フォト
無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月29日 (火)

走り穂、水田防除

昨日、走り穂を確認しました。

去年と比べると3日ほど早いです。排水路側を中心にパラパラと見えている感じ。

ということで、今朝5時から水田防除をしました。

この防除は粉剤を背負動噴で散布するので、なるべく粉剤にまみれないように雨合羽上下、防塵マスク着用の重装備で臨みました。

個人的に早朝にやっていますがその理由はいくつかあって、環境面でいうと近くに民家や保育園、通学路があるため通行人に薬剤をドリフトさせないこと、物理的には稲の葉っぱに朝露が降りていて薬剤が付着しやすく効果的なことが挙げられます。

早朝5時というのは時間的にどうなの?という感も否めませんが、とりあえず農村なので住民も起きている時間帯ということで勘弁です。

今年は、津軽地方でいもち病の発生が多いそうですが、幸いウチの田んぼでは確認されていません。

早めの防除で一安心です。

Ca3i14810001 Ca3i14780001

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2014年7月26日 (土)

小玉スイカの玉直し

昨日は2回目に定植した小玉スイカ(ひとりじめBonBon)の玉直しをしました。

玉直しは交配してからソフトボール大に膨らんだ果実を地道にトスコマット(皿)に載せていきます。こうして色乗りを良くします。

急遽、ウチの奥さんが本業を休んで早朝から参戦してくれました。

いつも一人作業なので、作業時間も短縮できてすごく助かりました☆

Ca3i07200001

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2014年7月24日 (木)

プロレス観戦~青森県武道館

昨日は新日本プロレスG1クライマックス青森大会

もちろん行ってきましたよ~

生憎の雨でしたが会場の青森県武道館は満員御礼の超大賑わいでした。

ウチの奥さんも声を裏返しながら声援を送ってましたw

それにしてもAJスタイルズかっこいいな~

石井ちゃん頑張った~

こけし本間盛り上がった~www

Ca3i07170001

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2014年7月20日 (日)

人工交配は連続4日間

小玉スイカの人工交配は一応すべて終わりました。

あとの残った分やこれからご褒美的に咲いた雌花に関してはミツバチ君に任せます。

ガンバルのだぞ!!

交配は1作につき4日間続けてやると、だいたい1株に4個は着果します。その後に咲く雌花はほとんどがすでに着果した後咲きなので花落ちするみたいです。

Ca3i14670001

ビニールハウスの小玉スイカは雨除けトンネルより3日ほど生長が早い感じで、3日目に交配したものもすでに着果確認できています。ここは200個くらい獲れそうです。

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2014年7月18日 (金)

田んぼの入水とか一発剤の効果とか防除とか

田んぼの中干しが終わり入水しました。

幼穂形成期から穂ばらみ期に入ったので深水管理にします。

Ca3i14660001 Ca3i14610001

今年は田んぼに基肥一発剤を使いましたが、やはりというか効き目にばらつきがありました。肥料の説明書きを鵜呑みにしてそのままやっていては収量は見込めないので、肥料切れしているところには硫安を散布して対応しました。

同じ田んぼ1枚でも土壌条件によって肥料の効きが違うので一律にはいかないみたいです。来年度の検討課題です。

Ca3i14640001_2

つがるロマンの隣接地は耕作放棄地みたいで春から1回も草刈りに来ていません。田んぼだけではなく農道も草ボーボーです。

転作旗には小麦とありましたが、9月の小麦播種までそのままなんでしょうか。ふぅ~

ここは一応、カメムシ対策で早期に防除しました。

Ca3i14650001

今さらですが、就農5年目にして田んぼにじっくりと取り組んでいます。

このままのモチベーションを保てていけたら・・・いいなw

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2014年7月10日 (木)

カラス対策

Ca3i14520001

今年もカラスにやられてしまった。

早めに交配したものは全滅。チクショ~!!

いつもの年であれば、小玉スイカがある程度熟したところを狙われるが、今年は交配10日くらいの中身が白いものばかりで時期的に早い感じ。

まとまった雨が降らないので水分を求めてなのかどうかは知らんがそれはカラスの勝手で、どっちにしろこのままだとスイカ畑はカラスの餌場と化してしまう。なので今年はいつもの年にも増してカラス対策を強化した。

今回ばかりはカラスたちにギャフンと一泡吹かせたい!!

Ca3i14530001 Ca3i14550001

まず、カラスの動向を観察して進入経路などを分析。ほとんどのカラスは畑に隣接する集落側から飛来し、一旦雨除けトンネル上に着地してから畝間に下りていた。畝間に下りてからはほとんど歩いて移動し、畝の際に成っている小玉スイカを食べていることが判明。

これを参考にカラス対策をすることにした。

まず、カラスの進入口となる集落側にカラスが視覚的に見えにくいとされる黄色の防鳥糸を2段に張り、また全部の雨除けトンネル上にも同じ防鳥糸を張った。それから畝間にはカラスを反射光で撹乱させる金色と銀色の防鳥テープを張ってみた。

Ca3i14540001

さらに平場からの進入を防ぐため、畑の四隅に位置する雨除けトンネルの先にも防鳥糸をカラスの体高よりやや低めにして張ってみた。

カラスは見えない物に羽が触れるのを嫌う性質があるらしいのでその効果を期待したい。

ところで問題のカラスたちは、初めこそ民家の屋根の上でこちらをジーッと見ていたが、そのうち防鳥糸をせっせと張っている自分に対し何だコノヤローとばかりにわめき始めた。それからさらに自分の頭スレスレのところを低空飛行で何度も威嚇して来るようになった。

カラスたちにとっては無料食べ放題がなくなるのだから仕方がないのだろうがそんなのことは関係ない。

本当であればカラスを捕まえてケチョンケチョンにしたいけれど、それは現実的ではないので、今回はこれくらいでガマンしてやる。

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2014年7月 9日 (水)

水稲新品種視察研修

昨日はJA水稲部会の水稲新品種『青系187号』の視察研修に参加しました。

まず試験栽培されている黒石市の農林総合研究所に伺いました。

ここは農地の広さが約80haで、そのうち水稲圃場は50haあり、いろんな品種をいろんな条件で試験栽培しているそうです。

Ca3i14500001 Ca3i14490001

写真の圃場は20品種を4条植えずつ栽培していました。

手前からチッソ分を少~多3段階にして生育、収量、倒伏などを試験しているそうです。

一応、今回の目玉である『青系187号』を見て、触ってきましたがよく分かりませんでしたw何となく見た目は『まっしぐら』に似ていて草丈が長かった感じ。

研究所担当者によると、倒伏しにくく、耐冷性もあり、これまでの『つがるロマン』と同等の収量があるそうです。

Ca3i14510001

その後、平川市にある採種圃場を見学し、ここのJA担当者から生育状況について説明を受けました。ここも広大な田んぼに栽培されていました。

新品種『青系187号』は来年からの作付けになりますが、お米の食味最高ランク『特A』を目指すため1年目は決まった農家さんだけになるような話でした。

これまで話しを聞く限りでは作りやすい品種で多肥栽培すれば収量も上がると思うし、個人的には作りやすいからこそ収量を上げようと多肥栽培をすれば食味はガクンと落ちてしまい、評判を下げて一気に売れない米になってしまうと思いました。

言葉は適切ではありませんが、多肥で不味い米を量産している農家さんには絶対に作らせてはなりません。

ちなみに県や関係機関では5月に『あおもり米新品種ブランド化推進協議会』を設立し、良食味・高品質米生産のため、栽培・出荷のガイドラインを構築するそうです。

『青系187号』が美味しくて全国に売れるお米になって欲しいです。

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2014年7月 8日 (火)

田んぼの溝切り

昨日は予定通りに田んぼの溝切りをしました。

朝に枝豆の防除と小玉スイカのツル引きなんかを済ませ、昼近くから作業を開始。

しかし天気が良すぎて作業的には不向きな感じ。風もないし。

Ca3i14450001

田んぼの中を溝切機を押してドンドン進んでいきます。

落水して5日目ですが、湿田はまだまだ地面が乾燥していません。

泥のぬかるみの中を進むのは体力的にキツイです。

それでも塩アメをなめながらがんばりました。

Ca3i14470001

5時間ほどで何とか作業を終えました。

去年から溝切りをしていますが、排水性も良くなり、稲刈りの時に有り難さを実感します。

ふぅ~、づがれだ~

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2014年7月 6日 (日)

カボチャの交配・着果

今年のカボチャは順調にゴロゴロ着果しています。

一応、基本は人工交配していて、ここ4日間に交配したものはほとんど着果しました。

Ca3i14440001

くり将軍より九重栗の方が勢いがあります。

畝間にツルが伸びるとあっという間に葉を生い茂らせました。九重栗は今にも小玉スイカの雨除けトンネルに入りそうw

Ca3i14430001 Ca3i14420001

九重栗(写真左)、くり将軍(写真右)

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2014年7月 4日 (金)

田んぼの中干し

昨日から田んぼの落水をして中干しに入りました。

苗も良い感じに分げつしています。

来週には溝切機を使って溝切りをする予定です。

これがまた結構体力を使います。

がんばるゾ~

Ca3i14410001

Ca3i09860001

↑溝切機(去年の写真)

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

小玉スイカ栽培講習会

昨日は午後からすいか部会の現地講習会に行ってきました。

今回は交配期の栽培ポイントについて指導を受けました。

講習会では毎年同じように指導されますが、栽培ポイントの再確認と部会員間の情報交換ができるので有意義です。

【ポイント】

・ツル引き後4~5日から3番花(17~20節雌花)で交配

・ツル先から35~40センチに雌花を開花させるよう草勢をコントロール

・雌花を充実させるため開花2~3日前から温度確保(夜温15℃以上)

・交配は午前10時ころまで

・2日ごとの交配表示(着果棒使用は果実がうずらの卵大まで入れる)

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »