フォト
無料ブログはココログ

« 農閑期へ突入 | トップページ | 太平物産の肥料偽装問題 »

2015年11月 6日 (金)

2015年の成果まとめ

2015年は就農してから初めて全種目の生長が良く、収量、売上げともにそれなりの年でした。

米は作況指数105の「やや良」の予想を上回る反収11俵超。ただ2等米もあったのがザンネン。概算金はまっしぐら9,300円/1俵、つがるロマン9,500円/1俵と去年に比べたら高値。

Ca3i17640001Ca3i17670001Ca3i17920001Ca3i18190001

Ca3i19550001Ca3i19840001Ca3i20010001Ca3i20070001

小玉スイカはツル引き、交配が適期に出来たおかげで面積減らした割に売上げが伸びた。市場価格は過去最高で5玉サイズは秀品で3,200円/1箱を記録。

Ca3i18250001Ca3i18580001Ca3i19280001Ca3i19490001

枝豆は早生種「味風香」に挑戦、お盆前の出荷で収量、売上げともに良かった。毛豆「青森福丸」も高値で推移、9月後半にグンと値段が下がったのはザンネン。

Ca3i19020001Ca3i19140001Ca3i19230001Ca3i19650001

カボチャは着果の不捻が多く収量は上がらなかったが市場価格は過去最高で5玉サイズA品で2,300円/1箱と平年の2倍。

Ca3i17710001Ca3i18340001Ca3i19130001Ca3i19790001

« 農閑期へ突入 | トップページ | 太平物産の肥料偽装問題 »

小玉スイカ」カテゴリの記事

水稲」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

就農・諸手続」カテゴリの記事

かぼちゃ」カテゴリの記事

枝豆」カテゴリの記事

大玉スイカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015年の成果まとめ:

« 農閑期へ突入 | トップページ | 太平物産の肥料偽装問題 »