フォト
無料ブログはココログ

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月30日 (月)

枝豆畑の耕起、赤色メーカーの・・・

晴れのつがる市でした。

日中の気温はなんと24℃!!ま、今日はトラクター作業でエアコンをガンガン効かせていたので問題なしです。

Kimg0351540x960

で、去年から借りている田んぼを今年から枝豆畑にするために耕起しました。一応、秋打ちした田んぼでサブソイラも掛けていたので超乾燥状態。トラクター作業は超低速で2,200~2,300回転、PTOは回転を一番速くしました。100メートルあたりの作業時間は15分。遅っ!!歩いた方が速いくらい。

Kimg0352540x960

ホント作業スピードが超低速ですごく退屈だし、昼ご飯食べて眠いし、なのでラジオを聴いたり、まわりを見たりして気を紛らわせるのに一苦労でした。

我が家の田んぼの目の前に赤色メーカーがあります。倉庫の前に格好いいトラクターが並んでいました。オレンジ色ユーザーの自分に対する“買ってもらいたい”アピールなのか。確かに欲しいけど買えません。ましてフルクローラーなんて絶対買えません。ということで目の保養だけにしましたwww

2018年4月29日 (日)

用水堰掘り再び

天気の良いつがる市です。

先週に引き続き、今朝は用水堰掘りの第二弾でした。参加者は5名で途中の枝分かれから4名になりました。

まずは市街地を流れる用水路の泥上げから。ここは生活排水が流れ込みすごくヘドロ臭くて気持ちがゲンナリします。おまけに去年にくらべて堆積した泥がすごい。その重さで肩がとれそう~。体力ゲージは徐々に減ったものの途中休憩で水分補給しやや回復。

その後にそれよりも大変なところが待ち構えていますが・・・

Ca3i0903

その大変なところはカヤが群生し用水堰までその根っこが入り込んでいます。写真は去年のもの。すごく難儀したのでやる前から気持ちはブルー★

Kimg0349540x960

それが、なんということでしょう。カヤは刈られて重機できれいに泥上げされていました!!らっきー☆ミラクルが起きました!!

詳しいことはわかりませんが、たぶん写真左の地主か誰かが施したものではないかと推察されます。夕方まで掛かっていた作業が午前中で終わりました。

これで今年の泥上げはすべて終了。

参加したみなさん、お疲れ様でした。

2018年4月28日 (土)

3万9,154歩

天気の良かったつがる市です。

ここ2~3日は風がとても強く、徐々にですが田んぼも乾いてきました。

今年からスマホの万歩計アプリを使っています。どのくらい歩いたのか(歩けるのか)毎回楽しみながら田んぼの中を行ったり来たりしてました。

で、田んぼの基肥散布をした4日間の総歩数はナント3万9,154歩でした。

この歩数を距離に換算すると約30kmなんだそうです。スゴイ!!

Kimg0345540x960

今年もたくさん歩いたなぁ。まだまだいけそうwww

基肥散布した田んぼは父がトラクターで耕起しました。あとは代かき水が来るのを待つだけです。

Kimg0347540x960

庭のさくらんぼ(佐藤錦)の花が咲きました。

木が大きくなりすぎたので、春先に思い切って剪定しました。10年くらい手入れしていなかったので、高さは家の二階までありました。

Kimg0348540x960

2018年4月25日 (水)

ヒロシです16 飼い犬あるある

ヒロシのご飯はカリカリフードと缶詰のシーザーです。

このシーザーはヒロシの大好物。でも毎日あげるとなると家計を逼迫させることにつながるので、今回からホームセンターで売られている安モノの缶詰をあげることにしました。

がしかし、まったく食べようとしません。口も付けてくれません。何か訴えかけるような目でこっちを見てきます。慣れというのもあるけど、ヒロシにとって安モノの缶詰は不味いんだろうな。味の移ったカリカリフードも食べないくらいだから。

