フォト
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月30日 (日)

ハロウィンかぼちゃ

Ca3i01070001

長女デザインのハロウィンかぼちゃ。

題「ニコニコ出っ歯」(笑)

2つのブログランキングに参加中!!
(下のボタンを押すとこのブログにポイントが加算されます)
人気ブログランキングへ

廃プラ処理料金はいくら

今年も廃プラ処理の季節がやってきました。

えっ?受入は今月末で終わりなんですか。ははは

ということで急いで処理場まで運んできました。

そんな廃プラ処理の料金っていくらかかるかという話。

地区の処理場では、廃プラ処理にかかる農家負担は

農ビ  297.5円/10kg

農ポリ 260円/10kg

となっています。

ウチでは農ビ260kg(7,735円)、農ポリ230kg(5,980円)でした。

農ビ、農ポリは混同しないで各々決められた曜日に搬入することになっています。

JAから搬入マニフェストを搬入回数分購入して直接処理場に搬入します。廃プラ処理の料金は指定した口座から引落になります。

ちなみに搬入マニフェストとは、処理依頼者名(自分)や処理業者名などが記入されたもので適正に処理されていますという文書のこと。処理場に提出します。1回分30円。

2つのブログランキングに参加中!!
(下のボタンを押すとこのブログにポイントが加算されます)
人気ブログランキングへ

2011年10月29日 (土)

ここは昔小川だった

Getattachment

こんな感じで田んぼにサブサイラをかけていたら・・・

Ca3i01050001

1本の柳の古木が出土した。

サブソイラは深さ50センチくらいなので一般的なロータリー(10~15センチ深耕)では出てこないはずである。

ウチの父さんの話しだと、50年くらい前までここは小川が流れていて、川縁には柳の木などが生えていたそうだ。その後、圃場整備工事され小川は無くなってしまったが、その工事の際に切り倒され一部そのままになったのではないかということだった。

ここに小川が流れていたというのも驚いたが、それにしても土中にある木は腐らないんだな、と別の意味で驚いた。

2つのブログランキングに参加中!!
(下のボタンをおすとこのブログにポイントが加算されます)
人気ブログランキングへ

2011年10月27日 (木)

懐かしのスターキング

Ca3i01030001

JAの直売所でみつけたスターキング。

すごく懐かしい。

シャワシャワとした食感と少しの酸味がいい。

小学生の頃リンゴといえばスターキングだった。

いつの間にか無くなってしまったけど。

同じく無くなってしまった品種にインドリンゴがある。

どこかで栽培していないかな。

2つのブログランキングに参加中!!
(下のボタンをおすとブログポイントが加算されます)
人気ブログランキングへ

敷きワラ集め

田んぼからスイカ用の敷きワラを集めました。

今まで業者から稲ワラロールを買っていたので、この経費を削減できたというわけです。

これもコンバインを買ったことの副産物的なモノですね。

敷きワラは稲の刈り取り時に長ワラのまま落としておいたもので、これを手作業でひたすら集めて、まとめて、束ねての繰り返し。

約20アール分なので結構ハードな作業。ロールベーラーを使えば簡単楽チンなんだろうけど。そんな金銭的余裕ないし。

3日かけて一応ワラを束ねました。

まとめている間は「経費削減分を労働日数で日割りすれば日当1万円くらいになるかな」なんて考えながらやっていました。

Ca3i00960001

束ねやすいようにワラをまとめる

    

Ca3i00980001

束ねたモノを4個一組にして立てておく

2つのブログランキングに参加中!!
(下のボタンをおすと・・・)
人気ブログランキングへ

2011年10月18日 (火)

美味しいスイカの漬け物

Ca3i00940001

生産組合の慰安旅行先の山形で買ったスイカのしょうゆ漬け。

スイカの漬け物のことは聞いたことはありましたが、見るのも食べるのもこれが初めて。見た目は胡瓜っぽく(スイカの縞模様が少しわかる)、食感は瓜そのものでしょうゆとりんご酢で漬けられたサッパリ味です(スイカ味はしません)。

生産者には失礼だけど意外と美味しいです。

ウチでもスイカ栽培過程で摘果された未熟果がたくさん出るので挑戦してみたいです。

2つのブログランキングに参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

生産組合の慰安旅行(山形~宮城)

地区の生産組合の慰安旅行があり参加しました。

参加者は平均年齢70ウン歳、40歳代の自分は一番の若者でした。

早朝バスに乗り込みいきなり宴会が始まったのには目が点!?

そのまま酒に酔い、バスに酔いながら数回のトイレ休憩を挟み一路山形へ。

【1日目】

つがる市(出発)~東北道~白石IC~蔵王アスピーテライン~お釜~天童将棋記念会館~佐藤千夜子生家~天童市内ホテル

Ca3i00760001

Ca3i00730001

アスピーテラインを登っていくにしたがって雲が厚くなり、お釜(カルデラ湖)に到着したころには生憎の天気でその景色を臨めませんでした。せっかく来たのにザンネン。その後、天童駅にある将棋記念会館と天童市内の佐藤千夜子生家を見学しました。ところで佐藤千夜子とはどんな人かといえば、日本で初めてレコーディングした人なんだそうです。

ホテルに到着し温泉入浴、それと懇親会。懇親会では歌えや踊れの大宴会で、年齢を感じさせない迫力ですごく盛り上がりました。

【2日目】

天童市内ホテル~立石寺~山形道~仙台南部道路~仙台東部道路~塩竃魚市場~松島~東北道~つがる市(解散)

Ca3i00770001

Ca3i00800001

Ca3i00830001

Ca3i00780001

立石寺(りっしゃくじ)は松尾芭蕉の奥の細道にもある「静けさや~」でも知られる山寺。1015段の石段を登ったところにあります。この石段、微妙な高さで一段ずつだと低く感じ、一段飛ばしで行こうとすれば高く感じるという膝に優しくない仕様になっています。それでもみんなで頑張って登りました。往復約1時間所要。

某参加者「毎日皇潤飲んでるから大丈夫だぁ♪」

Ca3i00910001

Ca3i00900001

Ca3i00890001

松島は言わずと知れた日本三景のひとつ。行き交う遊覧船、島と島が重り景色は最高でした。

その松島には独眼竜正宗の菩提寺である瑞巌寺(ずいがんじ)があります。現在も修復工事をしていました。

松島にはいまだ震災の影響でそのままになったホテル、店もありますが、売店の人たちの前向きな姿に脱帽でした。復興を支援する気持ちでお土産をいっぱい買いました。というよりは上手に勧められた感じですが。

仙台南部道路を通ると太平洋側の田んぼが一面の草っぱらでした。震災の現実を目の当たりにした感じで何の言葉も出ませんでした。同じ米農家としてやり切れない気持ちになりました。

【総括】

本当に楽しかったです。

新メンバーの参加は実に10数年振りなんだそうです。当初、ベテランの中に若手(若くはないけど)が一人いて場違いな感じもしました。それでもみなさん快く受け入れてくれて非常に有り難かったです。道中、懇親会では農業に関すること全般についていろいろとうん畜を教えてくれたり。自分の田んぼや畑についてアドバイスをもらったり、それも今まで会釈程度のあいさつしかしたことがない数人からだったので驚きました。新規就農した自分のことを感心をもって見ていたんだなと痛感させられました。

ぜひ来年も参加したいと思います。

2つのブログランキングに参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2011年10月15日 (土)

秋打ち

田んぼの秋打ちをしました。

朝から夕方までずっとトラクター作業。キャビンなのでお気に入りの音楽を聴きながらのんびり作業で結構気楽です。

秋打ちは耕土表層で稲ワラを分解させるため浅くすき込んでおき、さらに春先に深くすき込んで耕土下層で分解させることで稲の生育障害の心配もなくなります。

秋打ちは残り半分くらい。

雨が続くので様子を見ながらゆっくりやろうと思います。

Ca3i00710001

2つのブログランキングに参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2011年10月13日 (木)

サブソイラで暗渠を掘る

Getattachment

水はけの悪かった圃場にサブソイラで暗渠を掘ってみた。

この時期に掘ってみて越冬後も効果があるのかは不明である。

2つのブログランキングに参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2011年10月12日 (水)

風を利用する

農作物の収穫も終了し、あとは片付けと農機具のメンテナンスだけ。

それで昨日からスイカのマルチを片付けています。

マルチは片側を剥いでからもう一方を剥いでいきますが、なんと効率の良い方法を発見!!

それは風上からマルチを剥いでいく方法。単に風をマルチの中に入れて風の勢いで剥ぐだけなんですが・・・

今日はいつにも増してすごく風が強かったので、その風を逆に利用しました。

Ca3i00670001

2つのブログランキングに参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2011年10月 8日 (土)

農水省に問い合わせ

新規就農者に年間150万円を給付する事業についてブログで取り上げたが、この事業(新規就農総合支援事業)を含む平成24年度農水省の概算要求の枠組みが公表された。

【関連ブログ記事】

新規就農者に年150万円給付-農水省概算要求【時事ドットコム 9/27】

【概算要求項目(抜粋)】

新規就農総合支援事業【15,821(0)百万円】(PDF:296KB)

この事業は、新規就農者確保事業と農業者育成支援事業の2つからなる。前者は給付金により新規就農者を定着させる事業で、後者は地域リーダー等を育成するため農業経営者教育機関を支援する事業。

新規就農者確保事業で給付対象となるのは独立・自営就農で独立しない単なる親元就農は含まないとなっており、市町村の地域農業マスタープランに位置づけられている(または位置づけられると見込まれる)原則45歳未満の者であって、その給付は、

・最長5年間

・市町村等が適切な就農をしていないと判断した場合は打ち切り

・所得が300万円以上ある場合は給付しない

となっている。

要するに、単に新規就農しただけでなく、市町村から将来の担い手としてのお墨付きをもらわなければならないということである。

この事業内容には記載されていないが、一部メディアでは夫婦で就農する場合の単価や就農後2~3年で経営が非常に厳しい就農者、親元就農のうち親から独立した部門で経営する者も給付対象とするか検討課題とすると報じられている。

その点について、担当する農水省経営局就農・女性課(03-3502-6469)に問い合わせしたところ、詳細はこれから協議し市町村等を通して公表するということであった。

【関連記事】

新規就農者に年間150万円 24年度予算概算要求【農業協同組合新聞JAcom 10/3】

新規就農も支援へ 部門別独立が条件 農水省の新規事業【e農net 10/6】

2つのブログランキングに参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2011年10月 7日 (金)

今年の収穫・出荷はすべて終了

枝豆(あおもり毛豆)の出荷をもって今年の収穫・出荷はすべて終了となりました。

枝豆、米の出荷数量の詳細はこれからです。初めて作付けしたものも含めて、今年は全般的に収量は良かったと思います。

これからの作業は畑の撤収、田んぼの秋打ち、冬支度など10月いっぱいかけてやります。

110723_11260001

Ca3i00030001

Ca3i00560001

Ca3i00610001

2つのブログランキングに参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2011年10月 5日 (水)

県産新米 前年比10%高で販売開始【東奥日報 10/5】

全国農業協同組合連合会(JA全農)が4日までに公表した2011年産米の相対取引価格(1等、60キロ)によると、「つがるロマン」が1万3200円、「まっしぐら」が1万2900円と、前年同期に比べ10%高で販売を開始したことが分かった。東京電力福島第1原発事故の影響による供給の不透明感から、引き合いが強まっているためとみられる。

10年産はつがるロマン1万2千円、まっしぐら1万1700円で販売開始したが、全国的なコメの過剰感から取引が低迷し、2週後に500円ずつ引き下げた。

これに対し、本年産は取引を開始した9月26日から1週間の成約数量が、つがるロマン4378トン、まっしぐら1358トンと順調なスタートを切った。

(東奥日報 10月5日)

昨年は追加払いがゼロだったので、このまま順調に行って追加払いに反映してくれるといいな。

2つのブログランキングに参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2011年10月 4日 (火)

近所で雹(ひょう)害発生

ここ最近、こちらでは冬型の天気でめっきり冷え込んでいます。

枝豆の洗浄とかの水仕事が多いのでこの天気は特にキツイです。

タイトルにあるとおり、一昨日、近所で雹(ひょう)害が発生しました。

それもウチの田んぼから1キロくらい離れたところでした。

地区では9月25日(日)から30日(金)までは晴れ続きで稲刈りも順調に進んでいて、その後10月に入ってからは降雨のため中断していました。

この雹害のニュースを聞いて、これは偶然この地区で発生しただけであって、自分のところでも起こりうることなんだと、改めて自然の脅威を感じました。

同じ農家として被害に遭われた方の心中を察します。

心からお見舞い申し上げます。

【新聞記事】

つがる市で降ひょう 作物に被害(東奥日報10/3)

県内は2日、北海道付近の低気圧から延びる寒冷前線が上空を通過した影響で、昼ごろにかけて局地的に大気の状態が不安定となった。つがる市木造丸山、出来島、菰槌、館岡地区などでは、ひょうが降り、収穫間際の稲穂からもみがこぼれたほか、野菜の葉が破れる被害が出た。

丸山地区では午前10時半ごろから約30分間、激しくひょうが降り一面真っ白になったという。前日の稲刈り中に雨が降り、それ以降作業を中断していた農業成田稔さん(50)は田んぼを見回り、「もみが地面にこぼれていて、3割以上の減収になるはず」と肩を落とす。父・貞利さん(80)は「これだけひょうが降るのは初めてだ」と驚いていた。

また、近くの農業長谷川勇一さん(58)の畑では、1週間後に収穫する予定のブロッコリーの葉が折れたり穴が開いたりした。長谷川さんは「花芽もひょうに打たれているので、後で茶色くなる被害が出ると思う」と心配する。

出来島地区の農業斉藤弘子さん(59)も「畑に植えているチンゲンサイやサンチュなどの野菜に穴が開き、出荷できない」と、突然の出来事に頭を抱えた。

2つのブログランキングに参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2011年10月 2日 (日)

農地集積協力金50アール以下30万円,2ヘクタール超70万円【e農net 10/1】 

農水省が2012年度政府予算の概算要求に盛り込んだ農地集積協力金の交付方法などが30日、明らかになった。協力金は農地を貸し出す地権者に交付する。交付金は(1)50アール以下は1戸当たり30万円(2)50アール超~2ヘクタール以下は同50万円(3)2ヘクタール超は同70万円――で、市町村か地域農業再生協議会ごとに総額を算定し、同省が都道府県を通じて交付。農地を貸し出した地権者に支払う実際の金額は、市町村または同協議会が決める。

協力金の交付は「地域農業マスタープラン」を作成する市町村または同協議会が実施主体となる。同協議会は、戸別所得補償制度の加入推進などに取り組む組織。同プランでは、集落ごとの話し合いで地域の中心となる経営体などを決める。

交付は、地権者が、米や麦といった土地利用型農業から施設野菜などに経営転換し余剰になった農地を貸し出す場合か、相続や高齢で経営を辞める場合に受けられる。

コンバインなどの農業用機械を処分することも要件とする。交付額の算定基準は、処分経費などを踏まえて設定した。

農地の貸付先の選定などは、農地利用集積円滑化団体などが行う。

協力金は、12年度に創設する予定の戸別所得補償経営安定推進事業の柱の対策で、80億円の事業費のうち66億円を充てる。

(e農net 10月1日)

金額が決定したようです。

農地を貸し出しやすい制度ではありますが、逆に今まで中規模以下の米農家に貸し出していた地権者はその農地の貸し剥がしをして、集落の中心経営体に貸し出してしまうのではないだろうか。

貸し剥がされた農家の末路は・・・

2つのブログランキングに参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2011年10月 1日 (土)

枝豆のお裾分け

Ca3i00660001

稲刈りも終了し、昨日からぼちぼち枝豆を収穫しています。

収穫したのは「青森毛豆」という品種。こちらでは漬け物にするのが最もポピュラーな食べ方です。たぶん。

この日収穫した枝豆はお裾分け用に袋詰めしました。

おいしく食べていただければ幸いです。

2つのブログランキングに参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »