フォト
無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月31日 (火)

餅屋のお供え餅

Ca3i11650001

大晦日の今日は、朝から天気がいいです。

朝日を拝むのも久し振り。

今年は奮発して近所の餅屋からお供え餅を買ってきました。

いつもはスーパーのプラ餅なんだけどね。

なんか1年に1回だから、これくらいはちゃんとしたいし。

ということで、みなさん良いお年を。

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2013年12月29日 (日)

OSをWin7にバージョンアップ

今日は朝から年末大掃除。

家族で分担してなんとか夕方までに終わらせました。
子供たちよく頑張りました~~~☆

その後は自分時間を満喫。
古いパソコンのOSをVistaからWin7にバージョンアップ。
が・・・...
Win7のDVDが読み込めない。トホホ
ドライブもDVDも正常なのに相性の問題か?
結局、押し入れから昔の古い外付けDVDを引っ張り出して、やっとのことでインストール完了しました。
Ca3i11620001 Ca3i11630001

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2013年12月28日 (土)

来年は全圃場「水稲おまかせ一発」で

来年は全圃場で「水稲おまかせ一発」という一発基肥を使います。

今まで使っていた「苗箱まかせN400-100」は床土混合に時間がかかるのと、本剤のほかにPK剤(リンとカリ)の本田散布も必要で、経験上、分げつをとるためには元肥チッソの本田散布も欠かせませんでした。結局、ほかの本田施用の一発基肥より作業時間が多くなります。それと育苗中も苗箱の床土が少ないため乾燥しやすいという難点がありました。10~40%の減肥と自然界の流出抑制は期待できますが。

いきなり全圃場でというのはちょっと心配ですが、昔と違って一発基肥もその地域に合わせて作られるようになり、LPコート※1やLPコートS※2などにより肥料溶出も調整され、低温期、高温期にも左右されにくいそうです。たぶん大丈夫。

次に10アールあたりのコストを比べてみました。

【品種:まっしぐら,必要基肥(チッソ分)5~7kg,追肥(同)2~3kg】

施肥例1 6,255円/10a(基肥+追肥の典型)

水稲元肥555(チッソ分3kg/1袋・2,130円)×2

追肥NK68(チッソ分3.2kg/1袋・1,995円)×1

施肥例2 7,300円/10a(2010~2013年実施)

水稲元肥555(チッソ分3kg/1袋・2,130円)×1

苗箱まかせ(チッソ分4kg/1袋・2,585円)×2

施肥例3 7,825円/10a(2014年~実施予定)

水稲おまかせ一発(チッソ分4kg/1袋・3,130円)×2.5

※施肥量・価格は地区JA調べ

作業時間の多少がコストに反映しますが、どっちをとるかは各々の作付面積、作業体系に合わせてということではないかと思います。

ウチは小規模で作付面積も少なく施肥例1でも良さそうですが、そこは10アールあたり約1,500円払ってでも施肥例3にして、夏場の追肥期に他の野菜栽培に時間を割くようにした方がウチの作業体系としては有効となります。

※1 生育初期溶出

※2 生育ステージに応じて溶出

 

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2013年12月27日 (金)

2013年の売上(前年比)

今年は全般的にあんまり良くなかったんですな。

品目別の売上は金額を出すのも恥ずかしいので、いつものように売上指数(前年を100とした場合)という数字のマジックで見てみたんですな。やっぱり分かりづらいですな。

全体が前年比で14.6Pも下がったんですな。

もし売上が1億円あったら-1,460万円になるんですな。

大変なことですな。

晩酌のビールが発泡酒になってしまうどころの騒ぎではないですな。

※()は就農1年目

米 87.5(56.5)

小玉スイカ 68.0(79.7)

枝豆 120.4(-)

カボチャ 105.9(75.1)

全体 86.4(57.4)

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2013年12月26日 (木)

アルバイト納めとか

昨日はアルバイト先の仕事納めだった。

あっという間の2ヵ月、働けるってすばらしいね。ホントに。

新年は1月6日が仕事始めだけど、更新にならなかった人もいてビミョ~な気持ち。

すでにほかの仕事を見つけた人もいるけど、それぞれ家庭の事情に照らし合わせて探すとなかなか合った仕事もないそうで。

所詮、なんとかミクスなんて田舎暮らしにゃ関係ありまへんな。

最低賃金665円ってなんじゃこりゃ。

野党はマックスがんばれ!!

さて、これから怒濤の11連休が始まるんだけど。

何しようかな?

年越しは家でテキトーにやって、正月は2日に実家に行って・・・

どっか行きたいけどさ、温泉とか。

12月はイベントやらなんやで出費がかさんだからね、辛抱しなきゃ!!

あっ、そういえば、炊飯器壊れたんだっけ。

とうとう逝ったか~、って感じ。ひでぶーーー!!

去年末から電化製品が軒並みぶっ壊れたんだもの。

みんな買ってから10年オーバーだから。次は誰?状態。

Ca3i11610001

昨日の夕飯から土鍋で炊いとります。

土鍋ごはん美味しい~☆

これはこれで幸せ。

ん~~~、久し振りに農作業の計画でも立てようかな。

本業だし。

しかし、就農当初に比べると明らかに熱量は下がったね。

なんなんだろう。ギラギラ感が影を潜めたというか。

今の時期は農業に対してだいたいこんなネガティブ感が漂うんだけど。

ま、なんとかなるでしょ。

苗とか種の注文書来てるし、そろそろ考えなきゃ。

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2013年12月23日 (月)

ラグビー部保護者懇親会初開催

昨晩からまた積もりましたよ。

雪、もういらね~

Ca3i11560001

でも、ウチの子供たちにはそんなの関係ありません。

だって外に出ないでゲーム三昧なんだもの。

冬休みに入り好き勝手過ごしております。

Ca3i11540001

鶏にぐ~!!


先週末、長男が入っているラグビー部の保護者懇親会に参加してきました。

祝、初開催!!パチパチパチ~

今まで部員数も少なくて(15人以下)他校との合同チームで戦っていましたが、今年から部員も一気に増えて単独チームとなったのを機に、保護者がまとまろうという機運が一気に高まりました。

それと今年最後の試合では下位リーグで優勝し、上位リーグとの入替戦では1トライ差で惜敗したけど、目に見えて著しく成長した子供たちの姿があったからこそ、保護者たちも背中を押されたのだと思います。

で、急場こしらえですが今回の懇親会が実現したというわけです。

(企画をしたのはウチの奥さんw)

保護者からは子供の成長、部活との関わりなど、今まで誰にも言えなかった“思いの丈”をこれでもかというくらい語っていただきました。

みんな聞いてもらいたかったんだな~~~

次につながる有意義な懇親会でした。

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2013年12月15日 (日)

町内ボウリング大会

一晩でこんなに積もりました。

雪、雪、雪。。。

今日の最高気温はマイナス2℃だってさ。

北国万歳!!

Ca3i11530001

で、今日は町内会のボウリング大会に我が家も参加してきた。

参加者は老若男女26名、去年よりやや少なめ。

楽勝で入賞できそうな予感。

Ca3i11490001

しかし、なぜかセミプロボウラーも参加。

そのほか、マイボウル、マイシューズの猛者たちもチラホラ。

ストライクを出すたびに歓声が上がる。

これじゃハンデ10もらっても勝てないっす。

結果はセミプロボウラーの優勝に終わったとさ。

オイラはブービー賞も狙えない中途半端な成績だった。トホホ

Ca3i11440001_2

我が家で唯一入賞した長女の勇姿。

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2013年12月 4日 (水)

年末ジャンボ

買ったよ~~~♪

ジャンボミニもね。

だって昨日は大安で星座占い1位なんだものもう買うしかないよ。

これで年末の当選発表までいろいろと妄想できるぞい。

どうか1等が当たりますように。。。

Ca3i11410001

ここに来て、アルバイト先の“私が買うと県内から当たりは出ない”という人が「買おっかな~~~」とプレッシャーをかけてきた。

どうする、どうなるビッグダディ~!!

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

2013年12月 1日 (日)

生産目標4.7%減/14年県産米【東奥日報11/29】

農林水産省は29日、2014年産米の都道府県別生産数量目標を公表した。全国の目標数量を前年比26万トン減の765万トンとし、生産数量目標の設定を始めた04年以降で最大の下げ幅としたことを受け、本県の割当量も前年比1万2220トン(4.7%)減の24万7千トンと、過去最大の減少幅となった。

本県の生産数量目標は過去最低を更新。割り当てられた生産目標数量を面積に換算すると4万2290ヘクタールで、前年より2250ヘクタールの減少となる。

コメの消費量の減少に加え、13年産米は全国的な豊作で来年の在庫が急増する見通し。米価維持のため生産抑制を強化した結果、全都道府県で前年の水準を下回った。

減少率が最大だったのは東京都と鳥取県の4.9%減。宮城県と山口県が4.8%、本県と宮崎県が4.7%減で続いた。4.0%以上の大幅減は13都県で、全国平均は3.3%減だった。

生産数量目標は、各都道府県産米の過去6年間の売れ行き(需要実績)や目標数量の達成状況を基に決められている。県産米の作況はここ数年、平年並みから豊作が続き生産量が上昇していることなども影響した。

過去最大の減少幅となったことについて、県農協中央会の岡山時夫会長は29日、緊急会見を開き「なぜ本県の減少幅がこれほど大きいのか。理解できないし遺憾だ」と憤慨。来年度から生産調整に伴う直接支払い交付金が半額となる上に、生産数量も大きく減らされ「営農意欲が失われないか心配。米価に響くので割り当てには従うが、一連の政策は、台風の中に農家を放り投げているようなもの」と訴えた。

また、三村申吾知事も談話を発表し「本県にとって非常に厳しい数字。国の生産調整に長年協力してきた思いがあり、水田農業の進むべき道を国が示すべきだ」と強調した。

県は12月中旬、県内の市町村担当者らを集めて説明会を開き、14年産米の市町村別目標数量を示す。国の担当者による新たなコメ政策の内容や変更点などの制度説明も行う。

(東奥日報11/29)

にほんブログ村 企業ブログ 農業へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »