« 国産ウナギ1980円 | トップページ | いもち・カメムシ防除 »

2012年7月30日 (月)

露地スイカの日除け

今日もカンカン照りで30度超えのうだるような暑さ。熱中症にならないよう農作業も午前中で切り上げた。

こんな日が続くと露地スイカの日焼けが心配になってくる。日焼けすると果実の肩のあたりが変色し腐りやすくなる。

地区では稲ワラを被せて日除けにするのが主流となっているが、稲ワラを用意するのも面倒なのでそれに変わる方法として他の産地でやっていたのをヒントに日焼け対策をしてみた。

Ca3i03970001

Ca3i039700011

スイカに被せているのはA4サイズのコピー用紙を半分にしたもの。それを両面テープで貼って留める。コピー用紙の上方をスイカの肩あたりにあててその両端を両面テープ1センチ長でピンポイントに各1箇所(計2箇所)貼るだけ。※写真(下)の赤丸

コピー用紙を貼る方角は南東から南側。その根拠は何となく日差しが強くなるのがその方角なのと去年の日焼け果を見るとほとんどがその方角が日焼けしていたから。

両面テープは割と粘着力があるので簡単に剥がれることはないと思う。それでも風雨の影響で剥がれたりしたらその時にまた考えようと思っている。

読んでいただきありがとうございます

しろけんのブログは2つのランキングに参加しています

よろしければ下のバナーをポチッとお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ポチッとよろしく!

« 国産ウナギ1980円 | トップページ | いもち・カメムシ防除 »

大玉スイカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/553431/55314798

この記事へのトラックバック一覧です: 露地スイカの日除け:

« 国産ウナギ1980円 | トップページ | いもち・カメムシ防除 »