フォト
無料ブログはココログ

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月29日 (日)

大雪

年の瀬を迎え当地は大雪に見舞われました。

27日は朝からモサモサと雪が降り積もり夕方には25センチを記録。

一時、大雪警報が発令されました。

通勤途中の小径は一気に雪景色へと様変わり。

ブログを読み返すと去年の今頃も大雪でしたよ。

Kimg1749540x960_20191229073701

この日は役所系バイトの仕事納めでした。

年明けの雇用は3月末まで延長され一安心。

少し早いお年玉みたい。

働けることの喜びを感じています。

2019年12月26日 (木)

つがる市、単収東北1位/19年産水稲

東北農政局青森県拠点は25日、2019年産水稲の市町村別収穫量などを発表した。つがる市の10アール当たり収量(単収)が681キロ(18年産比37キロ増)となり、2年連続で東北1位となった。県内では、一時少雨に見舞われた時期があったもののおおむね天候に恵まれ生育が良好だったことで、同市を含む全市町村で単収が18年産実績を上回った。

つがる市は作付面積が7770ヘクタール(18年産比140ヘクタール増)、収穫量が5万2900トン(同3800トン増)と、三つの指標全てが県内1位となる「3冠」を9年連続で達成した。
 県内では、飼料用米から収穫前に一定の収入を見込める備蓄米(凶作などの非常時に備えて国が買い入れるコメ)の生産に切り替える農家の動きがあり、同市でも備蓄米への移行により19年産水稲の作付面積が増加したとみられる。
 東北6県の市町村別では同市が収穫量9位、作付面積10位に入ったほか、単収では五所川原市が3位、中泊町が10位だった。
 青森県の単収を地域別に18年産と比較すると、板柳町61キロ増、風間浦村60キロ増、八戸市50キロ増、中泊町49キロ増など。増加量が最も少なかったのは十和田市の8キロ増、次いで七戸町10キロ増だった。18年産に続き作柄が良好だった県南・下北地域よりも、前年に収量が落ち込んだ津軽地域の方が、19年産単収の伸びが比較的大きかった。

(2019年12月26日 WEB東奥)

当市が東北1位になりました。

バンザ~イ!!バンザ~イ!!バンザ~イ!!

主力のまっしぐらは県外の店頭で見かけることはないと思いますが業務用米で人気があります。

某メーカーの冷凍ピラフやチャーハンとかに使われています。

有名なお米に比べると際立った特徴はないけれど普通に美味い。

それでいて値段が安い!!

(農家の軒先価格も安いwww)

2019年12月13日 (金)

19年の青森県産米、10アール収量全国トップ

  東北農政局青森県拠点は10日、2019年産米の青森県の作況指数(平年=100)を106、作柄を「良」で確定したと発表した。10アール当たり収量(ふるい目幅1.7ミリベース)は627キロで、山形県と並び、4年ぶりに全国トップとなった。統計が残る1953年産以降では過去最高。本年産は天候に恵まれたため生育が良好だった。
  コメの出来具合を示す作況指数と、10アール当たり収量は、ともに10月15日時点の前回調査から変わらなかった。作況指数106は全国で最も高く、作柄が「良」となるのは7年ぶり。
  地帯別の10アール当たり収量は、青森(青森市と東郡)が2018年産実績を38キロ上回り611キロ。津軽が649キロ(18年産比37キロ増)、南部・下北が584キロ(同14キロ増)で、いずれも前回調査から変わらなかった。
  同拠点や県によると、今年は田植えが始まった5月以降、平年よりも日照時間が長く、気温が高い日が続いた。夏場の少雨や台風の影響が心配されたものの大きな被害はなかったという。県農産園芸課の近藤幹三課長は「好天の影響もあるが、適切な水管理や適期刈り取りなど、生産者が頑張った結果だと思う。収量は増えたが、青森のコメは需要があるので、販売面での心配はしていない」と話した。
  主食用米の県全体の作付面積は18年産を400ヘクタール下回る3万9200ヘクタール、収穫量は9800トン増え24万5800トンだった。
(2019年12月10日 WEB東奥)
全国で一番は超うれしい。
しかし、ふるい目幅1.7ミリって・・・何?
我が家だと反収700キロ超えるんじゃねwww

2019年12月12日 (木)

無袋と有袋

Kimg1745540x960

アルバイト先の同僚(リンゴ農家)からいただいた黄色いリンゴ。

これ、どちらも同じ品種なんです。

その品種は金星。

すっきりとした甘みが特徴。弘前市折笠地区発祥だとか。

写真左が無袋で右が有袋。

袋掛けをするしないでこんなに見た目が変わります。

金星は基本的にというかほとんど袋掛けをした有袋栽培になります。

なので無袋が市場に出回ることは少ないかも。

無袋も有袋もどちらも美味しかったです。

2019年12月 5日 (木)

積雪

12月に入ってからは朝晩の冷え込みがすごい。

今朝も気温はマイナスでした。

寒さで顔が痛い。

Kimg1741540x960

雪の降り始めは朝の通勤ラッシュがひどいので、バイトには30分早めに出掛けています。

冬場は早め早めの行動が肝心です。

今日も事故の無いように行ってきま~す。

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »