フォト
無料ブログはココログ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月28日 (火)

米仮渡金特別支援資金の申込み

先週末、JA青森中央会は米の価格下落に関し農家への支援策をまとめ、融資の利子補給、来年産米用の種子購入費の助成を打ち出しました。融資については実質無利息にしたいということでした。

これを受けて、地区のJAでも組合員を対象に、昨日から「仮渡金特別支援資金」の受付が始まり、早速JAに話しを聞きに行きました。

まず借入限度額は26年産米の出荷数量×3,000円/60kgで、上限は個人500万円、法人2,000万円。利息についてはこれから県の動きにより決定するそうで、最高で年利2.0%、ただし組合員のJA利用状況を勘案した場合に最低で年利0.5%まで低くなるということでした。無利息については明言しませんでした。融資時期については追って連絡をするそうですが、JAへ肥料・農薬代の未払い組合員を優先するみたいです。

今のところ、米の概算金の追加払いも期待できないし、ナラシ対策助成金も来年度になる見通しなので、それまでのつなぎ資金として申込みしました。

小規模農家なので出荷数量も少ないし借入も少額ですが有り難い話です。

ま、借金に変わりありませんが。

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2014年10月27日 (月)

焼土の注文

来年分の苗床に使う焼土を業者に注文しました。

今まではJAを通しての注文でしたが、業者配達が無くなったり、数量の確保が難しいなどいろいろとあったようで今年の受付は中止、それで来年分からは業者との直接取引となりました。

しかし、焼土業者は地区に何社もなく、またこれまで取引もなかったのでどうしようかと思いましたが、去年JAを通して注文した同じ業者に電話したらアッサリと注文できました。配達も別途料金でしてくれるそう。

価格は1バケット(0.8立方メートル)で6,500円です。これを7バケット、苗箱にして1,050枚分(床土+覆土)を注文しました。

この手のものは決まり事なので、早めに注文しないと買えなくなるおそれがあるので、今から注文しておいた方が無難だと思います。

配達は来年3月です。

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2014年10月24日 (金)

トレーラーの塗装

農閑期に入りましたが、月末までリンゴのバイトもお休み。

暇、ヒマ、ひ~ま~♪

ということで、今日の午前中はトレーラーの塗装をしました。いつかは塗装しなければと思っていたのでちょうど良い機会だなと思いまして。

Ca3i16210001

全貌。ん~、きちゃないネ。中古で買ったトレーラーも4年経つと全体的にサビも上がっています。これでもか!!ってくらいに。

Ca3i16220001

まずはディスクグラインダーで盛り上がったサビを削っていきます。テキトーにw

削っていくと塗装の下から青色の塗装が。元々青かったのね。

Ca3i16230001

で、サビを削ったらエアブラシで塗装します。家庭用のコンプレッサーを使いましたが圧力不足は否めません。連続使用には不向きかも。

Ca3i16260001 Ca3i16250001

ん~、いい感じ。

Ca3i16210001_2 Ca3i16240001

ビフォー、アフター。

ハケで塗るよりもムラがなく仕上がりもキレイです。

所要1時間。費用はペンキ代1,600円。

これで2年くらい頑張ってくれたら有り難い。

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

午後からはオレンジ色の農機メーカーの展示会に行ってきました。

いつもより人は少ない感じ。

ま、目的もなく行ったところで、現実離れした大きなコンバインやトラクターに溜め息をつくだけなんだけど。中古農機は結構売約済みが多かったかしら。

来場記念のバケツはしっかりいただいてきましたw

2014年10月21日 (火)

自家用ブドウの剪定など

ビニールハウスで栽培している自家用ブドウ(スチューベン)の剪定をしました。

主枝から伸びる副梢を切るだけですが、一応、来年のために残す枝を決めています。

ちなみに剪定する時期は葉っぱが落ちてから2月ころまでの厳冬期とされていて、それ以降になると気温が上がり、切ったところから水分が出てしまうので好ましくないそうです。

Ca3i16180001 Ca3i16200001

今年は約250房の収穫がありました。自家用には多すぎるので夕市に出してみたところ完売しました。なんか嬉しい。4週にわたっての販売でしたがリピーターが多かったです。

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2014年10月20日 (月)

長男のラグビー大会応援

昨日は長男が出場(東奥義塾)するラグビー地区大会へ行ってきました。

天気は晴れのち曇り、微風のラグビー日和でした。

今回は3年生が抜けてから初めての新体制で臨んだ大会でした。15人制3チーム、7人制4チームが参加しました。

長男のチームは15人制に出場しましたが惜しくも1勝1敗で準優勝に終わりました。

次の大会に期待したいです。

第1試合 東奥義塾 31-  7 弘前南・弘前工合同
第2試合 青森高校 24-14 弘前南・弘前工合同
第3試合 青森高校 14-  5 東奥義塾

10411429_1495475370736260_716454111

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2014年10月19日 (日)

認定新規就農者への移行と認定農業者

認定新規就農者への移行

9月末に県から「青年等就農計画制度の概要と認定新規就農者への移行について」という通知が来ました。簡単に言えば、今年10月1日からこれまでの制度が廃止され、認定就農者に関する事項が県から市町村へ移管になったということらしいです。

今まで認定就農者だった人は、これから始まる(始まった)市町村の「青年等就農計画制度」に基づいて市町村長から認定新規就農者の認定を受ける必要があるそうです。

で、先日、市農林課に行きましたら、今まで認定就農者だった人は特に難しい手続きは必要なく、県で認定済みだった就農計画を添付する簡易様式のみで足りるということでした。

ただし、自分の場合は、来年2月末で経営開始から丸5年を迎えること、資金の借入予定がないことから認定農業者の手続きを考えてみるよう言われました。

※認定就農者の定義~就農計画を立ててから10年以内かつ経営開始から5年以内まで

認定農業者

市農林課から「認定農業者の申請について」という申請の仕方や要件が書かれたペーパーをいただいて来ました。

これによると、申請に必要な書類は以下のとおりでした。

1 農業経営改善計画認定申請書

2 アンケート調査票

3 納税証明書(世帯全員の前年分)

4 土地改良区賦課金領収書(申請年の前年分)

申請書類の1と2は農産物を出荷しているJAで作成して下さいとなっていました。

この申請書類をもとに、5年後の農業所得400万円以上とか年間労働時間2,000時間の水準実現とか税金・土地改良費の滞納をしていないとか審査基準をクリアすれば認定農業者になれるそうです。もちろんそれに向けた計画から意欲が伝わらなければ話しになりませんが。申請から認定まで1~2ヵ月くらい。

言葉は適切ではありませんが、農業を続けていくためには認定農業者制度のメリットを甘受しなければならないと思っています。経営所得安定対策(ナラシ対策)の申請期限も来年6月末までなので、それまでには認定を受けなければなりません。

ただ自分が認定されるかどうかはわかりませんが。

とりあえずJAに相談して来ようと思います。

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2014年10月18日 (土)

農閑期のアルバイト

去年アルバイトでお世話になったところから声が掛かりました。

仕事内容は前回と同じで役所系の資料整理です。このアルバイトも今年で4年目になりますが、毎回働かせていただいてホント有り難いです。

週2~3日の仕事で、不定期のリンゴのバイトとあわせて11月中旬までちょっと忙しくなりますが・・・まぁ大丈夫でしょう。

期間は11月から来年3月までの5ヵ月間です。

お世話になりま~す。

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2014年10月17日 (金)

枝豆の採種

枝豆(あおもり福丸)の採種も終わりました。

約15kg。あとは虫喰い、小粒などを除いて良いものを選別します。

種は買うと結構な値段がします。約1kgで3,500円とか。高っ!!

なので手間は掛かりますが採種して少しでもコスト削減できればと思っています。

Ca3i16170001

今年の枝豆栽培は3作でうまくいったので、来年はあと1~2作増やしたいです。

そのためには小玉スイカの収穫もお盆までに済ませるように計画を立てて、稲刈りまでの約1ヵ月間に枝豆の収穫ができれば万々歳!!

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

冬支度、農閑期へ

10月に入ってからは朝晩の冷え込みがハンパないです。

昨日の最低気温5℃。寒っ!!

ここ最近は台風とかリンゴのバイトとかあったりしてご無沙汰している冬支度です。

Ca3i16160001 Ca3i16130001

ビニールハウスの天幕撤去。

全体を押さえているマイカ線と裾を固定しているビニペットを外し、天幕は裾から天井に捲るようにして天頂に固定。文章にすると簡単ですが、実際にはハシゴに昇ったり降りたり、紐で固定したりと結構忙しいです。

Ca3i16120001

稲わらロールを積み上げて雨除けブルーシートで覆いました。

ブルーシートが風でバタバタしないように上から更にネットで覆い古タイヤをおもりにしました。

Ca3i16140001_2

田んぼの秋打ち。

稲刈り後(9月下旬)からほかの作業の隙間時間にコツコツとやっていました。

このほかにも作業場の片付け、コンバイン清掃・点検、枝豆採種なども終わり、これにて冬支度は終了です。

農閑期突入~☆

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2014年10月14日 (火)

台風通過、リンゴのアルバイト

こちらは午前中に台風が通過しました。

夜中から明け方にかけてやや強い雨が降ったくらいで風は強くありませんでした。

で、台風が来る前の昨日、一昨日はリンゴのアルバイトに行って来ました。

知り合いのリンゴ農家さんも台風が来るというので、収穫間近のジョナゴールドを人海戦術でもぎとる作戦で、それに駆り出されたというワケです。

作業は運搬車を使っての運搬&リンゴもぎ取りでした。手かごに入ったリンゴを選果場まで運び、未選果リンゴの溜まり具合を見ながらほかの収穫専門のバイトさんと一緒にリンゴもぎ取りという感じです。

慣れない作業、それも急ピッチだったので体は悲鳴を上げています。

(なので夕方から久々の温泉で体を癒しました)

何はともあれ、台風の影響もなく良かったです。

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2014年10月12日 (日)

作況指数に逆行した今年の収量

JAカントリーから出荷精算書がきた。

今年も全量一等米だったけど・・・

去年もダメダメで今年はさらに就農以来の最低記録を更新。ふへ~

とりあえず品種ごとの反収は次のとおり。

【まっしぐら】

最高 10.22俵(619.33kg) 前年:10.89俵/10a(659.93kg)

最低  8.56俵(518.73kg)  〃   9.63俵/10a(583.57kg)

全体  9.11俵(552.06kg)

【つがるロマン】

最高  8.68俵(526.00kg) 前年: 9.43俵/10a(571.45kg)

最低  8.05俵(487.83kg)   〃   9.43俵/10a(571.45kg)

全体  8.44俵(509.04kg)

平均反収 9.00俵(545.40kg) 前年:10.22俵(619.33kg)

※1俵=60.60kg

ん~~~、具合が悪くなってきた~~~☆★◎▲□▽▲△

全量カントリー出荷なのである意味誤魔化しは効きません。自乾燥・自調整だと+0.5俵/10aにはなるのかな。

カントリー出荷契約量については、我が家の実出荷数は契約量の84%、ほかの農家さんの中には64~67%というところもあるそうです。各々農家さんの出荷数の大幅ダウンの原因についてはわかりませんが。

それにしても今年は作況指数103の豊作傾向のはずなのに、我が家はそれに逆行している感じです。体感作況指数は98以下!!豊作じゃなくて不作!!

前年の米余りと作況指数で米の概算金も引き下げられたのに収量が上がらないなんて。

コンバインで収穫しているときは運転台から見ても稲穂も唸っているし、出荷コンテナ数も今までにないくらい多かったし。ただ未熟米が多いのは気になっていました。それでもまさかの坂、平均反収9俵なんて想像もしなかったです。目も当てられない。

まわりの農家さんからも「米を作って50年、こんなに青米をとった年も珍しい。」という話しを聞きました。とにかく未熟米が多く仕上がり後の水分戻しがあったりで乾燥作業に手こずったそうです。ちなみに青米の買い取りも当初は1kg=5円の超激安が10月に入ると1円とか、その後は買い取りを拒否されるまでになったとか。袋代にもならないということで田畑に背負い動噴でくず米を撒いている農家さんもいます。

収量減の原因は何だろう。県では9月に全体的に登熟は遅いが穂数、穂長があるので大丈夫みたいなことを言っていました。我が家もご多分に漏れず穂数も穂長も十分でした。ではなぜ?ググッてみると登熟歩合の60~80%は出穂後の光合成生産量で決まるらしく、それにはチッソ分の追肥、根の機能低下防止が有効なんだそうである。まさに肥効を保持することが収量増には重要だということなんだそうです。なので光合成生産量を確保できなかった原因、例えば日照不足は収量減の最たる原因。確かに出穂後の8月上旬は長雨が続いたからそう言われればそうなんだろうと思います。我が家の小玉スイカもカボチャもダメダメだったし。

ま、現実には我が家の実情はこんな感じで、これから良くも悪くもならないし、しょうがないです。どうにもならないです。トホホ。

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2014年10月 2日 (木)

稲わらロール作業

昨日、今日と稲わらロール作業をしました。

Ca3i15990001 Ca3i16000001

今年は「切りわら」にしたのでロールベーラーの詰まりも少なくて作業も順調でした。

1日30アールのペースでだいたい100個の稲わらロールができます。とにかく単調な作業なのですごく飽きます。

作った稲わらロールは来年の小玉スイカ用の敷きわらに使います。

Ca3i16010001

遠くの方で稲わらを焼いていました。

今はそんなでもありませんが、自分が子供のころは家の中まで煙で曇ってしまうくらい酷かったです。わら焼きが当たり前の時代でした。

※わら焼きは県条例で禁止されています。(罰則なし)

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »