フォト
無料ブログはココログ

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月29日 (月)

出穂間近

今日は朝から曇り空が広がり蒸し蒸しとした天気で、昼近くから断続的な雨に見舞われました。

予想外の雨に田んぼも畑も息を吹き返した感じです。

Kimg1540540x960

7月20日ころから田んぼは幼穂形成期に入り、現在は減数分裂期を経て出穂間近の状況です。

我が家より田植えの早かったところでは、2~3日前から走り穂が見られ、中には50%以上穂揃いしているところもありました。

Kimg1539540x960

稲は出穂間近になると姿も閉じた感じになります。

天気予報は、出穂期から穂揃期にかけて天気が良く、気温も安定しているそうです。

我が家でも間もなく出穂します。

2019年7月26日 (金)

枝豆に追肥する

昨日は気温も湿度も高く、とても蒸し暑い一日でした。

そんな中、枝豆の追肥をしました。

熱中症に罹らないように休憩&水分補給をとりながらやりました。

それでも少し頭がガンガンしました。

Kimg1538540x960

湯あがり娘の播種2回目と3回目、あおもり福丸の播種2回目が肥料切れを起こして葉っぱの色が淡くなってきました。

Kimg1537540x960_20190728083201

追肥に使った硫安は写真右側のサンパースタートで根元に直接散布しました。

硫安は水溶性かつ即効性があり、尿素にくらべてチッソ分は低いので、直接散布する場合は扱いやすいです。逆に尿素は液肥として水に溶かして使う場合は扱いやすいと思います。

今回は、約60アールに硫安20kgを3袋使用したので、10アールあたりチッソ分1kg入った計算です。

湯あがり娘はすでに着莢しているので効能はどうなんだろう。

JAの前任の枝豆担当者と話す機会があり、いつもの年であればダメダメの湿田転作畑も今年は最高に良いらしいので、やっぱり雨の影響が大きいんだろうね。

2019年7月23日 (火)

ヒロシとジェイク⑮ ご愛嬌

ヒロシとジェイクは相変わらず元気です。

ここ最近は、近所のドッグランに行って友達犬と走り回っています。

トイプードル、チワワ、柴犬、マルチーズ、コーギー、ラブラドール・・・

シェパードやバーニーズマウンテンなどの超大型犬もいます。

物怖じしないジェイクは、ほかの飼い主さん達に愛想を振りまいて超可愛がられています。

一方のヒロシは、相変わらずの人見知り&犬見知り。

ただ、柴犬とは相性が良いみたいで、自分の方から積極的にクンクンしています。

Photopictureresizer_190723_082409832

ヒロシとジェイクの頬っかむり。

犬が飼い主にやられる“あるある”の定番。

身内ウケショットだけどねwww

美味しいパンケーキの店

子供たちも夏休みに入りました。

夜勤バイト明けでリビングで横になっていたところへ

パンケーキ食べたい♪ ×3

という、子供たちのリクエストで、地元にあるパンケーキ店に行ってきました。

Kimg1536540x960

食べたのは、お店定番のふくふくパンケーキ。

地元養鶏場の福々たまごを使っています。

小麦粉も地元産だとか。

ふんわりしていてめっちゃ美味い。

結構なボリュームがあるので、お昼ご飯にでもちょうどいいかも。

子供たちは、もっと食べられると言ってましたwww

 

カフェ202 弘前店

https://www.space202.com/locations/cafe202sakuranohirosaki

弘前市城東北3丁目10-1 さくら野百貨店弘前店 1F
電話:0172-26-5131
営業時間:11:00〜20:00

2019年7月21日 (日)

