« 田んぼの雑草 | トップページ | 小玉スイカの玉直し »

2010年7月15日 (木)

農業資産を多面的に鑑定するNPO【東奥日報 7/14】

農地など農業資産の価値を多面的に鑑定・評価するシステムを構築しようと、青森市の不動産鑑定士が中心となり、NPO法人を設立した。改正農地法施行により農業経営に一般企業の参入が進むことを見込んだ動きで、融資や投資の参考となる情報を提供したり、農地の賃貸・売買をめぐり、農家や企業などの仲介役を担う。関係者によると、不動産鑑定士によるこうした取り組みは、全国的にも珍しいという。

(東奥日報 7月14日)

興味ありますね。

就農するときに農地取得がいちばん大変だったので。あるところに売買交渉にいったときには「ここは米の収量が多いからね~」なんて言われ地域相場の倍の値段を言われたこともあるし。

記事の内容だけでは判断できないけど、土壌、立地、集積状況とか、これまでの賃貸・売買状況を参考にするのかな。

まだ、構築しようという段階なので、これから詰めていくところなんでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 田んぼの雑草 | トップページ | 小玉スイカの玉直し »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 農業資産を多面的に鑑定するNPO【東奥日報 7/14】:

« 田んぼの雑草 | トップページ | 小玉スイカの玉直し »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

いいね!ランキング

  • 白戸さんち - にほんブログ村
  • PVアクセスランキング にほんブログ村