フォト
無料ブログはココログ

« マメシンクイガの防除 | トップページ | 枝豆の収穫再開、雑草がすごい »

2019年8月31日 (土)

9月中の出荷がお得?

10月1日から軽減税率制度が実施されます。

テレビのニュースで、店内で食べたら消費税10%で持ち帰りは8%などとやっているのを見ます。

いったん買ったものをイートスペースで食べる場合はどうなるのか、その線引きや現場の対応は難しそう。

慣れるまでは大変だけど、そのうち慣れるんだろうな。

Keigenzeiritu

この軽減税率制度は、なんと農業にも関係しているんです。

(農水省のメルマガで知りましたwww)

我が家でも確定申告をするためにせっせと帳簿を付けていますが、その記帳の仕方が一部変わるそうです。

例えば、農協に委託販売している農家さんは、これまで販売手数料を引かれた金額のみを課税売上として計上していました。しかし、今後は販売手数料を引かれる前の実際の販売額(消費税8%)課税売上とし、販売手数料(消費税10%)を課税仕入として2本立てで記帳することになります。

これは、農産物などの飲食料品の委託販売(譲渡)に軽減税率8%が適用され、その一方で販売手数料には標準税率10%が適用されるためです。(飼料用米の委託販売は標準税率10%が適用されます)

となると、今年は9月中に稲刈りをして農協に出荷した方が消費税2%分お得ということなのかな?

« マメシンクイガの防除 | トップページ | 枝豆の収穫再開、雑草がすごい »

就農・諸手続」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マメシンクイガの防除 | トップページ | 枝豆の収穫再開、雑草がすごい »