足と長雨で野菜の値段が高騰しているんだとか。

ところによって日照時間は平年の50%以下とか。

こんな天候だと良いものも獲れないだろうし、生産者も消費者もアップアップだね。

Kimg2112_copy_960x540

という我が家でも米の生育の心配をしてますよ。

これから出穂期を迎えるのに週間天気予報だと雨続きで最低気温は20℃以下らしいんだよね。

それとコロナで業務用米は売れないだろうし、前年産の在庫とか米の値段も期待できないかも。

収入保険のお世話になるんだろうか。

ま、暗い話ばかりもしてられないから、やれることはやっておくけどさ。

Kimg2110_copy_960x540

で、そろそろ枝豆の収穫ということで、いろいろと投資しましたよ。

まずは運搬機。

去年までは刈り取った枝豆はネコ車で軽トラまでエッチラ運んでました。でも雨が降った後は最悪でネコ車の車輪についた泥んこで体力消耗していたわけ。

もう力任せという年でもないので自分の体を気遣ってというか、新品で買っちゃいました。

これでも一応積載重量は250kgまで。楽できそう。

Kimg2107_copy_960x540

それとバリカンの草刈り機をヤフオクで落札。

これは枝豆の刈り取りに使うつもり。

調べてもらえばわかるけど結構いい値段します。

最後に競ってしまってだいたい3分の1くらいでの落札でしたよ。

現行機でお得感アリアリ。

2020年7月16日 (木)

田んぼの草取り

今日は薄曇りの天気でした。

ずっと東風(ヤマセ)が吹いていて畑も田んぼも乾きません。

なので今日は田んぼの巡回のみ。

まずは田んぼの様子。

Kimg2080_copy_960x540

我が家で一番薄植えの田んぼ。

ほかの田んぼと遜色ありませんね。

Kimg2079_copy_960x540

その向かい側の田んぼ。

もう少し丈が欲しいところ。

Kimg2082_copy_960x540

家から離れたところの田んぼ。

全体的に丈が揃っていて良い感じ。

Kimg2081_copy_960x540

田んぼを巡回しながら草取りをしました。

去年はオモダカが多くバサグランを使いましたが、今年はほとんど見当たりません。

あっても用水路の水口あたりにパヤッとあるくらい。

今年は水田除草剤が上手く効きました。

2020年7月10日 (金)

田んぼが乾かない

中干しを始めてから10日経過。

密苗もどきでも茎数はしっかりとれています。

Kimg2054_copy_960x540

雨続きで田んぼが乾きません。

来週も天気予報は傘マークびっしり。

2020年7月 5日 (日)

田んぼの中干し

7月1日から田んぼの中干しを始めました。

梅雨入りしてからずっと雨続きなので田んぼは乾きませんね。

Kimg2034_copy_960x540

ここは密苗もどきで10アールあたり苗箱18枚使用(つかみやや多い、60株)。

辛うじて条間が見えます。

茎数も取れているので良い感じ。

Kimg2035_copy_960x540

薄植えの田んぼは茎数が取れたので今日から中干し。

ほかの田んぼより4日遅れ。

Kimg2032_copy_960x540_20200705104701

6月30日はこんな感じでした。

より以前の記事一覧