フォト
無料ブログはココログ

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月31日 (土)

枝豆栽培“やや拡大”に向けて始動

昨日は薄曇りで風の強いつがる市でした。

黄砂がハンパないです。目のかゆみ、鼻水・・・しんどいなぁ

で、今年から急きょ、枝豆の栽培面積を拡大するにあたり、必要な農機具の見積もりをメーカーにお願いしてきました。

とりあえず、今まで人力でやっていた播種と脱莢(もぎとり)を機械化することを検討。それで播種には中耕・培土もできる管理機、脱莢には動力脱莢機がいいんじゃないかと。ま、拡大といっても田んぼの生産調整分なので我が家の規模で最大1.8ha、農機具もそんな大それたモノは必要ないかなって。

それでも概算は2つで100万円超えなんだもの。農機具ってホント高いなぁ。メーカーの人は販売台数が少ないからだって言ってたけれど・・・ホント高いなぁ~~~

枝豆がうまく行ってチョチョイってな感じで払えたらサイコーなんだけど。

Img_index_01_pc Img_attachment08_17

汎用管理機(中型)YK650MK

Product_mame0103ke6

動力脱莢機 モギトール KE-6型

2018年3月29日 (木)

トラクターのアタッチメント~整地キャリア

曇り空のつがる市です。

昨日より気温は5℃低いそうですが、過ごしやすいことに変わりはありません。暑くもなく寒くもなく、農作業にはちょうど良い天気でした。

で、今日は先日ヤフオクで落札した整地キャリアをトラクターに装着しました。

Kimg0264540x960

さて、これを何に使ってやろうかと考え、家に余っているモノを使ってこんなことをやってみました。

Kimg0259540x960

この名前を知らないコンクリートの板というかフタですが、これ1個で50~60kgはあります。以前は人力で引きずっていましたが、腰痛持ちにはキツイので整地キャリアで運搬することに。

Kimg0262540x960

運んだ先は育苗ハウス前の側溝。たった10メートルの距離ですが、とても楽ちんでこれだけでも整地キャリアを買った甲斐があったというもんです。

Kimg0263540x960

で、コンクリートのフタの上に砂利を運んで平らにしておしまい。ダンプのような使い方ができるので便利です。

本当に使い勝手が良く、予想を遙かに超える“お値段以上”でした。

今、ウチにあるトラクターのアタッチメントは、ロータリー、代かきハロー、高畝成形マルチャー、サブソイラー、畦塗り機と整地キャリア。

今さらですが、トラクターっていろんな作業が出来てすごいな~☆

2018年3月28日 (水)

今年は催芽しなくても大丈夫なんじゃね?

今日も天気の良かったつがる市です。

ただ風が強くて黄砂がすごかった。車は真っ白け。

今日は昼過ぎに種籾の水を交換しました。水の交換も3月12日の浸種開始から4回目なので単純に4日に1回の頻度。

で、今日は特に水が温くてゴム手袋をしなくても冷たくありませんでした。積算水温も今月中で100℃を超えるでしょう。播種の予定が4月7日なので催芽をしなくても大丈夫そう。過去にも1回だけビニールハウス倒壊という非常事態発生で播種を延期したことがありまして、この時は浸種期間40日、催芽なしで播種しました。その後は天候に恵まれて播種から8日で全体の80%が出芽しました。

ま、播種後はシルバーポリトウべた掛けの平置き加温なので、天候次第で出芽の遅れもあるので催芽無しは冒険といえば冒険ですが。

催芽機自体が就農当初のままで容量が小さく1度に60kgしかできないので、4回転させなければならないのが悩みと言えば悩みなんですけど。それでも、しっかりと約1ヵ月浸種させているので、1回につき18時間を4日間頑張れば何とかなるんだけど。去年はその方式で3回転やりました。

播種まで10日あるので、ほかの農家さんにも聞いてみようかな。

ただ単に面倒でやらないだけだと思われそうで、「馬鹿じゃないの?」って言われるのがオチかも。

気持ちの半分は面倒だと思っているんだけどさwww

Kimg0258540x960

2018年3月27日 (火)

快晴!!ビニールハウス修繕

快晴のつがる市でした。

気温もグングン上昇し、なんと最高気温18℃!!暑かった~~~☆

で、今日はビニールハウスの修繕と補強作業をしました。

Kimg0256540x960

ビニールハウスのくるくるビニール(農PO)を新調しました。

一昨年からくるくるのパイプが折れてビニールが途中までしか上がらない状態でしたが、つっかえ棒を使ったりして修繕していませんでした。でも、すこぶる使い勝手が悪く、重い腰を上げた次第です。

ビニールは余裕をもって1メートル多く注文しました。それでも張っていくウチに少しずつたるみの部分が積もり積もってギリギリの長さでした。もう少し余裕があっても良かったかも。

Kimg0257540x960

最後は、くるくるで巻き上げたときに高さが均一になるように調整して終了。これが意外に難しいです。

今日は天気が良く、また風が無かったこともあり、近所ではビニールハウスのビニール掛けをしている農家さんが多かったです。

ウチでは例年通り4月初旬を予定しています。

久し振りに1日いっぱい外作業をしたので体の疲れがひどいです。

2018年3月26日 (月)

仙台家族旅行

先週末、家族で仙台1泊2日の弾丸旅行へ行ってきました。

それぞれの日程合わせが上手くいかず、こんな短い期間での旅行は初めてのこと。なので近場で意外と穴場な仙台となりました。もちろん車での旅です。

Kimg0235540x960_2

道中はとても良い天気でした。

途中のサービスエリアから超キレイな岩手山が望めました。

Kimg0252540x960

で、宿泊したホテルは昨年オープンしたばかりの仙台駅直結のところです。駅の東口、西口のどちらにも利便性があり、駅ナカでのショッピング、食事にはエレベーター1本で行けます。とてもオススメなホテルです。 また泊まってみたい。

Kimg0247540x960

部屋からの景色はサイコー!!駅の東口から仙台港へ向かって真っ直ぐ伸びる通りが堪らない。これだけでも普段の生活にはないシチュエーションで興奮する。ずっと見ててもいいくらいだね。

Kimg0236540x960

子供たちのリクエストに応えて仙台港の近くにある水族館に行ってきました。たくさんのお客さんで賑わっていました。大きな水槽のイワシの大群は見物です。

Kimg0242540x960

個人的に壺に入るアナゴがツボでしたwww

キモカワッ!!

Kimg0251540x960

夜は仙台市民に一番人気らしい牛タンのお店へ。本当に人気らしく行列に並ぶこと30分で入店できました。厚みのあるやわらか牛タンに生ビールがサイコー!!なんと子供たちは牛タン1.5人前をペロリ。食べ過ぎだ~~~www

滞在時間は実質24時間と短期間の家族旅行でしたが、いいホテルに泊まって、美味しいものを食べて、家族みんなから「楽しかった~!!」と絶賛でした。

2018年3月24日 (土)

農閑期のアルバイト終了

昨日で農閑期のアルバイトが終わりました。

11月から約5ヶ月間でしたがあっという間という感じでした。役所系の仕事で専門的な知識が必要なところもありますが、とてもやりがいのある仕事だったので、縁があればまたやってみたいです。

ということで、来週からは農作業へシフトチェンジします。規模拡大した枝豆栽培のこともあるし、そろそろビニールハウスのビニール張りをしないといけないし。忙しくなりそう。

2018年3月18日 (日)

種籾の水槽を増やす

種籾の量に対して完全に水槽が容量不足だったので増やしました。

とは言っても、家にあったゴミ用ペール(80リットル)。もちろんキレイなものです。

ま、水が抜けなければ何でもいいわけで、プラスチックの衣装ケースを使っていた年もあったしwww

これでしっかり浸種ができます。

Kimg0230540x960_2

種籾の水交換は3日に1度。

あいかわらず水は冷たいです。

長男、祝卒業

先日、長男の専門学校の卒業式に行ってきました。

学校側では入学式を最初の授業、卒業式を最後の授業と位置づけており、学生達の最後の授業は感動的でとても立派なものでした。

長男は初めての一人暮らしで、勉強とアルバイトの両立は大変だったでしょう。

4月からは社会人としての生活がスタートします。

無理せず自分の信じる道を進んで欲しいです。

ガンバレ!!

卒業おめでとう~☆

2018年3月16日 (金)

マンサクの花ほころぶ

昨日は気温が20℃近くまで上がりました。

弘前公園のマンサクの花がほころんでいました。この花が咲いてから40日前後でソメイヨシノが開花するそうで、今年は4月23日前後になる見通しです。

Kimg0229540x960

写真の中にミツバチが写っていますがお分かりになるでしょうか。

春の陽気に誘われて動き出したのかも。しかし、今朝の気温はマイナスで日中も3℃くらいまでしか上がらない予想です。三寒四温にしては落差が大きすぎて体が変になりそう。

2018年3月13日 (火)

種籾の浸種~金魚のぶくぶく

昨日の夕方から種籾を浸種しています。

例年通り、金魚のぶくぶくをセットしました。

写真左は消毒中のものですが、種籾の網袋が背中を出していたので入れ方を工夫して、写真右のように全体が水に浸かるようにしました。

そもそも去年より種籾が増えたのに水槽がそのままなのが問題なんだけどね。今年はそのままスタートします。

ちょっと話は逸れますが、今年は種籾が増えたけれど作付面積が減ったので、苗箱1枚あたりの播種量を増やそうと思います。乾籾で40グラム増(催芽籾52グラム増)。

赤色農機メーカーの密播ではないけれど。

Kimg0218540x960Kimg0224540x960

2018年3月11日 (日)

長女、祝中学卒業

今日は長女の中学校の卒業式がありました。

泣かないつもりで臨みましたが、卒業証書を受け取る長女を見てウルッときてしまいました。年を取るにつれて涙腺が弱くなっているのを実感www

長女へ

よく頑張りました。

先生と友達に恵まれた3年間だったね。

卒業おめでとう!!

春作業開始~種籾消毒とか

昨日は種籾の消毒をしました。

米作りの第一歩!!

まず、種籾を計量して網袋に小分けします。

つがるロマン15kg→5kg入り3袋

まっしぐら180kg→6kg入り30袋

いつもは5kg入りですが、去年より種籾を30kg増やしたのに網袋を買い足すのを忘れたので、そのまま1kgずつ多く入れて間に合わせました。

Kimg0214540x960 Kimg0215540x960

次に、小分けした種籾を水槽に入れて消毒液に浸します。

消毒にはテクリードCフロアブルの200倍液を使用。この時期は水温が低いので24時間のところ48時間浸種します。今まで薬害はありません。ま、なんとなくやっています。

Kimg0218540x960 Kimg0219540x960

浸種した水槽には浴槽用のフタと毛布、カーペットを被せて保温しました。気温が上がってきたら外します。

Kimg0217540x960_3 Kimg0216540x960

毎年、種籾の消毒と浸種が始まると「あ~農作業が始まったんだな」と嬉しいような何とも言えない感じになります。

2018年3月10日 (土)

枝豆栽培講習会

昨日の午前中にJAえだまめ部会主催の栽培講習会がありまして、そちらに顔を出してきました。久し振りの講習会です。

講師には北海道の種苗会社の北東北3県担当の方を迎え、枝豆の品種別の特徴、栽培方法、収穫のタイミングなどの講義を受けました。東北では特に秋田県が県を上げて産地化を目指しているということでした。当地区は水田の生産調整のため枝豆を栽培しているところが多く産地化とまでは行きませんが、小規模でも収量を上げる栽培方法などの紹介もあり、とても有意義な講習会でした。

講習会終了後は他の部会員さんと情報交換しました。栽培期間中は部会員同士の接点が少ないので、どんな機械を使っているのか、どうすれば効率が上がるのかなど、根掘り葉掘り聞いてきました。我が家での喫緊の課題であるハトの食害は他の部会員さんのところでは少なく、かえってネズミの食害が多いということでした。また、小規模だからなのか我が家と同様に手作業が多く、思ったほど機械化していないのがわかりました。

中には50アール分の刈り取りを剪定鋏1つでやっている強者がいて驚きましたwww

2018年3月 9日 (金)

中古の整地キャリア落札

Kimg0210_2

ヤフオクで中古の整地キャリアを落札しました。

オークション終了間際に1度だけ値段が釣り上がりましたが、自分の設定範囲内だったので難なく落札。本体6.4万円+送料1.5万円。1つ前のタイプで使用感はありますが、再塗装され見た目はキレイ、溶接で補強もされていました。

整地作業のほかにも圃場内での収穫物や荷物の運搬、冬の除雪作業にも使えて便利ですが、今回落札した目的は枝豆の除草剤散布に使うためです。

Carriersamper2s

こんな感じで簡易的に使用するつもりです。写真のものはメーカーのモノでキャリア別の値段が約20万円。自分で工夫してやるとその半分の値段でできそう。見積もりは噴霧用のラウンドノズルが結構お高くて6~7万円、動力のダッシュポンプが3万円、除草剤を入れるタンクが1万円くらい。

ま、年に何回も使わないのでこんな感じです。

2018年3月 5日 (月)

生産調整の申し込み

昨日はJAに生産調整の申し込みに行ってきました。

本県の生産調整率は42.015%で我が家は約1.8haとなりました。

今年は枝豆と加工用米、互助金で申し込みました。加工用米はJAが独自ルートで出荷しているため値段は良いということで、その話に乗りました。

で、枝豆ですが、作付けを前年0.1haから0.8haに増やしました。0.3~0.4haくらいを考えていましたが、今後の農業を取り巻く環境を考慮すると今が転換期かと思いまして。数日前まではグータラおやじ的発言をしていたのにwww将来的には生産調整分の作付けを目指したいです。急にやる気が出ましたwww

JA担当者からは機械の導入が必要だと言われましたが、枝豆に使用する播種機や刈取り機、脱莢機などは思った以上に高額なので、取得方法をこれからいろいろ考えてみます。

2018年3月 1日 (木)

就農9年目

3月1日で就農9年目を迎えました。

毎年、いろんなことがありますが、なんとかやっています。

去年の今日は「30年問題」がどうなるか懸念していましたが、蓋を開ければ政府がやっていた生産調整は県が独自に算出した生産目標数量に代わり、今までと何ら変わらない状況です。当市の目標転作率は42.015%。(ほかの売り先がある農家さんには関係ない話だけど)

テレビニュースや新聞報道によると全国的に米の過剰作付けはないという話なので、米価の大幅下落は回避できるのかな、なんて思っています。

で、個人的には作付面積の増減もなく、田んぼを少し減らして枝豆を増やす計画で、そんな大それたものはありません。

そういえば、昨日のニュースで本県の青天の霹靂が特A米を取得したということで取り上げられ、研修先の親方がインタビューされていました。バイタリティのある方で未だ衰えず、頭が下がります。

現在、農閑期で農作業から離れてアルバイトの掛け持ち生活をしていますが、今月中旬には種籾の浸種が始まり、下旬からはビニールハウスや播種の準備と次第に農業モードにシフトチェンジしていきます。

就農当初は、それが待ちきれずワクワクしていましたが、9年目ともなると新しいことは億劫になり、できれば現状維持でという具合にグータラおやじ化が加速しています。

ま、健康でケガなく過ごせれば何とかなるので、何とかなるでしょうwww

ということで9年目スタートします。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »