フォト
無料ブログはココログ

« 枝豆の総収量、来年の課題など | トップページ | ミッキー&ミニーの雪吊り見つけた »

2019年10月25日 (金)

軽トラにドラレコ&バックモニター設置

ここ近年、煽り運転によるトラブルが社会問題になっているが、こと軽トラに関しては他の車種に比べてどうしても後続車から煽られたり、追い越されることが多いと感じる。そんな時は当然だが素直に道を譲ることにしている。殴られたくないからねwww

今の時代は何があるか分からないので自己防衛の意味でも軽トラにドラレコを設置することにした。

ネットでドラレコを探してみると、とてつもない数のドラレコが存在しどれが良いのか見当がつかない。値段は数千円から数万円と値幅はすごいが高価なものはやはり国産品。今回は口コミを参考に台湾製の6,000円台と手頃な値段でバックカメラ、バックモニター機能の付いたものを購入した。

Kimg1707540x960

ドラレコ本体はシガー電源につなげば即使用できるので、今回はバックカメラの取り付け方の説明である。

Kimg1709540x960

まず、バックランプのレンズを外す。ネジ1本で簡単に止まっているだけ。

Kimg1710540x960

レンズを外したら、バックランプの配線のマイナスコード(黄)とバックカメラのコード(赤)をつなぐ。このコードはバックギアに入れたときにドラレコ本体のモニターがバックモニターに切り替わるためのもの。コードをつないだら絶縁テープでぐるりと巻いておく。

Kimg1711540x960

残りのコードも絶縁テープでぐるぐる巻きにする。軽トラは基本的に配線が屋外になるため一応養生しておく。

Kimg1718540x960

バックカメラ本体を適当な場所に設置する。強力な両面テープで固定し配線はナンバープレートの裏を通した。今回はバックカメラを逆さにしたが理由は後ほど。

Kimg1712960x540

バックカメラの配線は荷台の下から通しエンジンルーム(助手席下)から出す。他のランプ類の配線と結束バンドかなんかで束ねると良い。配線は不具合を起こさないためにラジエーターなど熱くなりそうなところは避ける。

Kimg1715540x960

できる限り配線は見えないようにスマートにやるつもりだったが、バックカメラの配線が短いため見た目が不格好になってしまった。できれば配線を延長してダッシュボードの裏を通したい。

Kimg1716540x960

最後はドラレコ本体につなぐ。

ドラレコ本体はフロントに設置した。モニターを兼ねているのでデジカメのようにデカい。今回はそのドラレコ本体のデカさ(重さ)と仕様が吸盤によるフロントガラス設置式なので落下の危険性があると思ってフロントに設置した。特に夏場の高温だと確実に落下すると思うが大丈夫なんだろうか。土台はポータブルカーナビのものを再利用。

フロントに設置したのでドラレコ本体は自ずと逆さまとなる。画面をよく見ると日付が逆さになっているのがわかる。

Kimg1717540x960

バックギヤに入れると画面がバックモニターに切り替わる。

文字は逆さまだが背景は正位置になっている。文字の逆さまはどうにもならない。

先ほどバックカメラを逆さにした理由は背景を正位置にするためである。

所要60分で設置完了。

作業自体は特に面倒なところはなかった。

« 枝豆の総収量、来年の課題など | トップページ | ミッキー&ミニーの雪吊り見つけた »

その他」カテゴリの記事

農作業以外の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 枝豆の総収量、来年の課題など | トップページ | ミッキー&ミニーの雪吊り見つけた »