« ウィングモアの刈刃交換 | トップページ | 海の日は家族で小旅行へ »

2019年7月13日 (土)

ほかの農家さんの米を食べる

ちょっとした計算違いで自家消費米が底をついてしまいました。

毎年、米の収穫前にJAカントリーから注文票が来ますが、去年は長男が独立して生活を始めたことや家族の高齢化などを考えて少なめに注文したのがその理由。

本当に米農家として恥ずかしい (>_<)

それでも稲刈りまでの2ヵ月間を凌げば何とかなりそうなので、この機会に他の農家さんのこだわりの美味しい米を食べようと思いました。

とは言っても、ネットで購入する他県のブランド米だと美味しいけれど何か違う感じがしたので、今回は県内の農家さん限定、それも単一農家さんのお米に限定することにしました。

そこで、県内でも良食味の米を生産している中南黒地区を探してみました。本当は我が家と同じ地区にしたいところですが、正直な話、食味に関しては中南黒地区には敵わないと思っています。(研修先の親方も中南黒地区)

それで、まず、中南黒地区の集落を徘徊して探してみることに。何カ所か米直売の看板が立っていましたが、看板からはこだわりの美味しい米を販売しているのか判然としませんでした。この地区で看板を出しているということはたぶん美味しい米を作っている農家さんだと思いますが、ちょっと訪ねる勇気がありませんでした。

次に、中南黒地区の道の駅にある直売所に行ってみることにしました。

直売所では地元の農家さんたちが作った野菜やリンゴジュース、漬け物などの加工品がたくさん売られ、米も数種類あって、各々の農家さんがポップでいろいろアピールしていました。

Kimg1504960x540

その中から選んだのは、自然栽培米でもなく、有機無(減)農薬米でもなく、アピールポイントは自然乾燥のみのつがるロマンです。

袋をよく見ると、自然乾燥「う」米になっていました。う米=美味いに掛けているので、自分と同じ中年の農家さんなのかなwww

選んだ理由は、いろいろゴチャゴチャとアピールせずシンプルなところ。

それにしても、農家直売の白米10kgが3,500円(税込)とは安すぎですね。

 

で、買ってきた自然乾燥「う」米を普通の炊飯器で炊いて普通に食べてみました。

食べてすぐ分かるくらいシンプルに美味しかったです。

口に入れた瞬間の風味も程良い粘り気もちょうど良い感じ。

これで慣行栽培だったらスゴイです。

ほんと美味しかったな~

今さらですが、自分もこういう美味しい米作りをしたいと思いました。

【追記 7/14】

今回購入した自然乾燥「う」米(つがるロマン)の農家さんは、平成30年度あおもりの旨い米大会つがるロマンの部でグランプリを受賞されているスゴイ方でした。

そのことを知らないで食べて素直に美味しかったということは、本当に美味しい米作りをしているんだと思いました。

この大会では研修先の親方も特A米青天の霹靂の部で準グランプリを受賞されました。

中南黒地区のレベルは高いです。

« ウィングモアの刈刃交換 | トップページ | 海の日は家族で小旅行へ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

農作業以外の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウィングモアの刈刃交換 | トップページ | 海の日は家族で小旅行へ »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

いいね!ランキング

  • 白戸さんち - にほんブログ村
  • PVアクセスランキング にほんブログ村