フォト
無料ブログはココログ

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月29日 (木)

枝豆残渣てんこ盛り

今日は雨が降ったり止んだりの天気でした。

で、今日で枝豆の収穫はオワリ。

8月上旬から約2ヶ月間、ホントにがんばった。

手もぎで1トン超!!

Ca3i0703

枝豆の残渣もてんこ盛り。

がんばった証しだね。

2016年9月26日 (月)

来年作付けする田んぼ

今日も枝豆の莢もぎをしましたよ。

もう指にもぎダコができそう。トホホ

それから枝豆のあとは来年から作付けする田んぼの耕起をしました。

5年間休耕田だったところ。一面雑草に覆われてすごく難儀しました。今年中にあと1回は耕起しないといけません。

Ca3i0701

遠くに黄色で細長く見えるのは今年作付けした「つがるロマン」です。いい感じに登熟しています。

2016年9月24日 (土)

枝豆の収穫再々開

枝豆の収穫を再開しました。

品種は在来毛豆。4品種目でこれが最後の収穫になります。

ここに来て中々莢がふくらまない状態が続き、前回の福丸から10日ほど間が空いてしまいました。やる気もグンと下がったかも。

莢もぎしてみると枝が伸びすぎて、それに反比例して莢付きがすこぶる悪い。いつもであれば2時間で1コンテナは莢もぎ出来るのに今回は3時間で1コンテナでした。効率の悪さをヒシヒシと感じながらチマチマともぎました。

ま、こんな状況でも収穫して出荷しないとお金にならないので・・・

と自分にきつく言い聞かせています。

Ca3i0697

2016年9月23日 (金)

国際郵便物

Ca3i0696

amazonで子供用腕時計を購入。

到着予定が2週間後だったので変だな~と思っていたら・・・

本日、国際郵便が届いて、確認したら業者が中国北京市でしたw

取扱説明書はもちろん中国語w

一応、amazonからオススメ品として示されたものなので疑うこともなく、てっきり国内の業者だと思い込んでしまった。

2016年9月21日 (水)

トラクターの耕耘爪交換

今日は快晴。

近所でもぼちぼち稲刈りが始まっています。我が家では25日ころから予定しています。

で、今日はトラクター購入から7年目にして初めて耕耘爪を交換しました。

今回は幅広のちょっとお値段の高いモノにしました。インターネットで1セット2万円ちょい。

165センチ幅のロータリーに全部で34本装着。約1時間で作業終了です。

Ca3i0694_2

水色のものが今まで装着していたもの。

幅が500円玉より狭まったら交換の目安らしいです。

Ca3i0693

これで田んぼの秋打ちをすればキモチいいだろうな~

2016年9月20日 (火)

紫色の空

「紫色の空、キモチわるい~」

と、二女が顔をしかめて夕焼け空の写真を撮っていました。

Ca3i0691

写真で見るとそんなでもないですがすごい紫色でした。

この現象は空気が澄んでいる秋から冬にかけて見られるそうです。

Ca3i0690

雲を見ると秋の空ですね。

就農実態アンケート

全国新規就農相談センターからアンケート依頼が来ました。

アンケートは就農10年以内が対象で、内容は就農時の農地確保や資金調達をどうしたとか、就農時にくらべ現在の農業所得や農地面積はどうなのかとか。自分自身が就農時に知りたかった内容を網羅している感じでした。

質問数は多かったですが、今後就農する人のためになれればと頑張って記入しました。

決して謝礼の図書カード欲しさではありませんw

160920_090001_2

2016年9月18日 (日)

ビニールハウス資材の引取運搬

今日は朝から曇り空です。

午前中にビニールハウスの資材の引取運搬をしました。

来年から田んぼの作付けが増えるのに伴い、先日から育苗用のビニールハウスを探していました。それでヤフオクでたまたま見付けた物件の出品者に連絡したところ自宅の近所であることがわかり、すぐさま現物確認をして即決購入した次第です。

Ca3i0686

購入したビニールハウスは間口5.4m×奥行32mのもの。パイプ自体は22mmと細いもの。10年くらい使用したものらしい。サビ落とし、サビ止め塗装していて程度は良いです。この手の物は新品で60万円はすると思いますが、状態を見て5分の1くらいの値段で合意しました。

Ca3i0687

部材は2トンロング車でなんとか積み込めるレベル。直管は1mくらいはみ出ました。部材は曲管約70本×2、直管約60本、補強40mm単管約20本、ドア、金具、らせん杭など。うちの奥さんと二人で1時間くらいかけて積み込みました。結構うまく積み込めたと夫婦で褒め合いましたw

Ca3i0688

それを小一時間かけて建設予定の畑まで運搬し、たまたま居合わせた父親と二人で荷下ろし。所要約15分。積み込むよりも下ろす方が何倍も楽チン。

ビニールハウスの建設は田んぼの稲刈り、秋起こしが終わってから。

JA米仮渡金の単価決定

週末に地元JAの総会が開催され、独自の米仮渡金の単価が決定しました。

この前発表された全農青森にくらべて、つがるロマンとまっしぐらはやや高めの単価設定となり幸先の良いスタートを切りました。

つがるロマン 10,900円(全農10,700円)

まっしぐら 10,700円(全農10,500円)

青天の霹靂 14,500円(全農14,500円)

備蓄米・加工用米・輸出米 7,100円(全農7,100円)

※いずれも1等米、60kgあたり

2016年9月16日 (金)

十五夜

160916_045601_7

我が家のお月見セットはほとんど自家製&もらいものw

十五夜はキレイなお月様が拝めましたよ。

2016年9月14日 (水)

肥料などの予約注文

JAに来年の肥料などを予約注文してきました。

来年は田んぼが増えたり、減反の畑を田んぼに戻したり、防除は住宅地に近いところはヘリ防除に切り替えたり、その他諸々考えに考えて決定しました。

それとつがるロマンとまっしぐらの種籾2品種も併せて注文しました。

全体的にコストパフォーマンスはまあまあかな。

厚みを持たせるところと削るところをうまく調整できたと思います。

自画自賛w

2016年9月13日 (火)

米の概算金決定

2016年産米の概算金が決定した。

県産米3銘柄、昨年比1500円高/JA概算金(2016年9月13日 web東奥)

2年連続の上昇でつがるロマンとまっしぐらは久々に10,000円台を回復した。いままでのニュースをみている限り妥当な線なのかも知れない。

青天の霹靂 14,500円

つがるロマン 10,700円

まっしぐら 10,500円

※金額は非公表、いずれも60kgあたり

2016年9月12日 (月)

枝豆は残りあと1品種

今朝はとても涼しかったです。

津軽地方では特A米の青天の霹靂の稲刈りが始まりました。

いよいよ稲刈りシーズンスタートです。

で、枝豆の収穫は本日で福丸が終了し、残すところ在来毛豆1品種のみとなりました。

Ca3i0683

写真は福丸の収穫あと。21畝×50m分をチマチマと手もぎしました。がんばりました。奥に見えるのが在来毛豆。こちらは13畝あります。

在来毛豆の収穫は1週間後くらいかな。稲刈りの前後2回を予定しています。

早く終わりて~~~

Ca3i0684

おまけ。枝豆の残渣。

今年は作付けが増えた分大盛りなのです。

2016年9月 8日 (木)

田んぼの様子、枝豆、近況など

台風13号は温帯低気圧に変わったみたいですが、こちらはその余波で午後から大雨の予報です。

Ca3i0679

田んぼの稲穂も日に日に頭を垂れてきました。見た目は良さそうですが刈り取らないうちは何とも。出穂から登熟期にかけての高温が影響していなければいいんだけど。

Ca3i0680

ずーっと枝豆もぎをしています。そろそろ飽きてきたw

収穫した豆は容器で洗浄します。左が洗浄用で右がすすぎ用。豆も泥の付着があると商品にならないので、念入り且つ表面の毛が取れないようにやさしくやります。

昨日は前職同期の親が亡くなったため通夜に参列してきました。喪主を務める同期を見てそんな年代になったんだとしみじみ。集まった同期は数人だけだったけどみんな忙しいのかな。ちょっと寂しかったな。

2016年9月 6日 (火)

今年初りんご

本年産りんごを買ってきました。

こちらでは通り沿いのリンゴ園地に無人販売所があり、変形、ツル割れ、日焼け果などのワケあり品が売られています。

160905_170101

品種は早生種の「つがる」。1袋4個入りで100円でした。

まだ少し若い感じ。

でも懐かしい味わいでした。

2016年9月 3日 (土)

枝豆の収穫再開

今日の天気はとても良かったです。

お昼ころに気温は30℃近くまで上がりましたが、風がやや強くそんなに暑さを感じることもありませんでした。

で、昨日から枝豆の収穫を再開しました。

品種は福丸という毛豆です。今年の福丸は莢が大きくて立派です。

Ca3i0677

収穫した福丸は大きな容器で手洗いしてから洗濯機で脱水しました。今年から2台態勢なので1度にコンテナ1個分の脱水ができます。

これで時間短縮できます。

2016年9月 1日 (木)

今年最後の草刈り

今日は快晴で気温も30℃を超えました。暑い~!!

田んぼの稲穂も頭を垂れてきました。今月末には稲刈りも始まるので、その前に今年最後の草刈りをしました。

Ca3i0676

今日予定していた枝豆の収穫は明日からやります。たぶん。

農地賃貸借の解約に係る合意書

というのは、農地の賃貸借途中で合意または調停等により賃貸借契約を解約するときに交わす書面です。

ほとんどの場合は、一方が農地を売買したいとか契約内容を10年以上の定期契約に変更したいというときに行います。

で、今日の午前中に農業委員会でこの書面を賃貸人と交わしてきました。

いろいろあって田んぼを返還しました。いろいろとね。

ま、農業委員会に田んぼを貸したいと届出されている物件については吟味した方が良いということを学びました。自分の場合は事業を使っていたので市役所に対して農地が増えたというのを示さなければならなかったので選んでいる暇がなかった。

今回、返還するに当たり相手から嫌味を言われましたが、書面に署名押印するまでは我慢しました。

その後のやり取りについては、ご想像にお任せしますw

田んぼを返還してサッパリしました。

しかし、ホントいろんな人がいますよ。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »