« ビニールハウスの養生 | トップページ | 枝豆用の除草剤散布機 »

2018年4月14日 (土)

リコイルスターターの紐を交換

農機具ではお馴染みのリコイルスターター。

エンジンを始動するためにグイッと紐を引っ張るもので、耕耘機、刈払機、ポンプ、動噴、動散etc、いろいろなモノに使われています。

エンジンの調子が悪くて何回も引っ張った経験のある農家さんは多いはず。そんなときに紐はよく切れます。

もちろん紐も経年劣化するし消耗品なので、時期を見て交換しないといけないのですが、ウチでは100%切れてから交換するハメになります。まだまだイケると思っているから。

なので、悲劇は急にやってきますwww

で、今回はポンプのリコイルスターターの紐が切れたので交換してみました。

Kimg0295540x960_2

ポンプ本体。リコイルスターターのカバーを外した状態。

Kimg0297540x960 Kimg0301960x540_2

外したリコイルスターターのカバー。内側の丸いところがリールになっていて紐が巻き付いています。その紐を取り除いて新品のモノを巻き付けます。紐はホームセンターで120円くらい。

Kimg0303540x960

リコイルスターターに紐を巻き付けた状態。カバーの紐通し穴を通してさらに取っ手に通す。

Kimg0304540x960

カバーを元に戻した状態。リコイルの引きしろの状態を見ながら余った紐を切る。

結構、単純な構造なので短時間で交換できました。

« ビニールハウスの養生 | トップページ | 枝豆用の除草剤散布機 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リコイルスターターの紐を交換:

« ビニールハウスの養生 | トップページ | 枝豆用の除草剤散布機 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

いいね!ランキング

  • 白戸さんち - にほんブログ村
  • PVアクセスランキング にほんブログ村