枝豆栽培講習会で液肥をもらう

先週末、JAえだまめ部会の栽培講習会に参加してきました。

今回の栽培講習会は、実際に部会員の枝豆畑において種苗会社の方を招いての現地指導となりました。

Kimg1531540x960

枝豆(味風香)の枝の状態については申し分ないそうです。

この品種は寒冷地では通常はマルチ栽培なので、露地栽培でこの丈の長さは見事です。しっかり防除もされていました。

すでに着莢していましたが、花の着き方にばらつきがあり、収量減になるそうです。

原因は少雨などの天候による影響が大きかったということでした。

Kimg1532540x960

栽培講習会のあとに種苗会社から液肥をもらいました。

この液肥を葉面散布することで①開花のばらつきを減らし②着莢数も稼げて③収量増を見込めるそうです。

という種苗会社の宣伝でしたwww

2019年7月20日 (土)

稲こうじ病の防除、枝豆の中耕・除草

今日は天気の良い一日でした。

最高気温は27℃、風が無く農作業していてとても蒸し暑かったです。

Kimg1533540x960

朝5時から稲こうじ病の防除をしました。

上下合羽でサウナスーツ状態www

防除に使ったZボルドー粉剤は出穂20~10日前までに散布します。

Kimg1534540x960

ここは家から一番遠い田んぼです。

毎年、ここの北側だけ稲こうじ病に罹ります。

ちなみにJA出荷の場合、稲こうじが1個でも混入すれば一緒に出荷した全袋が戻しをくらいます。

それだけ稲こうじは厄介なんです。

我が家は全量JAカントリー出荷なのでちょっとくらい混入しても大丈夫だと思いますが、あまりに稲こうじが多いとJAから言われるかも知れませんね。

Kimg1529960x540

同じ田んぼです。

田植機が故障した場所は、トラクターで引っ張ってもらったときに深くなってしまいました。

それでも中干し後はぬかるみも解消しました。

3株だけ植わっているのは流れてきた苗が定着したものです。

わざと植えたモノではありませんwww

Kimg1535540x960

稲こうじ病の防除のあとは枝豆の防除をしました。

今回はいつも使っているリン酸入りの液肥ではなくアミノ酸入りの液肥を葉面散布しました。

着莢している株は食味向上、開花時期の株は着莢数を増やすことが目的です。

その後、枝豆の中耕、除草をしました。

中耕は根に空気を入れてやるイメージでやっています。

硬い土よりは軟らかい土の方が枝豆も喜ぶんじゃないかと思います。

雑草も中耕することでキレイになりました。

来週前半に雨が続きそうなので、その前に終われて良かったです。

2019年7月18日 (木)

田んぼの中干し終了、入水

今日は薄曇りの天気でした。

ほとんど風はなく、気温も29℃まで上昇しました。

とても蒸し暑かった。

我が家の田んぼは昨日で中干しを終了し入水を始めました。

入水は昨年より10日早いです。

Kimg1515540x960

今年から作付けしている田んぼは密苗もどき。

稲はほかの田んぼと遜色なく分けつ、開帳しています。

Kimg1516540x960

中干し期間中は天気が良かったので、しっかりと中干しできました。

これで秋の稲刈りは大丈夫です。

スチューベンと巨峰の様子

ほぼ放ったらかし状態のスチューベンです。

逞しく元気に育っています。

Kimg1522540x960

葉っぱが凄いことに。モサモサ感がハンパない。

光合成してたくさん栄養作ってくれ~~~

それから天井に這わせている枝も随分と伸びました。

これじゃ枝垂れブドウだねwww

Kimg1521540x960

すごい鈴生りのスチューベン。

いい感じです。

Kimg1519540x960

少数精鋭の巨峰は果実も大きく丸くなってきました。

どうなるのか楽しみ。

湯あがり娘の着莢

湯あがり娘の播種1回目は7月2日に開花しました。

雨が少なかったせいか生育は1週間遅れ。草丈は短いです。

それでもお盆前には収穫できそう。

Kimg1524960x540

同じく湯あがり娘の播種2回目は7月9日、3回目は7月16日に開花しました。

こちらは、ハトの食害にあったことと少雨のために、生育は10日くらい遅れています。

収穫はお盆後になりそう。

Kimg1523540x960

湯あがり娘の播種1回目に着莢しました。

草丈が短いので1株あたりの着莢数は少ないです。ザンネン。

Kimg1526960x540

こちらは、5月28日に播種した在来毛豆です。

どの枝豆よりも立派な姿です。

基肥を入れ過ぎたため後々の管理が大変そう。

2019年7月16日 (火)

海の日は家族で小旅行へ

ここ最近、日中の気温は25℃前後なのに、夜中から朝方にかけて涼しい日が続いています。

農作物にとってはあまり宜しくはないですね。

 

で、昨日の6月15日は海の日でした。

海の日にちなんで家族小旅行で本県日本海側のリゾート施設へ行ってきました。

思いっきり近場ですwww

Kimg1508540x960

広大な施設の敷地内にコテージが12~3棟あります。

今回は、その中でも海が見渡せるコテージに泊まりました。

子供たちもすごい大喜び。

父さんの株は急上昇⤴⤴⤴

Kimg1509960x540

2日間とも天気は良くて海は穏やかでした。

夕方、日本海に沈む太陽は本当に見ごたえがありました。

ずっと眺めていても飽きませんね。

Kimg1513960x540

早朝は日本海を望む展望風呂を満喫しました。

 

今回の小旅行は、日常生活を離れ、疲れを癒すことが出来ました。

また来たいな~

2019年7月13日 (土)

ほかの農家さんの米を食べる

ちょっとした計算違いで自家消費米が底をついてしまいました。

毎年、米の収穫前にJAカントリーから注文票が来ますが、去年は長男が独立して生活を始めたことや家族の高齢化などを考えて少なめに注文したのがその理由。

本当に米農家として恥ずかしい (>_<)

それでも稲刈りまでの2ヵ月間を凌げば何とかなりそうなので、この機会に他の農家さんのこだわりの美味しい米を食べようと思いました。

とは言っても、ネットで購入する他県のブランド米だと美味しいけれど何か違う感じがしたので、今回は県内の農家さん限定、それも単一農家さんのお米に限定することにしました。

そこで、県内でも良食味の米を生産している中南黒地区を探してみました。本当は我が家と同じ地区にしたいところですが、正直な話、食味に関しては中南黒地区には敵わないと思っています。(研修先の親方も中南黒地区)

それで、まず、中南黒地区の集落を徘徊して探してみることに。何カ所か米直売の看板が立っていましたが、看板からはこだわりの美味しい米を販売しているのか判然としませんでした。この地区で看板を出しているということはたぶん美味しい米を作っている農家さんだと思いますが、ちょっと訪ねる勇気がありませんでした。

次に、中南黒地区の道の駅にある直売所に行ってみることにしました。

直売所では地元の農家さんたちが作った野菜やリンゴジュース、漬け物などの加工品がたくさん売られ、米も数種類あって、各々の農家さんがポップでいろいろアピールしていました。

Kimg1504960x540

その中から選んだのは、自然栽培米でもなく、有機無(減)農薬米でもなく、アピールポイントは自然乾燥のみのつがるロマンです。

袋をよく見ると、自然乾燥「う」米になっていました。う米=美味いに掛けているので、自分と同じ中年の農家さんなのかなwww

選んだ理由は、いろいろゴチャゴチャとアピールせずシンプルなところ。

それにしても、農家直売の白米10kgが3,500円(税込)とは安すぎですね。

 

で、買ってきた自然乾燥「う」米を普通の炊飯器で炊いて普通に食べてみました。

食べてすぐ分かるくらいシンプルに美味しかったです。

口に入れた瞬間の風味も程良い粘り気もちょうど良い感じ。

これで慣行栽培だったらスゴイです。

ほんと美味しかったな~

今さらですが、自分もこういう美味しい米作りをしたいと思いました。

【追記 7/14】

今回購入した自然乾燥「う」米(つがるロマン)の農家さんは、平成30年度あおもりの旨い米大会つがるロマンの部でグランプリを受賞されているスゴイ方でした。

そのことを知らないで食べて素直に美味しかったということは、本当に美味しい米作りをしているんだと思いました。

この大会では研修先の親方も特A米青天の霹靂の部で準グランプリを受賞されました。

中南黒地区のレベルは高いです。

2019年7月11日 (木)

