« 小玉スイカ伸びる【e農net 7/8】 | トップページ | 持ち帰り楽で食べ切り【e農net 7/8】 »

2011年7月10日 (日)

他品目の後作に導入【e農net 7/8】

・産 地

大玉スイカの大産地、熊本県で小玉スイカが増加傾向だ。JA熊本経済連によると、2004年と11年の作付面積をみると、大玉は1186ヘクタールから791ヘクタールに減少。小玉は32ヘクタールから94ヘクタールへと、3倍に増えた。「高齢化で農家の離農が進む中、軽くて作業負担が少ない小玉なら続けられるという人も多い」と労力面の利点を指摘する。

 所得確保を目的に小玉を導入する産地も目立つ。秋田県のJAこまちでは、大玉からのシ
フトに加え、水田転作で新規に作る農家が増加。11年の小玉の作付面積は12ヘクタール。5年で2倍以上に増えた。県内他JAでも卸売市場からの要望で8月出荷を目指した小玉の新規作付けが増えており、同JAが指導に当たる。

 スターチスの生産量が日本一の和歌山県のJA紀州中央管内では近年、相場が低迷するスターチスの後作にスイカを作る農家が増加。5年前の7ヘクタールに対し、今年は「ひとりじめ7」を中心に11ヘクタールに伸びた。田中一裕部会長は「花だけではやっていけないという危機感がある。スターチスの10アール手取りは200万円弱になった。小玉スイカに取り組むことで40万~50万円が加わる」と話す。

(続き)

持ち帰り楽で食べ切り【e農net 7/8】

2つのブログランキングに参加してます

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 小玉スイカ伸びる【e農net 7/8】 | トップページ | 持ち帰り楽で食べ切り【e農net 7/8】 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 他品目の後作に導入【e農net 7/8】:

« 小玉スイカ伸びる【e農net 7/8】 | トップページ | 持ち帰り楽で食べ切り【e農net 7/8】 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

いいね!ランキング

  • 白戸さんち - にほんブログ村
  • PVアクセスランキング にほんブログ村