« pg「楽しいうさぎケーキ」 | トップページ | 2010.3.7 ビニールハウス建設 »

2010年3月 6日 (土)

2010.3.6 農閑期のアルバイト

おはようございます。

今朝はどんより曇り空です。

昨晩は父の快気祝いで「家焼き肉」しました。さっき起きたら部屋中に焼肉臭がぷんぷん充満。

ファブファブしなければ・・・ (消臭剤散布です ^^; )

さて、今日は「農閑期のアルバイト」について少々。

こちらの地域は冬になると、特に耐雪ハウスとか施設栽培をしていない農家の人はアルバイトをしています。

りんご箱詰め、除雪作業など。

私も農業研修終了後、農閑期のアルバイト探しのためハロワ通いをしていました。

そこで見つけた仕事は「酒類臨時配送員(雇用期間1ヵ月)」でした。

ハロワ担当者がその会社に電話すると面接は数時間後ということだったので、すぐに履歴書を持って面接に伺ったんです。緊張しながら。

しかし面接は5分で終了。明日から来て下さいということで即採用。

が、そこはいわゆる3Kの職場で、私がいた1ヶ月間にアルバイトが何人も来ましたが、体力的に精神的に(この部分がすごく大きい)あまりにハードでその日のうちに辞めていく人がホント多かったです。面接5分の意味がわかりました。

また、募集内容には「ビールケース(20kg)運搬作業あり、体力を必要とします」という項目もちょっとした力自慢であればスルー項目だけど、実際は一度にビールケース3箱60kgを運ばなければならないので、勇んでやって来た力自慢たちも即退散という感じ。

それに加えて先輩方からの叱咤激励がすごくて、体力はあっても精神的にもやられてしまう場合もありました。

そんな感じで積込み、配送作業を鬼先輩と二人一組で2週間やって、晴れて一人前のトラック野郎として配送できるんです。

ここまで来ると鬼先輩たちも優しくなります。

なんか一生続けてもいいかなという気持ちになってきます。

約束の1ヵ月が過ぎようとしたとき社長から社員として残留してもらいたいという有り難い言葉をいただきました。

しかし、私は迷わず

NO!!

と即答しました。

就農を前にして身体を壊してもいけないですから。

一生この仕事はイヤだけど、アルバイトだったらまた来年やってもいいかな・・・なんて

都合良すぎですね。

ではまた サヨーナラー(_´Д`)ノ~~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村

ビジネスブログランキング

« pg「楽しいうさぎケーキ」 | トップページ | 2010.3.7 ビニールハウス建設 »

農作業以外の話」カテゴリの記事

コメント

観させていただきました。
凄い世界ですね・・・。

わたしは、、、即効Noですね…。

そらさんへ

事務系が本職なので、このビールケース3箱はきつかったです。
最初は冗談だと思いました。

精神的なものは仕事をこなしていれば徐々になくなってきました。それでも最初の2週間は会社に行くのも憂鬱でしたよ。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010.3.6 農閑期のアルバイト:

« pg「楽しいうさぎケーキ」 | トップページ | 2010.3.7 ビニールハウス建設 »