フォト
無料ブログはココログ

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月29日 (日)

親子三代でビニール張り

今日は風のない穏やかな一日でした。

早朝から春の大仕事、ビニールハウスの天井を張りました。

いつもであれば父親と二人で作業をしますが、今回は長男も参加し親子三代での作業となりました。

こうして一緒に農作業ができることが嬉しいですね。

Kimg1844_copy_540x960

昼前にはビニール張りは終わって、昼ご飯を挟んでビニールの破れや穴の修繕をしました。

使っているビニールも劣化がひどく来年あたりが更新時期かな。

今年のビニール張りは無事終了しました。

来週あたり種籾の播種をしようと思います。

1585444241152_copy_480x853

仕事の合間の休憩時間。

二人でいろいろな話をしていたようです。

楽しそうでした。

Nameing

2020年3月27日 (金)

焼土搬入と床土混合

日中は気温が16℃まで上昇、そよ風が吹いて過ごしやすかったです。

朝8時半に業者さんが焼土を搬入しました。

これで5バケット、苗箱750枚分あります。

お値段は4トンダンプの運送代を含めて46,000円でした。

Kimg1841_copy_540x960

ブルーシートのど真ん中。

さすが運転手さん、荷下ろしが上手いですね。

Kimg1843_copy_540x960

一昨日までの天気予報では今日は朝から雨ということでしたが、昨日の夜になって日中は晴れと好転しました。

ただし午後3時ころから小雨が降るということだったので、ついでに床土の混合作業を始めました。

今回は一人作業だし雨も降るので辛い急ぎ仕事になることは必至。

大きな作業場があれば雨の心配もないのにね。

ま、今日で終われれば気持ち的には楽ちんだしさ。

床土の混合は1回で苗箱70枚分。

これを11回繰り返し、出来上がった床土は肥料袋に詰めて作業小屋に搬送。

焼土はバケツで10杯分を混合機に投入しますが地味にキツイ。

掛ける11回で110回。腕がパンパン。

それでも今年は密苗仕様の田植機に合わせて苗箱の使用枚数を減らしたのでこんくらいで済みました。

作業が終わったのが午後2時40分。

片付けをしていると結構な雨が降り出しました。

天気予報が当たったね。

農閑期で鈍った身体に久しぶりの肉体労働だったので、作業中に腰が痛くなったり足がつったりして大変でした。

明日は身体が痛くて起きられるかどうか・・・

Nameing

2020年3月24日 (火)

ついに・・・

今朝はグッと冷え込みました。

いくらか積雪はありましたが昼前には融けてしまいました。

Kimg1838_copy_540x960

ついに本県でも新型コロナウィルスの感染者が出ました。

一部のサイトでは一部の人たちが大盛り上がりしているようですがみっともないです。

本県第一号ということで注目を浴びていますが、感染者を悪者扱いするようなことだけは避けなければなりません。

Nameing

2020年3月22日 (日)

種籾の浸種、水交換

Kimg1836_copy_540x960

Kimg1837_copy_960x540

浸種開始3月20日

設定水温10℃

Nameing

2020年3月19日 (木)

種籾の消毒

天気の良い一日でした。

最高気温は16℃と5月上旬並みで過ごしやすかったです。

で、午前中は予定通りに種籾の消毒をしました。

この作業をするとやっと農作業が始まったという感じがします。

Kimg1835_copy_540x960

消毒にはテクリードCフロアブルの200倍液を使用。

これに種籾を24時間浸します。

Kimg1834_copy_540x960

今年は使用する種籾の量が少ないので催芽機2台で間に合いました。

本日で農閑期のアルバイトは終了しました。

ちょうどアルバイト先の役所の人事異動の発表があり、担当の職員さんが異動になりました。

喜んでいる感じだったので栄転かな。

ま、それでも勤め人は大変だなと思いました。

異動が決まって、業務引継ぎ、挨拶まわり、引っ越し・・・

勤め人の宿命と言われればそれまでですが。

そんな自分も10年ちょっと前まで辞令1本で転勤、単身赴任していました。

今の生活からは考えられないですね。

Nameing

2020年3月17日 (火)

暑さ寒さも彼岸まで

今週で農閑期のアルバイトは終わりです。

徐々に体を農業モードに切り替えていきますよ。

で、昨日、アルバイト先の月極駐車場のおばさんからお菓子をいただきました。

自分の母親と同じくらいの年齢で、たまに声を掛けてくれます。

なんか気持ちがほっこりしました。

Kimg1833_copy_540x960

昨日の朝は久しぶりに雪が積もりました。

週末は気温が上がりそうなので、種籾の消毒、浸種をします。

Nameing

2020年3月15日 (日)

厚生労働省ホームページをチェックしてみる

Corona

新型コロナウイルス関連の民放テレビニュースでは、「どこで、○○人の感染者が出た、クラスター感染なのか」と、バックに不安を煽る音楽が流れたり、ウイルスを拡大した映像を流したりして、それを見ると何かゾンビが増殖でもしているような感じを覚える。

3月13日現在、感染者1,371人、退院者600人、死亡者28人、入院患者743人。

こういうのって、テレビニュースであまり見ないよね。

Nameing

種籾の小分け

我が家の春作業が始まりました。

とうとう始まったか、という感じ。

春作業の第一弾は種籾の小分け作業です。

なんだそんなことか~、と言わないで下さいwww

これがお米作りの第一歩なんですから。

Kimg1831_copy_540x960

今年は160kgの種籾を32袋に小分け。

1袋あたり5kg。

この種籾で秋に出来るお米(玄米)は22,000kgくらい。

我が家ではそんな感じです。

もう少し暖かくなったら種籾の消毒と浸種をします。

Nameing

2020年3月 2日 (月)

就農11年目

3月1日で就農11年目を迎えました。

今年は田んぼの売却もあり作付け面積が減りました。

もう少し近場で条件のよいところを探していますがなかなかありません。

ま、気長に待ちたいと思います。

で、近況ですが、他の記事にあるとおり、新型コロナウィルスの影響で家族旅行が中止になったり、子供の学校が休校になったりと、だいたいみなさんと同じような生活を送っています。

農閑期のアルバイトは3月下旬で終わるので、農作業はその前後あたりからボチボチやる予定です。

と、その前に今日は生産調整の申し込みをしてきました。

今年の当市の生産調整率(転作率)は44.127%で、我が家は184アール分の転作を例年通りに加工用米と互助金制度(受け手10アール8,000円支払い)を利用することにしました。

Kimg1829540x960

JAから今年の種籾の「特A米」まっしぐらが配達されました。

今年も大過なく農作業できればいいな。

Nameing

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »