フォト
無料ブログはココログ

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月29日 (火)

ミッキー&ミニーの雪吊り見つけた

アルバイト先へ通勤途中に雪吊りをしていました。

Kimg1719540x960

よく見ると、烏帽子がハートの形でその下にミッキー&ミニー。

隠れミッキーwww

Kimg1720540x960

ハッピーな気分になれました。

2019年10月25日 (金)

軽トラにドラレコ&バックモニター設置

ここ近年、煽り運転によるトラブルが社会問題になっているが、こと軽トラに関しては他の車種に比べてどうしても後続車から煽られたり、追い越されることが多いと感じる。そんな時は当然だが素直に道を譲ることにしている。殴られたくないからねwww

今の時代は何があるか分からないので自己防衛の意味でも軽トラにドラレコを設置することにした。

ネットでドラレコを探してみると、とてつもない数のドラレコが存在しどれが良いのか見当がつかない。値段は数千円から数万円と値幅はすごいが高価なものはやはり国産品。今回は口コミを参考に台湾製の6,000円台と手頃な値段でバックカメラ、バックモニター機能の付いたものを購入した。

Kimg1707540x960

ドラレコ本体はシガー電源につなげば即使用できるので、今回はバックカメラの取り付け方の説明である。

Kimg1709540x960

まず、バックランプのレンズを外す。ネジ1本で簡単に止まっているだけ。

Kimg1710540x960

レンズを外したら、バックランプの配線のマイナスコード(黄)とバックカメラのコード(赤)をつなぐ。このコードはバックギアに入れたときにドラレコ本体のモニターがバックモニターに切り替わるためのもの。コードをつないだら絶縁テープでぐるりと巻いておく。

Kimg1711540x960

残りのコードも絶縁テープでぐるぐる巻きにする。軽トラは基本的に配線が屋外になるため一応養生しておく。

Kimg1718540x960

バックカメラ本体を適当な場所に設置する。強力な両面テープで固定し配線はナンバープレートの裏を通した。今回はバックカメラを逆さにしたが理由は後ほど。

Kimg1712960x540

バックカメラの配線は荷台の下から通しエンジンルーム(助手席下)から出す。他のランプ類の配線と結束バンドかなんかで束ねると良い。配線は不具合を起こさないためにラジエーターなど熱くなりそうなところは避ける。

Kimg1715540x960

できる限り配線は見えないようにスマートにやるつもりだったが、バックカメラの配線が短いため見た目が不格好になってしまった。できれば配線を延長してダッシュボードの裏を通したい。

Kimg1716540x960

最後はドラレコ本体につなぐ。

ドラレコ本体はフロントに設置した。モニターを兼ねているのでデジカメのようにデカい。今回はそのドラレコ本体のデカさ(重さ)と仕様が吸盤によるフロントガラス設置式なので落下の危険性があると思ってフロントに設置した。特に夏場の高温だと確実に落下すると思うが大丈夫なんだろうか。土台はポータブルカーナビのものを再利用。

フロントに設置したのでドラレコ本体は自ずと逆さまとなる。画面をよく見ると日付が逆さになっているのがわかる。

Kimg1717540x960

バックギヤに入れると画面がバックモニターに切り替わる。

文字は逆さまだが背景は正位置になっている。文字の逆さまはどうにもならない。

先ほどバックカメラを逆さにした理由は背景を正位置にするためである。

所要60分で設置完了。

作業自体は特に面倒なところはなかった。

2019年10月18日 (金)

枝豆の総収量、来年の課題など

JAから枝豆の最終精算書が来ました。

結果はまずまずといったところ。

今年は天候が高温少雨で推移したことや主力品種のハトの食害などにより、前年に比べて総収量が著しく減少。

ハトの食害がなければあと100ケースは増えたかも。

ただ、今年は収穫時期の前倒しや防除の徹底により病虫害の発生はなく、前年に比べてA品率が大きく上昇したことが救いでした。

キロ単価は平年並みで経費を引いた純利益は前年から微増しました。

来年は、年々深刻化するハトの食害対策として、ハトの飛来時期に合わせて不織布のベタ掛けを復活させたいと思います。1回の播種で10アール、手間と経費は掛かりますが背に腹はかえられません。とりあえず双葉が出ればこっちのものなので頑張ります。

Ca3i0959

2019栽培結果 ※( )内は前年比

総収量 2,814kg(ー601kg)

・湯あがり娘 高値1,600円(+100円)安値1,500円(+200円)

・あおもり福丸 高値2,100円(-20円)安値2,100円(±0円)

・在来毛豆 高値1,990円(+10円)安値1,500円(+330円)

A品(3kg)688ケース(+37ケース)

A品(冷凍2kg)34ケース(新規)

A品(冷凍1.2kg)47ケース(新規)

B品(2kg)313袋(ー418袋)

2019年10月15日 (火)

枝豆を冷凍保存

稲刈りが終わって、すでに農閑期モードに入っています。

平日はアルバイトに勤しみ休日は近場の産直や道の駅めぐり。

週末は道の駅でいろんなイベントがあるので楽しいです。

Kimg1695540x960

今の時期、産直ではいろんなリンゴが並んでいます。

トキ、早生ふじ、紅玉、ジョナゴールドなど。

その中でオススメしたいのはシナノスイートです。

ほどよい甘みと酸味があってちょっと若い感じが良いです。

地元の産直だと立派なリンゴが4個で250円。

産地なのでそれが普通の価格になっています。

Kimg1696540x960

在来毛豆は茹でてむき身にしたものを冷凍保存。

小分け使いできるように保存袋に薄く伸ばして詰めました。

2019年10月11日 (金)

今年は全量一等米でした

JAカントリーから清算書が来ました。

今年は全量一等米で万々歳!!

収量は反収10.8俵と11俵には届きませんでしたが、それでも思っていた以上の収量だったので超うれし~☆

JAカントリーの清算書には、荷受重量、水分、等級、玄米数量、屑米重量が表記されています。それを見る限りでは平年に比べて屑米が少なかったようです。

今年は田植え後の天候が高温少雨で推移し、何かしら稲に高温障害や病虫害が出ると思われました。

なので、まわりの農家さんから乳白米や腹白米が多いとかカメムシ害で等級を落とされたとか聞いてたので、あ~我が家もそうなのかと心配というかちょっと諦めていました。

今年はサブソイラでの弾丸引きや箱剤の施用などやれることはやったので、少しは効果があったのかなと思っています。

ホントに良かった~。

2019年10月 7日 (月)

特A米「青天の霹靂」の新米を食べる

登場して五年目を迎えた青森県産特A米「青天の霹靂」です。

パッケージは5th特別仕様。

Kimg1694540x960

早速、炊き立てを食べました。

おいしい~~~☆

もちもち食感が堪りません。

是非、全国の皆さんに食べていただきたいです。

最後は宣伝っぽくなってしまいましたwww

2019年10月 6日 (日)

コンバインのクローラー取り外し

R1-241から予備として使うクローラーを取り外しました。

重量物なので作業をするにしても気を使います。

本当はこういう作業はプロに任せるに限ります。

やっておいて何ですがwww

とにかくケガだけはしないように気を付けました。

Kimg1690540x960

クローラーの取り外し方はネット動画を参考に何とかできました。

車輪から芯金を外すときにバール2本でコジコジと。

これが中々外れず大変。

最後は足蹴りして外しました。

Kimg1692960x540

R1ー241はエンジンの調子は良く自走できるので、前に装着していた古いクローラーを再装着しました。

で、そのまま一時保管場所まで移動。

当初は処分するつもりでしたが、今年の稲刈りではコンバインの部品交換がちょこちょこあったので、やっぱり部品取りとして取って置くことにしました。

Kimg1664540x960

こんなところのボルトも無くなっていました。

ヒロシとジェイク⑯ 肌寒くなりました

朝晩、肌寒くなりました。

2匹でくっついて眠ることが多くなりました。

Kimg1686540x960

2019年10月 4日 (金)

農閑期のアルバイト

以前、アルバイトでお世話になったところから声が掛かり、急きょ、来週から働くことになりました。

仕事内容は役所系の資料整理が中心です。

この仕事も通算8年目でベテランの部類になりました。

いつも、こんなアラフィフおじさんに声を掛けていただき感謝、感謝です。

最近は老眼が進み、書類の小さな文字は厳しくなりましたが、それでも何とか頑張ります。

来年2月までお世話になります。

 

就農10年目で未だに冬場の農閑期と通年週2のアルバイトをしています。

もう自分の生活のルーティンみたいな感じかな。

一時は冬の農業も考えましたがいろいろと自分には無理でした。

なので、今の生活が無理なく良いと思っています。

2019年10月 3日 (木)

稲刈り終了、弾丸引き(暗渠)

昨日で我が家の稲刈りは終了となりました。

去年より8日早いです。

稲刈りの5日間は天候に恵まれ、ほとんど作業トラブルなしで、就農してから一番スムーズでした。

でも、休みのない刈りっぱなしは体力的にしんどかった。

こんな時、もうちょっと大きなコンバインがあればな~と思います。

ただ、現状では3条刈りでも頑張ればできそうなので、もう少し田んぼが増えたら考えてみます。

Kimg1670960x540

最終日は30アール3枚続きの田んぼ。

用水路側と排水路側が倒伏していましたが、デバイダで難なくクリアできました。

Kimg1672540x960

ここの田んぼは刈り取った感じ収量は一番あるかも。

反収11俵あったら嬉しいんだけどね。無理か~

カントリーから結果が来るまで何とも言えませんが、全般的に良くも悪くもない感じです。

Kimg1673960x540

で、今日は来年のためにサブソイラで弾丸引きをしました。

やらないよりはやった方が良いかなと思って。

稲刈り後の地盤はガチガチ、今年の弾丸引きは超楽ちんでした。

2019年10月 2日 (水)

田んぼの中割り

昨日も天気の良い一日でした。

我が家の稲刈りは4日目を迎え、この日から一番遠い田んぼに入りました。

Kimg1667540x960_20191002051601

朝露が濃くて作業は10時スタート。

まずは60アールの田んぼから始めました。

ここは毎年収量の多いところ。

刈り進めていくとほかの田んぼに比べてコンバインの負荷が凄かった。

今年は手ごたえありです。ここだけwww

Kimg1665540x960_20191002051601

その60アールの田んぼは中割りをして半分ずつ稲刈りします。

というのは、我が家のコンバインだと籾タンクの容量がないので、最初の枕地一周の途中で満タンになってしまうからです。

60アールの田んぼだけど30アールを2枚こなしている感じ。

 

昨日は1ヘクタールちょっと刈り取りしました。

2019年10月 1日 (火)

コンバインの刈刃交換

昨日はとても天気の良い稲刈り日和でした。

我が家の稲刈りは3日目を迎え、残り2ヘクタールとなりました。

台風の進路が気になりますが、こちらに接近する前に稲刈りは終われそうです。

Kimg1658540x960

昨日は開始早々、コンバインの刈刃を止めているビスが取れて刈刃自体が外れかかっていました。

1条分刈り残しになっていたので変だな~、って即点検。

Kimg1657960x540

部品取りのR1-241から刈刃を取り外しR1-261に取付交換しました。

今の時期はメーカーに電話しても先約が多くて修理に来るのも何時になるやらです。

どこも忙しいのはわかっています。

なので出来る限りは自分で修理できないといけないかなって思います。

Kimg1660540x960

昨日も父がカントリーまで籾を搬送しました。

ご苦労様です。

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »