« 近況 | トップページ | 近況 »

2014年1月18日 (土)

福岡九州クボタの対応

※福岡九州クボタホームページ引用

平成26117

 株式会社福岡九州クボタ

  

コイン精米機の残米販売について(お詫び)

 

株式会社福岡九州クボタ(本社:福岡市南区、社長:手嶌忠光)は、平成2210月から、取引先の農家が生産された米を仕入れて当社で精米し、個人のお客様や飲食店等に販売しています。 

また、当社拠点の敷地内にコイン精米機(11台)を設置しており、お客様がお米を持ち込んでの精米にご利用されております。 

平成2412月より、お客様が精米された後にコイン精米機内部に残った米(残米)を販売していますが、平成2510月下旬に一般の方から、この行為は問題ではないか、との指摘を受け、社内で調査を開始するとともに、行政当局にも報告いたしました。 

行政当局からは、産地が特定できない残米を販売することは、不適切であるという指導があり、食を供給する当社としても倫理的に問題があると判断しました。平成2510月下旬に、対象商品の販売を中止するとともに、一部の来客購入客を除くすべての販売先から回収し、販売代金を返金しております。なお、平成2510月までに販売した残米(総販売量3908kg)による健康被害は確認されていません。 

お客様の皆様に対し、大変なご迷惑とご心配をおかけいたしましたことを、心よりお詫び申し上げます。今後は、行政当局の指導を仰ぎながら、食の安全と安心を確保した取り組みを行ってまいります。

                    以 上

 当リリースへのお問合せ先

   ㈱福岡九州クボタ 本社    0120-667-751(フリーダイアル) 

         受付 月曜日~金曜日(土曜日・日曜日・祝日を除く)

            9時~17時 但し18日(土)19日(日)は対応 

           FAX  092-561-6735

           Eメール http://www.fukuokakyushu-kubota.co.jp/inquiry/index.html

 

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

22年10月 契約農家米販売開始

24年12月 コイン精米機残米ブレンド開始

25年10月 一般人から指摘

25年10月 行政当局へ報告・指導

25年10月 販売中止

26年1月  事案発覚?発表、お詫び文掲載

・・・

あまり大きなニュースになっていないような。

なぜこの時期に発表したのか疑問。

結構、悪質なんだけど。

残米を使って“せこい”というレベルではなくて。

お詫び文で「健康被害」について申し添えている点からも事の重大さがわかる。

福岡九州クボタもその辺を分かって発表している。

残米を入れちゃおうという発想はどこから出てくるわけ?

健康被害が出ていないから良いわけ?

福岡九州クボタのホームページを見れば分かるが、このお詫び文だって、ホームページトップには無く、お知らせコーナーみたいなところから入って閲覧するようになっているだけ。※1月18日現在

そんなところからも企業姿勢というか、なんというか、対応があまりにも・・・だね。

« 近況 | トップページ | 近況 »

ニュース」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福岡九州クボタの対応:

« 近況 | トップページ | 近況 »