« 定額部分12月支払い/戸別補償モデル事業【日本農業新聞 10/5】 | トップページ | 広報紙の取材 »

2010年10月 6日 (水)

笑うに笑えない今年の収穫量

以前、このブログで県の発表した作況指数と西北地方の実態が余りにも違いすぎるという内容の新聞記事を紹介しました。

作況「西北は80以下」農家が訴え【東奥日報 10/3】

本日、JAからカントリーエレベーター利用の精算書を受領しましたが、作況指数80以下に近いものがありました。収穫量は多いところで10アールあたり10俵(607kg)以上、少ないところで同8俵(約485kg)以下。辛うじて等級比率は1等米95%、2等米以下5%でいずれも良質でした。

本当に、ここまで少ないとは思わなかったので呆然としています。

※JA出荷の場合1俵=60.7kg計算である。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 定額部分12月支払い/戸別補償モデル事業【日本農業新聞 10/5】 | トップページ | 広報紙の取材 »

水稲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑うに笑えない今年の収穫量:

« 定額部分12月支払い/戸別補償モデル事業【日本農業新聞 10/5】 | トップページ | 広報紙の取材 »