ヒロシからしたらお仕置きをされたぐらいのショックかも。

Kimg0342540x960

今回は安物買いのなんとやら。代表的な飼い犬あるあるでした。

2018年4月24日 (火)

弘前公園の夜桜

農作業終わりに、家族で弘前公園を観桜してきました。

園内の桜はほぼ満開。今年もすごくキレイに咲きました。

子供たちは桜より出店が気になるようでした。個人的には初めて食べた苺飴の美味しさに衝撃を受けました。今さらですがwww

Kimg0334540x960

護国神社付近。

Kimg0335540x960

西堀の桜トンネル。人気のスポットです。

Kimg0338540x960

北門(亀甲門)のお堀に映る夜桜。

時間の経過とともにいろんなコントラストの桜を楽しめました。

2018年4月23日 (月)

水稲苗の様子(播種16日目)

薄曇りのつがる市です。

この前までパヤパヤだった水稲苗ですが、好天続きで一気に緑化も進みました。

Kimg0332540x960

ビニールハウスのサイドの苗箱は、いつもであれば生長が遅れて隣の苗箱と入れ替えをしていますが、今年は必要なさそうです。

播種前に催芽籾を寒締めしたことが奏功したのかな。

催芽後は冷水で締める(2018年4月4日)

http://shiroken6818.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/post-53df.html

で、今日も田んぼに基肥を散布しました。万歩計は8,700歩でした。

明日、明後日の天気は雨のようです。

久し振りに休めるかな。

2018年4月22日 (日)

用水堰掘り、田んぼの基肥散布

晴れのつがる市です。

昨日は気温が24℃まで上昇し、桜の開花も一気に進みました。弘前公園の上空ではブルーインパルスが飛んだそうですが、あいにく風が強くて空のアートはうまくいかなかったみたい。それでも観たかったな~~~

で、今日は早朝から春先恒例の用水堰掘りに参加しました。

Kimg0328540x960

参加者10人で約1時間。今年は参加者がやや少なかったです。参加者の多くは70歳オーバーで、10年後には誰もいなくなるかもと憂いている方もいました。

Kimg0329540x960

用水堰掘りから帰って、すぐに田んぼの基肥散布に取りかかりました。またまた天気予報に雨マークが付いたので、とりあえず乾きにくいところ1ヘクタールだけ。散布したそばから父がトラクターで耕起していきました。グリーンサンパーで2時間半フリフリ。スマホの万歩計で1万5,000歩以上。よく歩きました。

Kimg0331540x960

農作業のあとはコンビニのカフェラテでクールダウン。

これレギュラーサイズじゃなく“メガ”サイズで量が2倍!!

健康のことを考えてガムシロップ抜きで。

難なく一気飲みしましたwww

2018年4月20日 (金)

畦塗り、田んぼ乾かず一時中断

晴れのつがる市でした。

日中、風はあったものの、気温がグングン上昇しました。

で、久し振りのトラクター作業は田んぼの畦塗りをしました。暑かったのでエアコンを効かせながらやりました♪

Kimg0323540x960

ここは今年から枝豆畑にするところ。畦塗りで草刈り1回分お得っ!!

真っ直ぐな畦畔は苦手。ところどころ雑念が入りグネグネwww

Kimg0324540x960

逆に変形田の畦畔は塗りやすい。誤魔化しが効きますからwww

今日は朝から夕方まで約2.3ヘクタール分を塗りました。しかし、乾いていない田んぼが多くて作業に時間は掛かるし、ぬかるんでまったくダメダメの田んぼもあり、1.3ヘクタールを残して一時中断となりました。トラクターがはまって脱出したところは田面がメチャクチャです。ちゃんと確かめてからやれば良かったなー。

今年は春先の天気は平年に比べて穏やかな気がするのですが、田んぼの乾きがすこぶる悪くて変な年だな~、と。

(おまけ)

