フォト
無料ブログはココログ

« 稲刈り無事に終了 | トップページ | 枝豆の収穫終了、後片付け »

2020年10月 2日 (金)

サブソイラ(弾丸)引き、秋打ち

晴れのつがる市です。

昨日、今日で周りでは稲刈りが相当進み景色も様変わりした。

残すは大規模農家といったところか。

Kimg2258_copy_960x540

昨日は稲刈りが終わってから来年の米作のためサブソイラ(弾丸)を引いた。

目に見えての効果は分からないが、土中に空気を含ませて微生物の活動を促したり、生育期の水持ちを良くしたり、稲刈り時の水はけを良くしたり、高温による乳白米を減らしたり、様々な効果を狙ってやっている。

自分に出来ることをやってみよう精神で。

Kimg2259_copy_540x960

今年は土壌の乾きが今一つ。サブソイラを引くトラクターのホイールが空回りする場面も。

深さは45~50センチくらい。付属する弾丸で簡易暗渠が引かれている。

Kimg2260_copy_960x540

今日は引き続きサブソイラ引きと秋打ちをした。

こちらも水分が多いためロータリーに負荷が掛かり作業速度を上げられなかった。

Kimg2263_copy_960x540

遠くの方で藁焼きの煙が濛々と上がっていた。

稲刈り後の藁は田んぼに鋤き込むよう県から指導され近所でも定着しつつある。藁焼きが県条例で禁止されたことも大きい。ただ県条例には罰則がないため取り締まる側も消極的な感じがするし、米農家も罰則がないのを知ってか知らずか堂々とやっているところも散見される。

藁を鋤き込むことで田植えが上手く行かないとかガスが湧き生育に悪影響があるとかの意見もある。確かにそういう影響も少なからずあるのかも知れないが市民には関係のないことで到底納得はしない。ただの農家の身勝手にしか映らない。

« 稲刈り無事に終了 | トップページ | 枝豆の収穫終了、後片付け »

水稲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 稲刈り無事に終了 | トップページ | 枝豆の収穫終了、後片付け »