ウィングモアの刈刃交換

ウィングモア(畦草刈機)の刈刃を交換しました。

Kimg1500540x960

前回の交換は2年前。

刈刃の状態は本体側、法面側とも減りがひどいです。

Kimg1501540x960

刈刃2組はネット購入しました。

アイウッド フリーXモア350用替刃 標準タイプ

本体4,160円+送料880円(いずれも税込)

Kimg1502540x960

取り外して比べてみると減り具合がわかります。

このくらい減っていると、筋状に刈り残し跡が出来ます。

面倒臭がらずに早めの交換を心掛けたいです。

Kimg1503540x960

交換後。刈刃のオレンジが映えます。

新品に交換して気分サッパリ。

2019年7月 8日 (月)

畦草刈機の修理

枝豆の刈り取りに使っている畦草刈機の修理をしました。

今回は、バリカンが全く動かなくなったので、エンジン駆動部とバリカンを連結しているベアリングを取り外してみました。

この修理自体は昨年10月頃からほったらかしにしていたもので、いつかやろうと後回しにして9ヵ月が経ちました。

Kimg1493540x960

下皿のネジを外し、さらにカバーのネジを外して中身を確認すると、案外単純な構造でした。

Kimg0879540x960

確認してみると駆動部分の各ベアリングの球が磨り減って抜け落ちて駆動軸が空回りしていました。

そこで、前にネットで購入していたベアリングの球と交換することで直るのではないかと。

Kimg1494540x960

この手の草刈機はリコイルスタータを引く前にプライマリポンプで燃料タンクからキャブレタ側にシュコシュコと燃料を送ります。

が、しかし、プライマリポンプは経年劣化で大きなヒビが入っていて燃料の吸い上げが出来ませんでした。

※写真左が交換後(透明なもの)で右が交換前

これだとエンジンを掛けられず、動作確認ができません。

早速、近所の農機具屋さんでプライマリポンプを購入。

お値段は、ナント1個800円。高っ!!

このほ乳瓶の乳首みたいなモノが800円とは・・・

Kimg1496540x960

ということで、ベアリング、プライマリポンプを交換して何とか動くようになりました。

2019年7月 5日 (金)

水田雑草にバサグラン散布

今日は薄曇りで気温24℃と過ごしやすい一日でした。

中干しを始めてからは、雨が降ったり止んだりの天気です。

Kimg1490540x960

今年から作っている田んぼです。

4枚続きの田んぼですが、いずれの田んぼも用水口あたりに水田雑草のオモダカが目立ってきました。

父親の話だと、用水口あたりに集中するのは、オモダカの実(種子)が用水路を流れ、田んぼに入ってくるためらしいです。

一旦田んぼに入ったオモダカの実は、その大きさはまちまちで、各々の発芽時期が微妙に違ってくるので、初期除草剤や一発除草剤の効力が切れたころに発芽することもあります。

ほんと厄介です。

Kimg1491540x9601

赤丸で囲んだところがオモダカです。ちょっと分かりにくいですね。

生長すると白い花を咲かせ菱形の実を付けます。

コンバインで稲刈りした時にオモダカも巻き込むので脱穀部の詰まりの原因にもなります。

Kimg1489540x960

JAからオモダカに効くバサグラン粒剤を買ってきました。

湿った土壌に直接散布します。

だいたい4日くらいでオモダカは枯れ始めるそうです。

中干しが始まった今の時期は散布するにちょうど良い感じかな。

2019年7月 4日 (木)

巨峰の果粒

巨峰の果粒が膨らんできました。

が、丸くなく、相変わらずラグビーボールみたい。

ちゃんと丸くなるのかな?

Kimg1487540x960

2019年7月 3日 (水)

田んぼの中干し

昨日から田んぼの中干しに入りました。

Kimg1484960x540

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »