フォト
無料ブログはココログ

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月31日 (金)

枝豆もぎの準備

晴れのつがる市でした。

今日は屋外作業で汗が出るくらい、ホント久しぶりの感覚。

梅雨入り後、初めて夏を感じたよ。

で、明日から枝豆もぎをするべく、もぎとりラインのセットをやりましたよ。

Kimg2124_copy_960x540

これまで各種機械の振動音が我が家の懸案事項。これを解消するためパレットに全部乗せ&ガチ固定してみた。

これだけで今までの半分以下の振動音に抑えることが出来た。分かりやすく言うとラジオ音が普通に聞こえるくらい。これで伝わるかな?

Kimg2125_copy_540x960

それから、ちょっと工作してみた。

もぎ取り機から出る枝や葉っぱの飛散防止ネット。

これまではもぎ取り機から出っ放し。逆風になればもぎ手の作業員は葉っぱまみれ。これが結構辛いものがある。

なので重い腰を上げてホームセンターで材料を買ってきて作ってみた。

我ながら上出来。

Kimg2122_copy_960x540

あと細かいところだが、もぎ取り機の抜き刃の入れ替えをしてみた。

自分は右利きなので右の列の減りが顕著だね。

Kimg2123_copy_960x540

これで準備万端。

明日から怒涛の枝豆もぎだ。

頑張るぞ!!

 

2020年7月29日 (水)

朝採れの味風香

晴れのつがる市です。

朝方、寒くて目が覚めた。タオルケット1枚だと足りないくらい。

それでも今日は夏日になるみたいで何か気持ち的に安心する。

お日様の力で農作物も元気に育って欲しい。

 

で、今朝は枝豆にリン酸を葉面散布。

朝露が降りてて合羽ズボン履いてたけどビショビショ。

散布中に湯あがり娘(3回目)まで着莢を確認。

作業後、そろそろ収穫を迎える味風香を試しに収穫してみた。

Kimg2117_copy_540x960

畝の手前と中ほどの5株を収穫。

見た感じ、莢の付き具合、膨らみ具合も良い感じ。

もいでみないと分からないけど。

葉っぱにコガネムシの食害が少し認められた。

Kimg2120_copy_540x960

味風香は茶豆系で莢は中程度、鮮やかな黄緑色で白毛が特徴。

ほかの品種よりも莢付きが良くて二つ豆以上が多い。

Kimg2118_copy_540x960

でも、莢もぎしてみると全体的にあともう一歩かな。

株ごとの個体差があるので膨らんでいるのは平均して7割程度。

2~3日間で収穫する予定だから平均9割くらいまで膨らむのを待とう。

あと4~5日後かな。

2020年7月28日 (火)

日照不足と長雨

今日は曇りの一日でした。

日中は相変わらず東風(ヤマセ)が吹いていて涼しかったね。

朝晩は寒い!!

なんか全国的に日照不足と長雨で野菜の値段が高騰しているんだとか。

ところによって日照時間は平年の50%以下とか。

こんな天候だと良いものも獲れないだろうし、生産者も消費者もアップアップだね。

Kimg2112_copy_960x540

という我が家でも米の生育の心配をしてますよ。

これから出穂期を迎えるのに週間天気予報だと雨続きで最低気温は20℃以下らしいんだよね。

それとコロナで業務用米は売れないだろうし、前年産の在庫とか米の値段も期待できないかも。

収入保険のお世話になるんだろうか。

ま、暗い話ばかりもしてられないから、やれることはやっておくけどさ。

Kimg2110_copy_960x540

で、そろそろ枝豆の収穫ということで、いろいろと投資しましたよ。

まずは運搬機。

去年までは刈り取った枝豆はネコ車で軽トラまでエッチラ運んでました。でも雨が降った後は最悪でネコ車の車輪についた泥んこで体力消耗していたわけ。

もう力任せという年でもないので自分の体を気遣ってというか、新品で買っちゃいました。

これでも一応積載重量は250kgまで。楽できそう。

Kimg2107_copy_960x540

それとバリカンの草刈り機をヤフオクで落札。

これは枝豆の刈り取りに使うつもり。

調べてもらえばわかるけど結構いい値段します。

最後に競ってしまってだいたい3分の1くらいでの落札でしたよ。

現行機でお得感アリアリ。

スチューベン葡萄の色付き

今のスチューベン葡萄。

果粒の間が埋まっちゃいました。

大きいものは全長20センチ超。おっきい!!

Kimg2114_copy_960x540

ちょっとずつ色付いてきたね。

Kimg2115_copy_540x960

2020年7月23日 (木)

味風香の莢が膨らんできました

味風香の莢が膨らんできました。

7月7日に着莢を確認してから2週間。

あっという間。

今月末から収穫できそうな感じ。

Kimg2101_copy_540x960

スチューベン葡萄の葉面散布

スチューベン葡萄にリン酸の単肥を葉面散布をした。

リン酸は「酸」というだけあって他のものとの混合は効果が下がるみたい。

一般的に根より葉からの吸収が良く、着果後の葉面散布で食味向上や色付きを良くする効果が期待できるそう。

自家用のスチューベン葡萄だけど手間を掛けてやっている。

単なる自己満足。

Kimg2098_copy_540x960_20200723121501

2020年7月22日 (水)

枝豆の防除

今日は曇りで蒸し蒸しとした一日でした。

5月16日に播種した湯あがり娘(3回目)まで開花しました。

Kimg2091_copy_960x540

早朝から枝豆の防除。

夜中に雨が降ってコンディションはチョイ悪。

味風香と湯あがり娘はリン単肥を葉面散布、青森福丸と在来毛豆はトレボン乳剤を散布。

Kimg2095_copy_960x540

6月8日の最後に播種した在来毛豆(2回目)も茂ってきました。

今年はコガネムシの発生は少ない感じ。

2020年7月19日 (日)

家族総出で枝豆畑の手除草

今朝は曇りの天気。

昨晩は雷を伴って結構な雨が降った。

毎日のように天気予報が変わり農作業も滞っている。

いつになったら梅雨明けするのかね。

 

大雨から4日経過し、一昨日やっと枝豆畑に入れた。

まだ培土をしていない青森福丸(1~2回目播種)と在来毛豆(1回目播種)は雑草が生い茂っていてスゴイ状態に。

Kimg2084_copy_540x960_20200719054301

ここは6月20日に中耕してから約4週間、雨で全く作業が出来なかった。

除草剤も枝豆の登録があるナブ乳剤やポルトフロアブル剤はある。

ただし枝豆部会の決まりで各々収穫2か月前、3か月前までしか使えない。

決まり事なのでしょうがないね。

Kimg2086_copy_960x540

連日の東風(ヤマセ)で畑の乾きはイマイチ。

両親、長男と一緒に2日掛かりで除草作業を強行。

我が家くらいの規模であれば気合を入れればやれないこともない。

もうちょっと作付けが多い農家さんはアルバイトを頼んでいるのかな。

Kimg2088_copy_960x540

ここの畑は特にヒエの量がハンパない。

余程、去年はヒエの種が畑に落ちたんだと思う。

途中から自分と母親、長男はひたすら手除草、父親はネコ車で運搬専門。

熱中症に気をつけながら適宜水分補給と休憩を取りながら頑張った。

みんなご苦労様。

右側の畦畔は取り除いた雑草の一部。

約33アールで2tトラック1台分はあった。スゴイ量だ。

Kimg2089_copy_960x540

昨日のお昼過ぎに1時間くらい西風になり、枝豆畑がウソのように乾いた。

長男には除草作業終わりにもう一仕事してもらった。

Kimg2087_copy_960x540

培土も出来てキレイな枝豆畑になった。

達成感。

2020年7月16日 (木)

田んぼの草取り

今日は薄曇りの天気でした。

ずっと東風(ヤマセ)が吹いていて畑も田んぼも乾きません。

なので今日は田んぼの巡回のみ。

まずは田んぼの様子。

Kimg2080_copy_960x540

我が家で一番薄植えの田んぼ。

ほかの田んぼと遜色ありませんね。

Kimg2079_copy_960x540

その向かい側の田んぼ。

もう少し丈が欲しいところ。

Kimg2082_copy_960x540

家から離れたところの田んぼ。

全体的に丈が揃っていて良い感じ。

Kimg2081_copy_960x540

田んぼを巡回しながら草取りをしました。

去年はオモダカが多くバサグランを使いましたが、今年はほとんど見当たりません。

あっても用水路の水口あたりにパヤッとあるくらい。

今年は水田除草剤が上手く効きました。

2020年7月14日 (火)

ヒロシ&ジェイク㉓ 岩木山8合目へ

Kimg2077_copy_960x540

Kimg2074_copy_960x540

Kimg2076_copy_960x540

2020年7月13日 (月)

枝豆畑は水浸し

今日は晴れの天気でやや東風が強かったです。

昨日はとても強い雨が降り、一時大雨洪水警報が発令されました。

こちらは幸い大事に至りませんでした。

Kimg2059_copy_960x540

この雨で枝豆畑は水浸しになりました。

先週末、培土をしていたのでギリギリセーフ。

明日には水は引けると思います。

Kimg2060_copy_960x540

ここは培土をしていなかったので枝豆のところまで水に浸かっていました。

それから除草していないので雑草だらけ。

この状態だと3~4日は畑に入られないですね。

防除、除草、培土・・・

まだまだやることいっぱいありますが、なかなか予定通りには行きません。

2020年7月10日 (金)

味風香の着莢

薄曇りの一日でした。

梅雨入りしてから雨続きの天気。

今日は梅雨の合間のピンポイントの農作業日和でした。

明日は大雨らしいので、ずっと出来なかった枝豆の培土と除草作業をしました。

畑に入ったのは2週間振り。

Kimg2053_copy_960x540

ここは一番最後に収穫する6月8日播種の在来毛豆(2回目)。

いつもであれば雑草の多い畑ですが、除草剤がドンピシャで効いたのかとてもきれい。

長男が培土作業をしました。

自分は高みの見物www

Kimg2057_copy_960x540

5月1日播種の味風香。

畝間に雑草が見えますが枝豆の陰になっているのでそれほどでもありません。

収穫までこのままにしておきます。

Kimg2058_copy_540x960

その味風香に莢が付きました。

今月末に収穫を迎えます。

田んぼが乾かない

中干しを始めてから10日経過。

密苗もどきでも茎数はしっかりとれています。

Kimg2054_copy_960x540

雨続きで田んぼが乾きません。

来週も天気予報は傘マークびっしり。

2020年7月 8日 (水)

マイナポイント申し込み

6月30日で政府のキャッシュレス還元事業が終了し、7月1日からマイナポイントの予約・申込が始まった。

総務省マイナポイント事業

自分はすでにe-Taxによる確定申告の際に必要に迫られてマイナンバーカードを作った口であるから乗らない手はない。

このマイナンバーカードに決済サービスを登録して上限5,000円分のポイントがもらえるというものでスゴイ試みであるが、ネットのニュースなんかを見るとみんながみんなポイントをもらえるわけではないらしい。

やはり早い者勝ちということになるんだろう。

ということで、早速申し込んでみることに。

Photo_20200708083502

スマホでも専用アプリをダウンロードして簡単に出来るらしいが、自分のスマホだと古くて対応していないみたいで、携帯ショップかローソンの複合機、パソコンでの申し込みになるとのこと。

仕組みは分からないが、なんじゃそりゃである。

わざわざ出かけるのも面倒なので自宅のパソコンでやってみることにした。

Photo_20200708083501

用意するのはマイナンバーカードとICカードリーダライタ、マイキーID作成登録準備ソフト(サイトからダウンロード)。

ブラウザはWindows10で標準のMicrosoft Edgeが使えないのでInternet Explorer11に切り替える必要がある。

仕組みは分からないが、なんじゃそりゃである(2回目)。

Photo_20200708083701

登録できる電子マネーやプリカ、QRコードなどは、よく使っているものを選べばいいと思う。

対象となるサービス一覧

あとは説明に従って必要な情報を入力していけば申込完了。

これで、2020年9月1日から2021年3月31日までの間、登録した決済サービスでチャージか買い物をすればマイナポイントがもらえる。Photo_20200708083801

申込情報画面の最後に「政府からのご案内」があった。

2つの申込項目があって一通り内容を見たけど自分には難しくてよく分からん。

2020年7月 6日 (月)

ヒロシ&ジェイク㉒ ヒロシではありません

Kimg2050_copy_540x960

スチューベン葡萄の支柱線切れ

昨日のスチューベン葡萄の様子。

日に日に葉っぱが大きく展開してモサモサしています。

Kimg2036_copy_960x540_20200706113801

養分をいっぱい作ってくれそう。

植物的には良いと思うんだけど。たぶん。

Kimg2038_copy_960x540_20200706113801

果粒の隙間が無くなって来ました。

大粒系と違って摘粒しなくてもこのまま行けます。

Kimg2040_copy_960x540_20200706113801

サニールージュも大きくなってきました。

ただ葉っぱが小さく全体的に勢いが感じられない。

全体的に果粒の付き具合が悪く歯っ欠け状態。

どうなるんだろう。

Kimg2041_copy_960x540

スチューベン葡萄の支柱間に張っている番線が切れました。

有りものの材料で適当に作っているのでしょうがない。

2020年7月 5日 (日)

ヒロシ&ジェイク㉑ ヒロシかな?

Kimg2048_copy_540x960

枝豆の防除

今日は早朝から枝豆の防除をしました。

梅雨入りしてから雨で畑に入れない日が続いています。

天気予報では今日と明日は曇りになるようなのでタイミング的には今しかない。

Kimg2042_copy_960x540

先ずは湯あがり娘(2~3回目)にトレボン乳剤(殺虫)の1,000倍液を散布。

今年はコガネムシの発生時期が早いため先手を打っておきました。

次に6月30日から開花の始まった味風香と湯あがり娘(1回目)。

今回はアミノ酸入り液肥(着莢促進)とトレボン乳剤(殺虫)の1,000倍液を使用。

液肥は種苗会社の試供品で低温や曇天続きに効果があるそう。

たくさん莢が付くと良いな~

田んぼの中干し

7月1日から田んぼの中干しを始めました。

梅雨入りしてからずっと雨続きなので田んぼは乾きませんね。

Kimg2034_copy_960x540

ここは密苗もどきで10アールあたり苗箱18枚使用(つかみやや多い、60株)。

辛うじて条間が見えます。

茎数も取れているので良い感じ。

Kimg2035_copy_960x540

薄植えの田んぼは茎数が取れたので今日から中干し。

ほかの田んぼより4日遅れ。

Kimg2032_copy_960x540_20200705104701

6月30日はこんな感じでした。

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »