« NHKスペシャル”清算”の行方~諫早湾干拓事業の軌跡~ | トップページ | ほっとけ栗たんの栽培 »

2011年1月30日 (日)

コーヒー・食用油・砂糖…食料高騰、国内に波及【読売新聞 1/29】

農産物の国際価格が急騰し、国内でも食料品の価格が上昇し始めている。

昨年末からコーヒーや食用油、砂糖が相次いで値上げされた。新興国での需要の急拡大で、世界的な需給バランスが崩れていることに加え、金融緩和で市場にあふれた資金が商品市場に流れ込むなど、投機的な要因も見られる。消費不況の中では、原材料価格の上昇分を商品価格へ転嫁するのは難しく、家計に加え企業業績への影響も懸念される。

コーヒーチェーン大手のスターバックスコーヒージャパンは28日、売れ筋のショート(最小)サイズの価格を2月15日から10~20円値上げすると発表した。コーヒー豆の相場が、この1年間で6割以上も上昇したためで、値上げは2008年7月以来となる。

1年間で約5割値上がりした大豆などを原料とする食用油でも、日清オイリオグループなど大手2社が今月、一部商品の卸売価格を15%値上げした。食用油はマヨネーズやドレッシングの原材料で、「食品業界に影響が広がる可能性がある」(大手調味料メーカー)との懸念も強まっている。

(読売新聞 1月29日)

食料を輸入に頼っている国にとって当然の結果。

大量生産に大量販売、大量消費により安定価格を維持しても、食料を輸入に頼っていることでそこには限界がある。

価格が高騰して当然。

世間は安いことが当然なことのようになってしまっている。

10年前、20年前より物が安くなっていることが異常だと思う。

1日1回クリックしていただけるとブログ更新の励みになります
      ↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
こちらもポチッとお願いします
    ↓
人気ブログランキングへ

« NHKスペシャル”清算”の行方~諫早湾干拓事業の軌跡~ | トップページ | ほっとけ栗たんの栽培 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« NHKスペシャル”清算”の行方~諫早湾干拓事業の軌跡~ | トップページ | ほっとけ栗たんの栽培 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

いいね!ランキング

  • 白戸さんち - にほんブログ村
  • PVアクセスランキング にほんブログ村