2017年6月26日 (月)

朝方は寒い

朝方は寒かったつがる市です。

天気予報では晴れマーク続きのはずが、夜中に雨が降ったため、畑作業が出来なくて予定が狂ってしまいました。なので今日は圃場の巡回で終了。

Ca3i09940002 Ca3i0995

田植えから40日目、茎数は取れていますが草丈が短い感じ。ん~、どうなるんでしょう。

Ca3i0998 Ca3i0996

スチューベン葡萄は房が膨らんできました。防鳥ネットを張ったのでフン害もなく良い感じです。

今後の作業予定は、枝豆畑が乾いたら中耕・培土をしようかな。雑草がすんごいことになってきています。

作業をしたくてもできない。気持ちが焦るよ~

2017年6月25日 (日)

Do It Yourself 屋根のペンキ塗り

第二弾は屋根のペンキ塗り。

我が家の屋根は無落雪仕様です。構造上、周りから屋根自体は見えないので上ってみないと塗装状態がわかりません。

Ca3i0987

で、上がってみるトタンむきだし状態でペンキのペの字もありませんでした。屋根中央の溝は融雪用のヒーターが入っていて、そこに向かって屋根が傾斜して雪が滑り落ちるような仕組みになっています。現状では雪滑りは最悪、たぶん数年はこの方式は機能していなかったはず。

Ca3i0988 Ca3i0989

今回使ったペンキは「高耐久アクリルトタン用」です。サビの上からでも塗れるという謳い文句です。長持ちするそうで値段は少しお高め。

まず、ローラーで塗りにくい樋と立ち上がり部分を刷毛で塗ります。これが結構な重労働で、縁(へり)の部分は下を覗き込むような体勢になり恐怖心がプラスされます。あと日光で次第にトタンが熱くなって来るので、ヤケドをしないような重装備で臨まなければなりません。職人さんは大変だなぁと思いました。

Ca3i0991

刷毛で塗り終わったら残りはローラーで塗ります。ローラーは柄の長いモノにすれば立ち作業ができるので便利です。今回は元々ある柄の短いモノに長い棒を細工して使いました。

Ca3i0992

なんとか塗れました。見た目もキレイ。途中、休憩しながらで所要8時間。

Ca3i0993

おまけ。

残りあと少しのところでペンキが足りなくなり、急いでホームセンターへ。同じメーカーの同色のモノを買ったのにペンキの仕様を間違えたため色も全然違ってしまいました。ちなみにどちらもこげ茶。残念賞~★

ま、無落雪屋根だからドローンで上空から見ない限り大丈夫w

Do It Yourself サイディングのシーリング

梅雨入りしてから天気の良い日が続いています。

週末は自宅の修繕に精を出しました。直せるところは自分で直そう作戦。業者に頼むと結構な金額になるし、まだまだ子供にもお金が掛かるので・・・

第一弾はサイディング(壁材)のつなぎ目のシーリングです。本来は施工10~12年で交換しなければならないそうです。築後18年を経過し、見たところ我が家はシールの剥がれや隙間はありませんでしたが、表面は劣化して小ヒビが入っているところもあり触ると粉っぽい感じでした。すでに限界を超えています。

Ca3i0978 Ca3i0980

まず古いシールはカッターとペンチで取り除きます。シールの両脇にカッターで切れ目を入れてペンチでつまんで引っ張る感じ。思ったよりも力が必要です。カッターは刃が幅広の頑丈なモノを選びました。

Ca3i0979 Ca3i0982

シールを取り除いたつなぎ目にプライマーという接着剤を万遍なく塗ります。後々、施工したシールが乾燥して縮んだときの剥がれ防止になります。あとは溝の両脇に養生テープを貼りコーキングガンでシーリング、表面をヘラで均せば完成です。

Ca3i0981 Ca3i0985

仕上がりはギリギリ及第点かな。サイディングの凹凸は養生テープをしっかりと貼らないとシーリング剤がはみ出て汚くなります。

第二弾(屋根のペンキ塗り)へ続く・・・

2017年6月21日 (水)

スチューベン葡萄の鳥避けネット

とんとご無沙汰なスチューベン葡萄です。

6月初めにねん枝と摘房を済ませ、1回目の防除もしましたよ。Ca3i0970

例年通り、房は200~250くらい残しました。今年の房は大振りで期待できそう。
Ca3i0967

父親が植えた巨峰。初見参!!

適当にやったものだから、ハウスの際あたりの葉っぱはビニールに接していて焼けてしまいました。

今年で3年目を迎えるので房を8個だけ残しました。粒が大きくなるので摘粒作業も入ってきます。ジベレリン処理にも挑戦してみたいな。どうなるか楽しみ。
Ca3i0968 Ca3i0969

で、今年からハウスの開口部分に鳥避けネットを張りました。去年は鳥の好き勝手にさせたため、葡萄は食べ放題、残ったモノも果実の間にフンや羽が入って汚い仕上がりでした。
Ca3i0972

あとは適宜防除をして見守りするだけ。

2017年6月20日 (火)

田んぼの追肥と水路の除草

天気の良いつがる市です。

先週末、今年から田んぼに戻した圃場に追肥しました。ここは枝豆あとで土が肥えているはずですが、一部で苗の分けつが進まず黄変していました。

様子を見ながら7月上旬の中干しのときにもう一度追肥しようと思っています。挽回なるか?

Ca3i0973

で、今日は水路の除草をしました。水路と言っても田んぼによっては用水路であり、排水路でもある、なんとも忙しい水路です。たまたま水路の両側が我が家の田んぼなので、仕方なくしっかりとやりましたよ。

Ca3i0974

水路の中は名前の知らないイネ科の草がモサモサです。近所の人は「ガヅゲ」と言ってました。これのせいで水の勢いも半減です。

Ca3i0977

ひたすら鎌で約50メートル。ツカレタ~、腰イタッ!!

これで水の流れも良くなりました。

2017年6月17日 (土)

ヒロシです6 草食系男子?

豆苗をひたすらムシャムシャムシャ・・・

Ca3i0965

2017年6月14日 (水)

水稲苗の様子(田植え30日後)など

昨日はやや風は強かったですが天気の良い農作業日和でした。

ここ2~3日は気温が上がらず、朝方は少し肌寒い感じ。

Ca3i0963

草刈り1回目が終わったので、今の時期はもっぱら田んぼの水管理です。田植えから1ヶ月経った苗は、雨、低温が続いていたので少し心配ではありますが、順調に生育している様子。

Ca3i0959 Ca3i0960

枝豆(青森福丸)1回目の本葉が展開したので不織布を外し、同2回目にそのままスライドさせました。ハトの食害はほとんど無し。効果があって一安心です。が、しかし不織布にはハト以外の生物に狙われた痕跡が(たぶんカラス野郎)。不織布を破ってまで強引に食べるなんて超ムカツク~

2017年6月 9日 (金)

断捨離

約1年振りの断捨離です。

前回は10年モノの不用品を処分しましたが、今回は粗大ゴミを中心に決行しました。処分の判断基準は「捨てるか捨てないか」。それぞれ思い出はありますが、そこは感情を挟むと捨てられなくなるのでひたすら無心でやりました。

断捨離決行(2016年7月21日)

http://shiroken6818.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-1d27.html

Ca3i0958

今朝6時前から片付け始め、軽トラ山盛り一杯(重量180kg)になりました。大物は20年以上前の独身時代から使っていたセミダブルベッド(マットレス含む)とソファ。いつもの清掃工場に運び込みました。処分料は10kgあたり可燃ゴミ100円、粗大ゴミ125円(税別)。

今回も断捨離で、超スッキリ!!超サッパリ!!

2017年6月 7日 (水)

枝豆(青森福丸)のハト避け

5月23日に播種した青森福丸(1回目)は6月の雨続きで予想外に早く発芽しました。

去年の今ごろにハトの食害があったので、昨日はハト避けとして急きょ不織布をベタ掛けしました。これが結構効果があるんです。本葉が展開するまで掛けっぱなしにします。

これでだいじょうV!!

Ca3i0957

枝豆(湯あがり娘)の中耕・培土と株間除草

昨日はとても天気が良く気温は20℃超え。

5月3日に播種した湯あがり娘の中耕・培土をしました。

その2日前まで雨が降っていたので、畑に入れるかどうか心配でしたが、思った以上に水はけが良かったので一安心しました。

Ca3i0956

6月に入り一転して雨続きで雑草も凄いことになっていました。

中耕・培土である程度雑草をやっつけて、その後はひたすら株間を手除草しました。40メートルの畝12本はさすがに体に堪えます。

今朝は久し振りの筋肉痛。。。カラダガイタイ

2017年6月 3日 (土)

ヒロシです5 小休止

一昨日から雨が降っています。

田んぼと畑にとっては恵みの雨です。

ということで農作業は小休止。

170603_142101

久し振りに登場のヒロシです。

こんなに大きくなりました。

2017年5月31日 (水)

草刈り

一昨日から畦畔や農道の草刈りをしています。

刈払機による飛び石の危険性があるので、日中の交通量の多いバイパス沿いは比較的少ない早朝にやったり気を遣います。

Ca3i0952

コンビニの横とバイパス沿いは相変わらずゴミだらけ。レジ袋、ペットボトル、弁当の容器、冷や奴や納豆の容器!?

わざわざ田んぼに捨てなくても・・・モラルの低さにゲンナリ。

Ca3i0953

2017年5月25日 (木)

水保ちの悪い田んぼ

今日はどんより曇り空。やや涼しかったです。

そろそろ田んぼに水が欲しいのになかなか雨が降りません。天気予報では週末に雨マークが付いていますがどうなることやら。

Ca3i0949

手前は今年から田んぼに戻したところ。近所の大農家が10年以上耕起のみで管理していたらしい。三角田で約3アール。大型機械だと使い勝手は悪いでしょう。ちなみに上流の田んぼからは掛け流しで入水する方式です。

ここの田んぼの水保ちがとにかく悪い。3日前に上流の田んぼも含め水田除草剤を散布したばかりなので掛け流しで入水もできず、ポンプで排水路から入水しました。

春先に畔塗りしていますが、日減水深が5センチくらいあるので、どこからか漏水していると思われます。一応、排水路側のザリガニ穴らしき数カ所は塞ぎました。

これで水保ちが良くなるといいな~

2017年5月23日 (火)

枝豆(青森福丸)の播種

今日も天気が良かったです。でも、そろそろ田んぼと畑に雨が欲しいところ。

で、午前中は「青森福丸」という毛豆系の枝豆を播種しました。我が家の主力品種。だいたい1週間ごとに3回播種する予定です。

Ca3i0948

去年の今頃も1回目を播種して9月2日から5日にかけて収穫しています。

Ca3i0947

5月3日に播種した湯あがり娘は本葉1枚目を展開しています。

ずっと耕作していない畑なので雑草はやや多いですが、中耕・培土で何とかなりそうなレベルです。

水田除草剤散布

ここ数日は天気が良く、気温も高めで推移しています。お陰さまで田んぼの苗も順調に生育しています。

一昨日の日曜日は次女の通う小学校の運動会があったので、農作業はお休みにしてそちらに出掛けてきました。

運動会も長男から数えて連続14年なので正直飽きましたw来年もあるんだけどねwしかし、今年は次女が競技のアナウンスをするということで楽しみにしていました。意外に堂々としていて頼もしかったです。自身の種目プラスアナウンスでよく頑張りました。

で、昨日は田んぼにやや多めに入水して水田除草剤を散布しました。去年の豆つぶ剤の効き目がいまいちだったので、今年はフロアブル剤に戻しました。効き目を持続させるため排水口の止水と畦畔の漏水確認は入念に行いました。

Ca3i0944

役目を終えた水稲育苗ハウス。ビニールを取り外し骨組みだけになりました。

2017年5月19日 (金)

田んぼの高低差

今日は天気がとても良かったです。近所では田植えのピークを迎えています。

で、今年から田んぼに戻した圃場の用水側がやっぱり高かったです。このままだと水の管理とか難しくなるので、写真のとおり高いところを囲うように仕切りを設置してみました。

Ca3i0943_2

結構オーソドックスな方法ですが効果は絶大です。ちなみに当地では仕切りに使っているアゼナミ(シート)のことを通称“タキロン”と呼んでいます。思いっきりメーカー名ですw

今日から田植え順に水田除草剤を散布しています。

タキロンで効き目もバッチリ!!

田植え終了(播種40日目)

昨日で田植えを終了しました。バンザ~イ!!

田植え3~4日目までは、天候に恵まれて1日あたり1ヘクタール、圃場がまとまったところでは1.3ヘクタールできました。これが今の環境で出来る一人作業の限界かも。

最終日の昨日は、つがるロマンを作付けしている30アールのみ。最後の田植えをじっくり味わいながらやりました。

今年は意外というか、作付面積が増えたことで逆に上手く段取りを組めたので、最後まで良い調子で進みました。もちろん家族の協力あってこそです。

今後は草刈りと水管理の日々になります。

Ca3i0940

2017年5月16日 (火)

田植え2日目(播種37日目)

先週末は東風が強く、田植えは一時休止しました。

昨日は昨日で晴れたり、曇ったり、雨が降ったり、雹が降ったり、雷が鳴ったり、とにかく凄まじい天候でした。

それでも悪天候の合間を縫って田植えを強行し、約1.3ヘクタール終了しました。がんばった~

今日もこれから田植えに行ってきます。

Ca3i0938

2017年5月13日 (土)

田植え初日(播種34日目)

昨日は天気が良く、風もない一日でした。

で、天気が良かったのでほんの肩慣らし程度に田植えをしました。

苗の生長も全体的にあと4~5日すれば植え頃なのですが、今回は条件の良い育苗ハウスの苗がちょうど良い長さだったので急きょの田植えとなりました。

Ca3i0936

畑を田んぼに戻したところはデコボコ具合がすごくて、車酔いならぬ田植機酔いをするほど。畑のときの残溝があるので、田植機が跳ねないように速度もゆっくりに。

田植えの出来映えは、前もって田植機のメーカーにメンテナンスをしてもらったので、マシントラブルもなく植え付けもバッチリ。5時間で約70アールを終了しました。一人作業なのでこんなものです。

(追加文)

週末土・日は東風が強く田植えは翌週へ持ち越しとなりました。

2017年5月12日 (金)

ガス揚げ

昨日は曇り時々雨で、やや風の強い一日でした。

代かき後の田んぼは風が強いと浮遊している稲株や稲の根っこなどの残渣が打ち寄せられます。これを当地ではガスと言います。これが大量にあるということは代かきがヘタだったことを意味すると自分では思っています。

Ca3i0935

今年の我が家の田んぼは“超大量”でした。(*_*)

«田植えの手伝い