« 畑の作付配置図 | トップページ | 出発!! »

2011年1月 9日 (日)

野菜の価格高騰報道の裏では

「野菜の価格高騰」

「消費者に聞いてみた」

「高くて家計が大変だ」

マスメディアが年間を通してポイント的に取り上げる

例えばレタス1個が1,000円上がるんだったら家計も大変だろうけど

高くてもせいぜい1個100~200円くらいのもの

年間を通して野菜が高値なわけでもないし

なんなんだろう

マスメディアの取り上げ方がやたら鼻につく

非常に安っぽすぎる

そんな中、政府はTPP参加に向けてアメリカ参りをするみたいだ

TPP日米協議、13・14日に 【読売新聞 1/8】

日米両政府は7日(日本時間8日)、環太平洋経済連携協定(TPP)の2国間協議を13、14日に米ワシントンで行うと発表した。

日本政府から関係省庁幹部が訪米し、TPP交渉の中心国である米国当局から、貿易自由化などの交渉状況について情報収集する。日米間の事務協議の開催は初となる。

日本政府は昨年11月、TPPの交渉参加に向けた協議開始を表明し、菅首相は今月4日の年頭記者会見で、参加の是非について6月をめどに結論を下す考えを示している。米国との協議をきっかけに、交渉参加の前提となる国内農業改革の議論を加速させる方針だ。

TPPは米国や豪州など9か国が11月の妥結を目指して交渉している。

日本はTPP交渉参加の判断を先送りしているため、昨年12月にニュージーランドで行われた第4回交渉にはオブザーバー参加も認められなかった。その後、豪州、シンガポールなど交渉参加国から個別に情報収集しており、米国との協議もその一環となる。

*****

まず、自分はTPP参加に反対である

農業としての立場だけでなく、参加することで何となく日本がおかしくなる感じがする

開国だって言ってるけど言ってる意味が分からない

TPPに関して賛成派、反対派を問わず農業と関連付けて議論していることが多い

それが賛否を語る上で国民が(を)分かりやすい(誤魔化しやすい)から

参加することで国内農業の壊滅必至だけど

では、農業以外の産業はどうなの?

関税が撤廃されるとどうなるのか

製造業だって良いこといってるけど結局は海外工場頼み

安い労働賃金で生産できているうちはいいけど

それもいつまで続くのかわからない

議論しなければならないことがいっぱいあるのに

マスコミだって政権与党の内輪もめばかり取り上げているし

言論の自由を逆手にとってばかり

もっと大事なことがあるだろうといつも思っている

(お隣の韓国で起きた口蹄疫問題の報道は非常に小さい感じがする)

自分の中にもどっかに人任せ的なところもあって

TPPに参加するかどうかも誰かが勝手に決めて

流れにまかせるだけなんだろうなと思ったり

何とかなるだろうとか

その方が何となく楽だなと

自分も悪い

自分はブログでグダグダ言ってるだけ

ただの愚痴で何の解決にもならないし

何だかな~って

最後まで読んでいただきありがとうございます。

本文はあくまでも雑感であり特定団体を非難するものではありません。

1日1回クリックしていただけるとブログ更新の励みになります
      ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
こちらもポチッとお願いします
    ↓ 
人気ブログランキングへ

« 畑の作付配置図 | トップページ | 出発!! »

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の価格高騰報道の裏では:

« 畑の作付配置図 | トップページ | 出発!! »