« 2015年の成果まとめ | トップページ | 長男の住まい探し »

2015年11月10日 (火)

太平物産の肥料偽装問題

秋田県の肥料メーカー太平物産が10年以上前から肥料の成分を偽装していたそうです。

有機肥料偽装 10年以上前から偽装か(NHK 11/10)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151109/k10010299111000.html

この件について、自分のところでも同社製造の「水稲おまかせ一発」を使用しており、以前ブログでも記事にしたことがありました。それで、ブログ記事を見た方からメールが来て初めて知るところとなりました。後にブログ来訪者の検索ワードで「水稲おまかせ一発」のその多さに驚いてしまいました。

この偽装問題では、製造された肥料について大きく分けて二つの問題点があると思います。

一つは肥料成分のうちチッソ、リン、カリなどの主成分の割合を偽装している点。もう一つはその肥料成分の中でも「有機」と言われる類のものが偽装された点です。

自分のところは有機栽培ではないので、ほかの肥料主成分の偽装により何らかの被害者になっているのだろうと思います。

ただ今年の稲の生育を見てもはっきりとした肥料不足等による遅れはなかったので気づかなかったのが本当のところです。

だからと言って太平物産が10年以上前から偽装していることは許されることではありません。肥料1袋に決まった分量の成分が入っていてそれに対して農家が適正にお金を払っているのだから詐欺行為です。また、太平物産の肥料を信用して使っている農家が、特に有機栽培農家の裏切られた感は相当大きいと思います。

それからネットでいろいろ調べてみると“偽装されたモノ(肥料)はこれだ!!”とか言って「水稲おまかせ一発」の写真まで載せているものもありました。その部分だけを切り取って載せているのもどうかと思いますが。

さっきも言ったとおり、自分のところは有機栽培ではなく、JAでも品質に問題はないという見解ですが、「水稲おまかせ一発」の写真を記事と一緒に載せられ、それを使って栽培した米までダメだというイメージを消費者が持たなければ良いと願っています。

今は風評被害が一番怖いです。

« 2015年の成果まとめ | トップページ | 長男の住まい探し »

ニュース」カテゴリの記事

水稲」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太平物産の肥料偽装問題:

« 2015年の成果まとめ | トップページ | 長男の住まい探し »