« 他品目の後作に導入【e農net 7/8】 | トップページ | 暑さにも負けず »

2011年7月10日 (日)

持ち帰り楽で食べ切り【e農net 7/8】

・市 場

 JA紀州中央に作付けを提案したのは、大阪市中央卸売市場本場で営業する大阪中央青果。小玉スイカの注文が増えているからだ。「核家族化に伴い、食べ切りサイズの小玉の人気が徐々に高まっている。需要が供給を上回っており、今後もあればあるだけ売れる品目だ」と同社。

 本場の取扱量をみると、大玉は2000年の1万8500トンから10年には1万2000トン弱に落ちた。小玉は、2000年の1300トンから10年の1600トン弱に増えている。全体に占める小玉の割合は、6.7%から11.8%に高まった。

生協、スーパー 底堅い需要を支えるのは各地の生協だ。生協の事業の柱の一つである無店舗(巡回)販売では、スーパーのようにカット売りが難しく、核家族が食べ切れる小玉を販売したいとのニーズが高い。スイカの大手種苗会社・萩原農場が大玉並みのシャリ感が出る「ひとりじめ」シリーズを開発した1999年以降、扱い量は年々増加。生協の国内最大手、コープこうべの無店舗での売上高を2006年と10年で比較すると、大玉は48%減少し、小玉は21%増えた。

 スーパーでも小玉スイカを積極的に扱う店舗が目立っている。兵庫、大阪で約60店を展開する関西スーパーマーケット(兵庫県伊丹市)は今年から本格的に小玉を販売する。「買いやすい価格で持ち帰りやすいため消費者のニーズは高い」と話す。

2つのブログランキングに参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 他品目の後作に導入【e農net 7/8】 | トップページ | 暑さにも負けず »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 持ち帰り楽で食べ切り【e農net 7/8】:

« 他品目の後作に導入【e農net 7/8】 | トップページ | 暑さにも負けず »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

いいね!ランキング

  • 白戸さんち - にほんブログ村
  • PVアクセスランキング にほんブログ村