« 規格外の枝豆を冬場の保存食に | トップページ | コンバインの刈刃交換 »

2020年9月15日 (火)

20年産米6年ぶり下げ 霹靂は据え置き/目安額

全農県本部は15日、青森市の県農協会館で非公開の県下組合長会議を開き、2020年産米を集荷した際に各農協が農家に仮払いする「生産者概算金」の参考となる目安額を示した。農協関係者らによると、「つがるロマン」(60キロ、JA1等米)は1万1600円、「まっしぐら」は1万1400円で、いずれも19年産の目安額より800円下げた。引き下げは14年産以来6年ぶり。「青天の霹靂(へきれき)」は19年産と同じ1万5600円だった。

(web東奥 2020年9月15日)

コロナ渦で全国的に概算金が引き下げられたが、ご多分に漏れず青森県産米も「青天の霹靂」を除いた2品種が800円下がった。我が家で作っている「まっしぐら」は業務用としての需要が大きかったので、今年のようなコロナ渦だと外食産業の低迷である程度の下げは予想していたことだが・・・。800円は痛いな。

追記

2019年の当JAの概算金は「まっしぐら」で他JAより300円高かったが、2020年の概算金はそのまま他JAに右ならえのため前年比1,100円安となった。組合長から2019年産米の追加払いの明言はない。コロナ渦とは言え大変な事態に陥ったものだと痛感。

今年は米といい枝豆といい、収入面で散々な年になりそう。収入保険発動は必至だ。

« 規格外の枝豆を冬場の保存食に | トップページ | コンバインの刈刃交換 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 規格外の枝豆を冬場の保存食に | トップページ | コンバインの刈刃交換 »