« 水田雑草にバサグラン散布 | トップページ | ウィングモアの刈刃交換 »

2019年7月 8日 (月)

畦草刈機の修理

枝豆の刈り取りに使っている畦草刈機の修理をしました。

今回は、バリカンが全く動かなくなったので、エンジン駆動部とバリカンを連結しているベアリングを取り外してみました。

この修理自体は昨年10月頃からほったらかしにしていたもので、いつかやろうと後回しにして9ヵ月が経ちました。

Kimg1493540x960

下皿のネジを外し、さらにカバーのネジを外して中身を確認すると、案外単純な構造でした。

Kimg0879540x960

確認してみると駆動部分の各ベアリングの球が磨り減って抜け落ちて駆動軸が空回りしていました。

そこで、前にネットで購入していたベアリングの球と交換することで直るのではないかと。

Kimg1494540x960

この手の草刈機はリコイルスタータを引く前にプライマリポンプで燃料タンクからキャブレタ側にシュコシュコと燃料を送ります。

が、しかし、プライマリポンプは経年劣化で大きなヒビが入っていて燃料の吸い上げが出来ませんでした。

※写真左が交換後(透明なもの)で右が交換前

これだとエンジンを掛けられず、動作確認ができません。

早速、近所の農機具屋さんでプライマリポンプを購入。

お値段は、ナント1個800円。高っ!!

このほ乳瓶の乳首みたいなモノが800円とは・・・

Kimg1496540x960

ということで、ベアリング、プライマリポンプを交換して何とか動くようになりました。

« 水田雑草にバサグラン散布 | トップページ | ウィングモアの刈刃交換 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水田雑草にバサグラン散布 | トップページ | ウィングモアの刈刃交換 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

いいね!ランキング

  • 白戸さんち - にほんブログ村
  • PVアクセスランキング にほんブログ村