フォト
無料ブログはココログ

2020年5月 5日 (火)

ヒロシ&ジェイク⑳ こどもの日ケーキ

1588655465258_copy_240x427

お洒落なケーキ屋さんで買ったこどもの日限定の鯉のぼりケーキ。

かわいい~♪

ジェイクにはあげませんwww

2020年1月 3日 (金)

三日とろろ

今年も無病息災を祈念して三日とろろを頂きました。

Kimg1752540x960

2019年10月15日 (火)

枝豆を冷凍保存

稲刈りが終わって、すでに農閑期モードに入っています。

平日はアルバイトに勤しみ休日は近場の産直や道の駅めぐり。

週末は道の駅でいろんなイベントがあるので楽しいです。

Kimg1695540x960

今の時期、産直ではいろんなリンゴが並んでいます。

トキ、早生ふじ、紅玉、ジョナゴールドなど。

その中でオススメしたいのはシナノスイートです。

ほどよい甘みと酸味があってちょっと若い感じが良いです。

地元の産直だと立派なリンゴが4個で250円。

産地なのでそれが普通の価格になっています。

Kimg1696540x960

在来毛豆は茹でてむき身にしたものを冷凍保存。

小分け使いできるように保存袋に薄く伸ばして詰めました。

2019年10月 7日 (月)

特A米「青天の霹靂」の新米を食べる

登場して五年目を迎えた青森県産特A米「青天の霹靂」です。

パッケージは5th特別仕様。

Kimg1694540x960

早速、炊き立てを食べました。

おいしい~~~☆

もちもち食感が堪りません。

是非、全国の皆さんに食べていただきたいです。

最後は宣伝っぽくなってしまいましたwww

2019年9月13日 (金)

十五夜のおはぎ

9月13日は十五夜です。

天気が良くて立派な月を拝めました。

Kimg1626960x540

十五夜には母の作ったおはぎをお供えします。

毎年恒例です。

餡子は我が家の畑で採れた小豆を炊いたもの。

甘さ控えめの素朴な味です。

Kimg1624540x960

大人になっておはぎや羊羹など和菓子を好むようになりました。

いくらでも食べられそう。

2019年7月23日 (火)

美味しいパンケーキの店

子供たちも夏休みに入りました。

夜勤バイト明けでリビングで横になっていたところへ

パンケーキ食べたい♪ ×3

という、子供たちのリクエストで、地元にあるパンケーキ店に行ってきました。

Kimg1536540x960

食べたのは、お店定番のふくふくパンケーキ。

地元養鶏場の福々たまごを使っています。

小麦粉も地元産だとか。

ふんわりしていてめっちゃ美味い。

結構なボリュームがあるので、お昼ご飯にでもちょうどいいかも。

子供たちは、もっと食べられると言ってましたwww

 

カフェ202 弘前店

https://www.space202.com/locations/cafe202sakuranohirosaki

弘前市城東北3丁目10-1 さくら野百貨店弘前店 1F
電話:0172-26-5131
営業時間:11:00〜20:00

2019年7月13日 (土)

ほかの農家さんの米を食べる

ちょっとした計算違いで自家消費米が底をついてしまいました。

毎年、米の収穫前にJAカントリーから注文票が来ますが、去年は長男が独立して生活を始めたことや家族の高齢化などを考えて少なめに注文したのがその理由。

本当に米農家として恥ずかしい (>_<)

それでも稲刈りまでの2ヵ月間を凌げば何とかなりそうなので、この機会に他の農家さんのこだわりの美味しい米を食べようと思いました。

とは言っても、ネットで購入する他県のブランド米だと美味しいけれど何か違う感じがしたので、今回は県内の農家さん限定、それも単一農家さんのお米に限定することにしました。

そこで、県内でも良食味の米を生産している中南黒地区を探してみました。本当は我が家と同じ地区にしたいところですが、正直な話、食味に関しては中南黒地区には敵わないと思っています。(研修先の親方も中南黒地区)

それで、まず、中南黒地区の集落を徘徊して探してみることに。何カ所か米直売の看板が立っていましたが、看板からはこだわりの美味しい米を販売しているのか判然としませんでした。この地区で看板を出しているということはたぶん美味しい米を作っている農家さんだと思いますが、ちょっと訪ねる勇気がありませんでした。

次に、中南黒地区の道の駅にある直売所に行ってみることにしました。

直売所では地元の農家さんたちが作った野菜やリンゴジュース、漬け物などの加工品がたくさん売られ、米も数種類あって、各々の農家さんがポップでいろいろアピールしていました。

Kimg1504960x540

その中から選んだのは、自然栽培米でもなく、有機無(減)農薬米でもなく、アピールポイントは自然乾燥のみのつがるロマンです。

袋をよく見ると、自然乾燥「う」米になっていました。う米=美味いに掛けているので、自分と同じ中年の農家さんなのかなwww

選んだ理由は、いろいろゴチャゴチャとアピールせずシンプルなところ。

それにしても、農家直売の白米10kgが3,500円(税込)とは安すぎですね。

 

で、買ってきた自然乾燥「う」米を普通の炊飯器で炊いて普通に食べてみました。

食べてすぐ分かるくらいシンプルに美味しかったです。

口に入れた瞬間の風味も程良い粘り気もちょうど良い感じ。

これで慣行栽培だったらスゴイです。

ほんと美味しかったな~

今さらですが、自分もこういう美味しい米作りをしたいと思いました。

【追記 7/14】

今回購入した自然乾燥「う」米(つがるロマン)の農家さんは、平成30年度あおもりの旨い米大会つがるロマンの部でグランプリを受賞されているスゴイ方でした。

そのことを知らないで食べて素直に美味しかったということは、本当に美味しい米作りをしているんだと思いました。

この大会では研修先の親方も特A米青天の霹靂の部で準グランプリを受賞されました。

中南黒地区のレベルは高いです。

2019年2月 7日 (木)

高徳(こうとく)リンゴ

今冬、我が家ではまっているリンゴがあります。

直売所やスーパーでは見かけないリンゴですが、近所のスーパーの農家産直コーナーで“運良く”見つけ即買いしました。

Kimg0986540x960

そのリンゴの名は高徳(こうとく)と言います。あまり馴染みのないリンゴだと思いますが、巷では密かに人気のあるリンゴなのです。知る人ぞ知る、って感じ。

30年前には本県でも多くの農家さんが栽培していたそうですが、果実があまりに小振りなのと色乗りの悪さで市場で敬遠されるなど憂き目にあった可哀想なリンゴなんです。

Kimg0987540x960

このリンゴの人気の秘密はなんといっても果肉の蜜入りのスゴさです。また果実は固く、シャリシャリとした食感、パイナップルを思わせるようなフルーティな味わいがあるのも特徴です。

ネット販売だと贈答用10個前後入りで3~4,000円もする高価なリンゴです。近所のスーパーでは家庭用ですが2個入り120円で売っていました。これはこれでお得です。

本当に美味しい良いリンゴです。

2018年9月25日 (火)

甘味

Kimg0796540x960

本日発売。ローソンのリラックまん。チョコが入っています。

耳を食べて目と鼻と口も食べると・・・タダのチョコまんwww

甘味を摂って農作業ガンバルぞ

2017年1月 3日 (火)

三日とろろ、けの汁

今年も三日とろろで無病息災を祈念。

郷土料理「けの汁」を添えて。

Ca3i0757