『12345』

軽トラのメーター。残り5㎞地点で気付きました。

メーターが揃うまではドキドキしながらの運転www

区切りが良い数字とかゾロ目とか好き。

ちょっと幸せ☆☆☆

Kimg0326540x960

2018年4月19日 (木)

水稲苗の様子(播種12日目)、溝掘り

薄曇りのつがる市でした。

で、今日は平置き加温中の苗箱に被せているシルバーポリトウを撤去しました。

去年より3日遅いです。

Kimg0320540x960

今年は播種後の天候が悪かったのでどうなるものかと少し心配していました。それでもここ2~3日は気温も高かったおかげで、全体の80%以上発芽しました。バンザ~イ!!

今週末は良い天気が続くので残りも一気に発芽、緑化できたらいいな~☆

それと今年から枝豆畑にする田んぼの畦際とビニールハウスと接する畦際をパワーショベルで溝掘りしてもらいました。パワーショベルはレンタルで1日22,000円(運搬費含む)。

Kimg0318540x960

パワーショベルのオペレーターは父にお願いしました。昔取った杵柄、このくらいはお手の物。以前はもっと大きなパワーショベルを操縦していたので、このミニショベルだと物足りなかったみたいですwwwすごく楽しそうに操縦していました( ^ω^ )

Kimg0321540x960

半日で100メートル×3本。あっという間です。去年は隣の田んぼから水が染みてきてビニールハウスの中が大変な目に遭ったので、これで安心できます。

2018年4月17日 (火)

枝豆用の除草剤散布機

晴天のつがる市でした。

先週末の雨で田んぼ作業ができなかったので、来月から稼動させる枝豆用の除草剤散布機をお試しでトラクターにセットしました。

中古の整地キャリア落札(2018年3月9日)

以前、ヤフオクで落札した整地キャリアに動噴と ラウンドノズル、ローリータンクを組み合わせました。新たに買い足したのはラウンドノズルのみ。ほかは今まで使っていたものを流用しました。

Kimg0317960x540

整地キャリアに動噴を積むことによりローリータンクのスペースが足りません。なので側面のあおりを外しました。

ただし、今の500リットルタンクに除草剤を入れると車体のバランスが崩れるのも必至(もちろん満タンは無理)。整地キャリアからはみ出さない200リットルくらいのローリータンクならちょうどよさそう。

で、散布(除草剤の代わりに水を使用)してみましたが、動噴とラウンドノズルを接続する金具(ニップル)が合わず、そこから水漏れしたため100%の力を発揮できませんでした。厚めのパッキンかシールを噛ませると良いかも。それでも17箇所ある噴口すべてから散布できました。

ラウンドノズルの散布幅が550センチなので、一気に10条分(条間60センチ)の散布が可能になります。

これで作業の省力化が期待できます。

2018年4月14日 (土)

リコイルスターターの紐を交換

農機具ではお馴染みのリコイルスターター。

エンジンを始動するためにグイッと紐を引っ張るもので、耕耘機、刈払機、ポンプ、動噴、動散etc、いろいろなモノに使われています。

エンジンの調子が悪くて何回も引っ張った経験のある農家さんは多いはず。そんなときに紐はよく切れます。

もちろん紐も経年劣化するし消耗品なので、時期を見て交換しないといけないのですが、ウチでは100%切れてから交換するハメになります。まだまだイケると思っているから。

なので、悲劇は急にやってきますwww

で、今回はポンプのリコイルスターターの紐が切れたので交換してみました。

Kimg0295540x960_2

ポンプ本体。リコイルスターターのカバーを外した状態。

Kimg0297540x960 Kimg0301960x540_2

外したリコイルスターターのカバー。内側の丸いところがリールになっていて紐が巻き付いています。その紐を取り除いて新品のモノを巻き付けます。紐はホームセンターで120円くらい。

Kimg0303540x960

リコイルスターターに紐を巻き付けた状態。カバーの紐通し穴を通してさらに取っ手に通す。

Kimg0304540x960

カバーを元に戻した状態。リコイルの引きしろの状態を見ながら余った紐を切る。

結構、単純な構造なので短時間で交換できました。

2018年4月13日 (金)

ビニールハウスの養生

天気は良かったですが、風が強くて冷たかったつがる市です。

15日(日)の晩から風が強くなるということで、今日はビニールハウスの養生をしました。

Kimg0311540x960 Kimg0310540x960

まず褄面にネットを張りました。ここがめくれて風が入るのを防ぎます。ある程度はこれで強風対策ができると思います。マイカ線を締め直すのもお忘れなく。

Kimg0305540x960

次にビニールハウスの高いところに開いた穴を養生テープでふさぎます。ほとんど猛禽類やカラスの爪先でやられた穴です。写真はレーキの柄の先に養生テープを裏返してセットしたもの。今回はレーキを使いましたが長い棒状であれば何でも良いです。

Kimg0307540x960 Kimg0308540x960

それを穴めがけてドーン!!張り付いたら下方にずらして柄の先で撫でて終わり。あくまでも応急処置でビニールハウス内限定です。脚立に上らなくてもいいので楽です。

2018年4月 9日 (月)

枝豆の出荷申込み

JAに枝豆の種子注文と出荷申込みをしてきました。

今年から大幅に作付面積が増えたこともあり、JA担当者に相談しながら必要な種子の量を決定しました。

で、今年は3品種(JA部会では5品種推奨)81アール、種子量33リットル(約23.1kg)。播種は5月上旬から同月下旬にかけて7回を予定しています。それから収穫は8月上旬から9月下旬にかけて21回を予定しています。

注文した枝豆種子の値段です。

・湯あがり娘(3,775円/㍑)

・あおもり福丸(3,080円/㍑)

・あおもり毛豆(3,065円/㍑)

今年の規模は手もぎでやっていたときのMaxの3倍強となります。

どうなるのかは未知数。

ただ、すんごくワクワクしています。

2018年4月 8日 (日)

苗箱の平置き

今日のつがる市は天気予報大はずれの嵐のような一日でした。

朝から断続的な雨が降っていたかと思えば風雪に変わり、さらにお日様が陽を差したかと思えばまた風雨が強まったり。作業をしていて体がおかしくなりそうでした。

で、昨日播種した苗箱をビニールハウスへ運び入れ平置きにしました。ビニールハウスの中は汗ばむくらいの暖かさで外の世界とはまるっきり真逆。

Kimg0292540x960

家族のおかげで今年の播種も何とか無事に終了できました。

気分サッパリ!!

あとは田植えまで約35日間の管理になります。

家族総出で種籾の播種

風雨の強かったつがる市です。

昨日は「春の大仕事」の種籾の播種をしました。大荒れの天気で作業には厳しい一日でしたが、週末でないと人員が揃わないので強行しました。

それでも両親と奥さん、自分の4人で朝から夕方まで何のトラブルもなくやり通しました。これで苗箱1,200枚の出来上がり。みんな寒さに耐えて頑張った~☆

Kimg0283540x960 Kimg0285540x960 Kimg0284540x960

毎年、播種作業は定位置の持ち場でやっています。他愛のない話をしながらやっているので時間が過ぎるのもあっという間。で、両親は「毎年、種蒔きの日は寒くてね~」なんて言ってましたが、調べてみると去年も一昨年も天気が良くて農作業日和でしたよw

今年は作業の効率が上がるように作業の動線を良くしたりいろいろ工夫をしています。紹介できるほどの内容ではないのでここでは割愛しますがw

種籾の播種も終わったし、あとはビニールハウスに苗箱を並べるだけ。

2018年4月 6日 (金)

冬に逆戻り

雪のつがる市です。

明日の播種に向けて苗箱を揃えたり播種機をセッティングしたり。

屋内作業だけど寒かった~

冬に逆戻りした感じ。

Kimg0280540x960

播種準備

昨日は風の強かったつがる市です。

週末の種籾の播種に向けて、ビニールハウスとかの準備をしていました。

Kimg0275540x960

シートと通路帯を設置しました。設置するときのシートの重さは加齢のせいか年々体に堪えてきています。就農以来9年使っているシートは汚れがすごいなぁ。

Kimg0276540x960_2

去年から使っている育苗ハウスは全面に防草シートを設置し、その後散水して湿度を高めておきました。この日の外気温は5℃、育苗ハウス内は20℃超え。差がすごすぎる。

Kimg0279540x960 Kimg0278540x960

それから催芽した種籾を脱水しました。播種まで3日あるので軽めに3分くらい。家庭用の洗濯機を使っているので1度に1袋ずつ。この日は20袋で所要1時間でした。

Kimg0274540x960

作業の合間のコーヒータイムはコンビニのカフェラテをテイクアウト。カップも桜の春仕様でした。インスタやったことないけどインスタ映えする~☆

2018年4月 4日 (水)

催芽後は冷水で締める

昨日から種籾の催芽を始めました。

当初は面倒だとか何とかと言ってやらないつもりでいましたが、まわりの意見を聞いてやることにしました。案外、基本に忠実なんですw

Kimg0273540x960

種籾は水温32℃に設定して約20時間で出来上がり。お湯を足していったん初期水温を34℃まで上げてから種籾袋を入れてみました。ただし種籾袋を入れると水温は29℃まで下がり、結果的に18時間で仕上がる予定のところを2時間オーバーしました。

Kimg0272540x960

催芽後の種籾を10℃以下の冷水で締めています。

これは種籾を寒さに慣れさせることで、播種後の発芽を揃える狙いがあります。ほかの農家さんで雪や氷を入れて寒締めしている方もいるそうです。その受け売りですw

急きょやってみることにしましたが、果たしてどうなることやら。

Kimg0271540x960

今朝から肌寒い雨模様の天気で、昼過ぎからみぞれが降り出しました。屋根にもうっすらと積もりました。風邪を引かないよう体調に気をつけたいです。

2018年4月 3日 (火)

ビニールハウス張りなど

一昨日は早朝からビニールハウス張りをしました。

前日までの強風がウソのように風のない穏やかな天気でしたが、夕方から雨が降るということで父親と一緒にバタバタと3棟やっつけました。急ぎ仕事だったので、特にビニペットやマイカ線の作業は指先が痛くてしんどかったです。

Kimg0268540x960

ビニールを張り終えて間もなくして雨が降ってきました。とりあえず週末予定している播種に間に合ってよかった~☆

で、昨日は早朝から業者が苗床に使う焼土を持ってきたので、作業小屋にせっせと搬入してました。

Kimg0269540x960

焼土は4トン車1台、2トン車1台で8バケット分あります。苗箱に換算すると床土+覆土で1,200枚分、値段は運賃込みで75,300円でした。

今までは焼土を作業小屋に直接搬入していましたが、今年は近所の農家さんをマネして肥料袋に入れてから搬入してみました。肥料袋に土を詰める作業は先が見えなくて気が遠くなりそうでした。ただ播種作業の土入れはスコップや箕(み)を使うより効率が上がりそうです。

それと苗箱500枚分の床土にいもち病や苗立枯病などに効果のある殺虫殺菌剤を混和しました。値段がお高めなので全部には出来ませんが、これを入れると稲の生育も良くなるそうで、実際に使っている農家さんの評判も良かったのでお試しでやってみました。久し振りに混合機でまぜまぜ作業もしました。

ここ3日間は天気に恵まれて農作業も捗りましたが、明日から週末にかけては雨マークや雪マークもちらほら出ているようです。

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »