フォト
無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月30日 (水)

PCメモリ増設(0.46GB→1.46GB)

とにかくPCが重い。重量じゃなくてページを開く速度が。

いつでもHDDのランプが点滅した状態でガガガガッと。

原因はメモリ不足らしい。

メモリ不足によりHDDの仮想メモリを使うため、その処理に時間が掛かかり、処理している間にガガガガッとなるみたい。

メモリを増設すればたぶん解決できるということだったのでやってみることに。

まず、自分のPCのメモリがどのくらいあるのか調べてみた。

Ca3i01680001

WindowsXPだとマイコンピュータを右クリックしてプロパティを開くと画面右下に表示される。このPCは460MB(0.46GB)だった。※赤色下線部

この機種のメモリ増設の限界は2.0GBらしいのでそれを考えてみればとても少ない。

Ca3i01670001

とりあえず1GBのメモリをネットで購入した。

シリコンパワー社製(¥2,040)

184pin DDR400 PC3200 DDR-SDRAM DIMM 1GB

Ca3i01690001

まずPC本体の空きスロットを確認。 ※赤矢印

メモリのスロットは全部で2つ、右側に既存のメモリ、左側に空きスロットがある。

Ca3i01710001

左側の空きスロットに新メモリを差し込み上下のストッパーをかけて終了。

Ca3i01720001

あとはマイコンピュータのプロパティから確認するだけ。0.46GB→1.46GBとなっているのがわかる。

PCの動作確認をしたところ、今までよりも数倍ページを開くのが速くてストレスを感じさせません。

サクサクと気持ちいい。

どう

メモリ増設はメモリとPCの相性、メモリ自体の動作検証の有無がポイントなので、できればバルク品や無メーカーよりもメーカーのものを選んだ方が良いそうです。無メーカーでもユーザーレビューで評価の良いモノもあるが値段自体は数百円しか違わないのでその分を安心料と考えれば安いのではないかと思う。

2つのブログランキングに参加中!!
下のバナーをポチッとするとこのブログに
ポイントが加算されるんです~
人気ブログランキングへ

2011年11月29日 (火)

畦塗り機をネット購入

中古ですが畦塗り機を買いました。

某農機具販売サイトに出品していた農家さんからです。

爪の交換は必要ですが全体的に程度も良く丁寧に使われていたのがわかります。値段は送料込み20万円以内で収まりました。納得です。

Image_1

クボタ(ニプロ)CZ300K

畦塗り機を探している方は分かると思いますが、ネットで販売されていてもあっという間に売れてしまいます。なので良い品だと思ったら即決しないといけません。それでもネットだと現物をなかなか確認できないので躊躇しますよね。

そこは度胸だけです。

というのは半分冗談で、メールや電話でのやり取りで勘をつかむのが最善かと思います。

今回は遠方の農家さんだったのでメールと電話で説明をしてもらいましたので安心して購入できました。

2つのブログランキングに参加中!!
下のバナーをポチッとするとこのブログに
ポイントが加算されるんです~
人気ブログランキングへ

コメ概算金 販売好調で追加払い【東奥日報 11/29】

全農県本部は28日、コメを出荷した生産者に対し農協が支払う「概算金」(仮払金)について、2011年産うるち米で60キロ当たり千円の追加払いを年内に行うことを決めた。これにより、生産者の手取りは現段階で、決められた生産基準を守ったJA米の「つがるロマン」が60キロ当たり1万1300円、「まっしぐら」が同1万1千円となる。卸への販売量が前年同期の2倍を超えるなど、全国的品薄感から販売環境が好調に推移していることを受けた措置。民間業者との集荷競争が激しく、集荷の積み上げを図る狙いもある。

同日、青森市の県農協会館で開いた同本部運営委員会の臨時会で決めた。減農薬のクリーンライスは、つがるロマンが1万1500円、まっしぐらが1万1200円となる。同本部の追加払いは08年産以来。

同本部が9月に決定した11年産の概算金は、東日本大震災後、10年産米が在庫不足となったことから、10年産より1700~1800円引き上げられた。

その後も原発事故に伴う放射性物質問題により、同物質検査で安全が確認された本県産の引き合いが増加。同本部によると、10月末現在、11年産の卸との契約量は前年同期の3倍、販売済みは2倍以上。相対取引基準価格も、前年同期に比べ2割近く上昇している。

概算金は生産者に返金を求めることがない範囲で設定しているため、販売完了後に本精算を行い、余剰が生じた場合は追加払いで手取りを上乗せする。さらに、販売が好調な場合などは、生産者の早期の手取り増のため、販売完了前に仮精算を行って追加払いを実施することもある。

(東奥日報 11月29日)

個人的には嬉しいニュースです。

ただ、これも震災であったり原発事故だったりと影響を受けた農家さんの上に成り立っていることなんだと心中複雑なところもあります。

2つのブログランキングに参加中!!
下のバナーをポチッとするとこのブログに
ポイントが加算されるんです~
人気ブログランキングへ

2011年11月27日 (日)

CPUクーラー交換

ヴオ~~~ン ヴオ~~~ン

PC本体の異音がすごいことになってきた。

異音の原因がCPUクーラーというのは知っていたけど。

騙し騙し使ってきたが・・・

そろそろ限界か?

Ca3i01570001

CPUクーラーはネットで購入。

Blueorb Mini Ai (¥1,450)

とにかく安くてかっこよくて効きそうなモノをチョイスした。

Ca3i01580001_2

本体カバーを外して旧CPUクーラーを取り外す。

4ピン固定。新CPUクーラーもそのまま設置できそうだ。

Ca3i01610001

しかし、そのまま設置できるかと思いきや・・・

新CPUクーラーの取り付け台座はマザーボードの裏側からビス固定するため、各種配線をすべて抜いて、さらにマザーボードを本体から取り外して設置しなければならない。

マザーボードは電源、各種レコーダーなどの間にキッチリと収まっていてなかなか取り外しが困難であった。

これが一番の山場だった。

Ca3i01650001

最後にマザーボードと各種配線を元通りにして新CPUクーラーを設置して終了。

CPUクーラー交換後は静音で快適になった。

PCもDVDレコーダーの交換に続いて2回目の部品交換だけど、基本は自作パソコンと同じなので少しずつ手直ししていく楽しみもある。また、前職から使っていて愛着もあるので長生きさせたいと思っている。

2つのブログランキングに参加中!!
下のバナーをポチッとするとこのブログに
ポイントが加算されるんです~
人気ブログランキングへ

2011年11月25日 (金)

来年のコメは2品種で

すっかり忘れてた。というか注文をしたつもりでいました。

JAから確認の電話があって急いで来年用の種籾を注文してきました。

種籾は「まっしぐら」と「つがるロマン」の2品種。

どちらも本県の推奨品種です。

来年の主力は今年と同様に「まっしぐら」ですが、自家消費分(飯米・贈答・販売)に「つがるロマン」を少しだけ作付けする予定です。

2つのブログランキングに参加中!!
下のバナーをポチッとするとこのブログに
ポイントが加算されるんです
人気ブログランキングへ

2011年11月24日 (木)

トラクター整備講習会

県普及振興室主催のトラクター整備講習会(仮称)に参加しました。

場所は赤色メーカーの整備工場です。

オレンジ色ユーザーの自分としては敵地潜入といった感じ。

講習会では整備工場長からトラクター、コンバインの整備ポイントについての解説、実機による説明がありました。

講習会に参加してみて修理するには労力、技術が必要だし、いいところオイル交換やベルト交換くらいしか自分にはできないと悟りました。

コスト削減には普段から点検することが重要だと思いました。

最後に現場の整備士さんに「故障した時にやって欲しくないことは?」と質問したところ、原因が分かり辛いものは無闇に手を出さずそのままにして欲しいそうです。

Ca3i01550001

2つのブログランキングに参加中!!
(下のボタンを押すとこのブログにポイントが加算されます)
人気ブログランキングへ

2011年11月18日 (金)

米 初の出荷制限 実りの喜び一転 不安と怒り 震える農家【e農net 11/17】

政府は17日、福島市大波地区で生産された玄米から国の暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されたことを受け、同地区産米の出荷制限を福島県の佐藤雄平知事に指示した。米の出荷制限は初めて。同地区は山あいの農村地帯。米の収穫終盤を迎えた農家は、国の方針に基づく調査では認められていただけに、「なぜだ」と悔しさをにじませる。収入がとぎれる恐れがあるため東京電力による損害賠償の早期支払いを要求。原因究明と消費者の不安払拭(ふっしょく)による「風評被害」の防止も訴える。

(e農net 11月17日)

「風評被害」

農家には何の非もないのに。

国の方針による調査では認められていたけど、個体別に調査すると暫定規制値を超える値が認められてしまったということであるが、これは時間を掛けてでも生産農家ごとにでも調査しなければならないところまで来ているということだと思う。

それしなければ消費者は何を信じればいいのかわからなくなる。

消費者の不安を払拭するにはそれしかない。

暫定規制値を超えた生産農家に対しての東電による損害賠償や国からの補償はいうまでもない。

2つのブログランキングに参加中!!
(下のボタンを押すとこのブログにポイントが加算されます)
人気ブログランキングへ

2011年11月17日 (木)

米収穫量の最終報告

JAカントリーから本年産の米収穫量の最終報告がありました。

今年の作付面積は前年より36.4アール減であったものの、収穫量は10アールあたり1.46俵増と大幅に伸びました。

昨年は春の低温、夏の猛暑と一年を通して天候不順だったので単純に比較はできませんが、収穫量の増加に加えて米価もやや上昇したので売上も大幅に伸びました。

本当に良かった。昨年の不作を経験しているので尚更、心底、超うれしいです。

ただ細かいところでは反省点もいくつかあるので、来年の収穫量をアップさせるための糧としたいです。

2つのブログランキングに参加中!!
(下のボタンを押すとこのブログにポイントが加算されます)
人気ブログランキングへ

2011年11月16日 (水)

ソフトボールで籾摺り

ニューファーマーズカレッジの卒業プロジェクトで実験用に少量の籾を摺る必要があって、なんとか身近なモノでできないかとネットで検索してこの方法を見つけました。

やってみると思った以上に地道な作業で大変でしたが、少量であれば時間的にも何とかなると思います。

Ca3i01470001

まず、すり鉢とソフトボールを用意します。

Ca3i01490001

すり鉢に籾米を1合入れ、おもむろにソフトボールでグリグリやります。だいたい30分くらい。

Ca3i01520001

すると、すり鉢とソフトボールの摩擦で籾殻が剥がれ玄米になります。

あとは籾殻に息をフーフーと吹きかけて飛ばして下さい。

さすがに玄米は肌擦れしていますが食べる分には問題ないと思います。

2つのブログランキングに参加中!!
(下のボタンを押すとこのブログにポイントが加算されます)
人気ブログランキングへ

2011年11月15日 (火)

雪が・・・毎度のことなんだけどね

Ca3i01460001

毎度のことなんだけど。

北国の宿命っていうか、とうとう雪が降ってきました。

現在の気温は3℃。

寒っ!!

2つのブログランキングに参加中!!
(下のボタンを押すとこのブログにポイントが加算されます)
人気ブログランキングへ

JAカントリーの新米が届いた

JAカントリーに飯米用として注文していた新米が届きました。

早速、炊いたご飯を食べてみると、ほんわか新米特有の香りとモッチリした食感で何杯でも食べられそうな感じ。

漬け物、イカの塩辛、卵かけ、タラコをおかずに食べました。

子供たちも喜んで食べていました。

Ca3i01390001

30kg袋入り(白米にすると糠を引いた分の約27kg)

このほかに10kgビニール袋入りもあります。

Ca3i01420001

カントリーのお米は全量一等米なので粒が揃っていてきれいです。

(まっしぐらの選別網は1.90mmです)

サイロに籾で保管されているので、いつでも新鮮なお米が食べられます。

2つのブログランキングに参加中!!
(下のボタンを押すとこのブログにポイントが加算されます)
人気ブログランキングへ

2011年11月13日 (日)

【TPP】野田首相、米大統領にTPP交渉参加を表明(11/13 YOMIURI ONLINE) 

野田首相は12日昼(日本時間13日朝)、ハワイ・ホノルル市内のホテルでオバマ米大統領と会談し、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加を表明した。

(YOMIURI ONLINE 11月13日)

ほらね。

2つのブログランキングに参加中!!
(下のボタンを押すとこのブログにポイントが加算されます)
人気ブログランキングへ

【TPP】TPP方針表明受け鹿野農相 参加前提でない(11/12 e農net)

鹿野道彦農相は11日、野田佳彦首相がTPP交渉参加に向けて関係国との協議に入るとの方針を発表したことについて、「交渉参加を前提とすることでないと理解している」と述べた。

 鹿野農相は「総理自身が参加表明とはおっしゃらなかった」とした上で、首相の方針は「真剣に党内の(経済連携)プロジェクトチームの人たちで議論いただいて、まとめていただいたものを(首相が)受け止められたもの」として、慎重派を含めた党内の意見が反映されたものと評価する考えを示した。

 関係国との協議では、「関係国がどういうことを求めているのか、まず情報をしっかりと把握することが大事」と話した。

 今後の国内農業対策については、「交渉に参加するしないに関わらず、『食と農林漁業の再生のための基本方針・行動計画』を進めていくと申し上げてきた」と述べた。

 具体的な施策や予算措置は「(2012年度)概算要求の中に新規事業を含めて盛り込んだ」と述べるにとどめた。

(e農net 11月12日)

農相は何を言ってるんだい?

11月10日夜、座り込みをしていたJA関係者から「参加しないことを約束して下さい。」と言われ、農相は「それは私が言うことではない。」と返答していた。

TPP参加に関して党の姿勢が、この慎重派のドンの言動からでも容易に分かってしまった瞬間であった。

2つのブログランキングに参加中!!
(下のボタンを押すとこのブログにポイントが加算されます)
人気ブログランキングへ

【TPP】全国農家 怒りの声 農業軽視に失望(11/12 e農net)

あれほど与野党から慎重論が出ていたにもかかわらず、野田佳彦首相は11日、TPP交渉参加に向けた関係国との協議入りを表明した。現場からは怒りや憤り、失望、将来に対する不安の声が噴出する。その叫びは切実だ。

・言葉何だった 協議は裏切り 国境守れない

 米国に加え、酪農・畜産大国のオーストラリア、ニュージーランドも加わるTPP交渉。それだけに国内の酪農・畜産農家が受ける打撃は計り知れない。

 「もう、諦めることに慣れてきた」。北海道湧別町で乳牛80頭を飼養する酪農家、植田喜代子さん(60)は、ため息をつく。経営を直撃するTPPに対し「政府は国益のためというが、TPP参加によりどれだけのメリット、デメリットがあるのかきちんと説明していない」。説明不足のまま突入した、関係国との協議入りに強く抗議する。

 栃木県さくら市で交雑牛約500頭、和牛約100頭を肥育する小池秀一さん(57)は「東京電力福島第1原子力発電所事故の影響で枝肉相場が回復する見通しがない。農家が生きるか死ぬかという状況では、参加しないのが当たり前だったはずだ」と失望する。これまでの国際交渉を踏まえ、「関税撤廃の例外品目の設定など日本の主張を通せるのだろうか」と心配する。

 復旧、復興さえままならない被災地の農家は大きな失望感を抱く。「『福島の復興なくして日本の復興なし』という首相の言葉は何だったのか」。福島第1原発事故で、福島県飯舘村から伊達市の仮設住宅に避難している酪農家の長谷川健一さん(58)は、最優先に取り組むべきは除染作業だと訴える。

 この先、農業・農村はどうなるのか――。中山間地域の未来を心配する声が相次ぐ。

 広島県庄原市で水稲3ヘクタール、繁殖牛10頭を経営する福岡卓巳さん(43)は「大規模農業を展開する米国などと同じ土俵で競争するなんてあり得ない」と憤る。小規模ながら工夫して米を作り、必死に地域を守ってきた。それだけに「農業経営が立ち行かなくなれば農村は一気に荒れる。政府は自給率向上を掲げてきたはず。協議入り表明は裏切りだ」

 愛媛県宇和島市でかんきつ54アールなどを栽培する山下由美さん(46)も「日本中が荒廃するイメージしか湧いてこない」と嘆く。JAえひめ南米粉パン工房「みなみ」のリーダーとして米粉の普及にまい進してきただけに、「米粉を普及し自給率50%にしようといっていたのに、この方向転換は何なのか」とぼうぜんとする。「TPPでは子どもたちの未来に何も残せない」と母親としての憤りも大きい。

 「農家がいなくなれば里山や地域の文化を守る担い手もいなくなるという実態を、政府は分かっているのか」と語気を強めるのは、石川県七尾市の米農家、海老恵子さん(67)。「戸別所得補償制度の導入を餌に、じわじわと農家を追い詰めようとしている」と不安を募らせる。

 TPPで島の農業も壊滅しかねない。でんぷん用カンショ約1.5ヘクタール、サトウキビ約
8ヘクタールなどを経営する鹿児島県中種子町の西田勉さん(70)は「地域や農業者らの叫びが、本当に理解してはもらえなかった」とがくぜんとする。「TPPが締結されれば、離島に人が住まなくなり、国境が守られなくなる」と危機感でいっぱいだ。

 「TPPに参加しても生き残れる」とされるブランド米農家、大規模農家も不安は募る一方だ。「首相は国益を考えて判断したというが、関税がなくなれば、価格差を背景に外国産米が増えかねない」。新潟県南魚沼市で稲作7.2ヘクタールを栽培する廣田一利さん(60)は心配する。「米の需給システムが崩れれば産地が生き残れるとは、到底思えない」

 水稲100ヘクタールのほか大豆25ヘクタール、麦40ヘクタールを栽培する愛知県弥富市の農業生産法人代表、八木輝治さん(40)も「これまで何千万円もの投資をして農業経営をしている。関税撤廃で採算確保が難しくなれば、多くの人が生産調整に協力しなくなり、価格競争が激化する」と警告する。

 北海道芽室町で小麦や大豆など30ヘクタールを栽培する寺町智彦さん(33)は「首相は会見で交渉参加を断言せずにうやむやにし、懸念の声をかわしたな、という感じがする」と指摘。うやむや発言に首相への不信感を募らせ、「TPPを結ばないよう、反対し続けていくしかない」と語気を強める。

(e農net 11月12日)

怒りの気持ちはなく、あきらめに似た感情が沸いた。

流れに身を任せるしかないのか。

2つのブログランキングに参加中!!
(下のボタンを押すとこのブログにポイントが加算されます)
人気ブログランキングへ

2011年11月11日 (金)

【今日は何の日】11月11日

今日は結婚記念日です。16年経ちました。

結婚の日取りが11月11日という「1」並びですが、そんな記念日的な考えで決めたわけではなく、この日が大安とか友引というメデタイ日じゃなく式場の賃料が安価だということで決めたのです。

それにしても結婚してから16年は、あっという間でした。

これからもお互い健康に過ごしたいです。

【今日は何の日】11月11日

世界平和記念日(第一次世界大戦休戦)、ジュエリーデー(日本ジュエリー協会)、電池の日(日本乾電池工業会1987)、ピーナッツの日(全国落花生協会,1985)、チーズの日(チーズ普及協会など)、ライターの日、西陣の日、恋人達の日、折り紙の日、磁気の日、サッカーの日

首相がTPP交渉参加のため関係国と協議に入ると発表した。

もちろんTPP交渉に参加するためなんだろう。100%そうだ。

なのに慎重派の農水大臣は「事前協議に入るということで良かった」とあたかも不参加ありきといった弁。

寝惚けているのか?

2つのブログランキングに参加中!!
(下のボタンを押すとこのブログにポイントが加算されます)
人気ブログランキングへ

2011年11月 3日 (木)

家族ドライブin十和田湖

午前10時すぎ、ちょっと遅めだったけど紅葉を見に十和田湖方面へドライブに出掛けました。

いつものことだけど気ままな無計画ドライブです。

弘前市~黒石市~平川市~十和田市(十和田湖休屋)~樹海ライン~秋田県小坂町~東北道~弘前市

Ca3i01250001

御鼻部山展望所(十和田市)から臨む十和田湖

Ca3i01260001

十和田湖休屋おみやげ街

Ca3i01300001

十和田湖畔乙女の像

Ca3i01310001

波と戯れる子供たち

今日はやや薄曇りの天気、十和田湖までの道中は紅葉が見頃でした。御鼻部山展望所から臨む十和田湖は雲の間から差し込む光のカーテンがとても幻想的でした。

十和田湖に着いてから、湖畔の遊歩道を乙女の像まで歩きました。子供たちは湖なのに波があって不思議そうにしていました。

今の時期はツアー客以外のお客さんは疎らな感じですが、賑やかさがない反面、かえって湖畔の静粛さを堪能できて良かったと思います。

【おまけ】

Ca3i01330001

樹海ライン沿いにあるふれあい広場(秋田県小坂町)

ウサギが日向ぼっこしている図。

とても人懐っこいです。ほかにヤギ、ヒツジ、ジャンボウサギがいました。

2つのブログランキングに参加中!!
(下のボタンを押すとこのブログにポイントが加算されます)
人気ブログランキングへ

2011年11月 2日 (水)

枝豆の採種

来年の播種用にあおもり福丸とあおもり毛豆の採種をしました。

採種の手順は、まず枝豆の収穫後ある程度サヤの膨らんだ株を残して立ち枯れさせます。枯れたら株を根っこごと引っこ抜き、あとはシートの上でビールびんで叩いてサヤから種を外します。採種後は未熟種、虫食いなどを取り除いて使えるものを選別しました。

これで来年は種子代を削減できますね。

Ca3i01190001

Ca3i01210001

2つのブログランキングに参加中!!
(下のボタンを押すとこのブログにポイントが加算されます)
人気ブログランキングへ

2011年11月 1日 (火)

冬支度~ビニールハウスの補強など

冬支度も終盤になりました。

今回はビニールハウスの天幕に灌水チューブを利用して補強しました。こうすることで冬の間の強風からビニールハウスを守ってくれるはずです。ちなみに昨年はびくともしませんでした。

補強状況(青色)↓

Ca3i01130001

らせん杭に結束↓

Ca3i01140001

それから、敷きワラ用に積み上げておいた稲ワラにブルーシートを被せました。マイカ線と土を詰めた肥料袋でギッチリ固定したのでこちらも大丈夫だと思います。

Ca3i01120001

2つのブログランキングに参加中!!
(下のボタンをおすとこのブログにポイントが加算されます)
人気ブログランキングへ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »