2017年10月17日 (火)

弾丸引き

曇り空のつがる市です。

近所の稲刈りも一部を除いてほぼ終了しました。

昨日は稲刈り後の田んぼにサブソイラで弾丸引き(暗渠)しました。来年の米作りのため水捌けと水保ちの両方の効果と高温時における乳白米率の低下を狙ってです。これは新規就農時、農業普及所で研修中に研究課題としてサブソイラの施用を取り上げ、ある程度効果は実証済みです。もともと畑の排水用に新品で買ったのに、あまり使用する機会がなくて勿体ないな~なんて思って、メーカーのサイトかなんかで調べてやった記憶があります。この頃はホントやる気だけはありましたねw

で、なぜ今まで継続してこなかったかというと、これは田んぼの条件とトラクターの性能に関係しているからです。言い訳になりますが、田んぼが乾いていないと我が家のような小馬力のホイールのトラクターではサブソイラの負荷によりスリップするので、最低でも中馬力以上のクローラのトラクターが必要になります。今年は田んぼも乾いているので難なく出来ました。

Ca3i0169 Ca3i0170

2017年10月14日 (土)

稲刈り無事終了

今日で稲刈りは終了しました。

日中は天気が良くて日差しが強かったです。

残り50アールだったので気持ちも楽チン。コンバインの点検をしっかりやってから9時30分にスタートしました。

Ca3i0167

今年のラストラン。コンバイン自体の不調に変わりはありませんが奇跡的に最後までスイスイ刈ってくれました。達成感よりもやっと終わったという安堵の気持ちが大きかった。

Ca3i0168

10月中旬の稲刈りは就農以来初めてのこと。なかなか稲の登熟が進まなかったし稲刈り期間中は雨に泣かされた年でした。いろいろあった年だったな~

まずは無事終わったことに感謝したい。

稲刈りラストスパート

晴れのつがる市です。

昨日は一番遠い田んぼへ移動し稲刈りをしました。とは言っても自宅から3kmほどです。昨年まで借りていた田んぼは5kmあったので移動時間、籾の搬送時間だけでも大変でした。

Ca3i0164

昨日は朝露がなく今までで一番早い8時30分スタート。JAカントリーまで籾の搬送時間が掛かったこともあり80アールで終了。一日中寒かった~

ここに来てコンバインが悲鳴を上げています。満身創痍感がハンパない。昨日は石を拾い上げたのかストローカッターが欠けて排ワラが詰まりやすくなりました。ゆっくり刈る分には問題ないけど、あと少しなのでそのままにしています。残り50アール。稲刈りもラストスパート!!持ち堪えてくれ~コンバイン様~(早く修理しろw)

2017年10月13日 (金)

雨後の稲刈り

曇り空のつがる市です。

今朝はとても寒く、日中の気温は15℃までしか上がらないそうです。

で、昨日は朝から風が強く、雨で濡れた稲も一気に乾いたので、11時から稲刈りをすることができました。ただ風が強く体感温度も低かったので防寒着+耳あて付帽子で作業しました。寒かった~ブルブル

Ca3i0162 Ca3i0163

写真の田んぼは普段地盤が固いところですが、この2日間降り続いた雨でユルユル状態。特に滞水している角っこはクローラが滑って埋まりそうで冷や冷やものでした。また倒伏しているところはコンバインの脱穀を何度も詰まらせながらだったので時間が掛かりました。

雨後の稲刈りは良いことは一つもありません。コンバインは汚れるし、田んぼはグチャグチャになるし。あと2~3日様子を見れば良かったかな。ただ雨に降られて刈り取り適期を逃しても困るし、何よりも気持ちの焦りもあっての強行でした。

2017年10月11日 (水)

刈取適期の終限

雨のつがる市です。

ここに来て雨続きで稲刈りが出来ません。昨日の朝なんか雨の気配もなかったのにコンバインのシートを外した途端の本降りでまたシートの掛け直し。みるみる雨雲が近づいてくるんだもの。なんで?

で、我が家の田んぼの刈取適期は積算温度から見るとそろそろ終限。昨日と今日の低温を加味してもプラス1~2日延びるくらいかな。稲刈りが遅れるとそれだけ米の品質低下のリスクがあるので気持ちも焦ります。

今週末は良い天気が続きそうなので一気に稲刈りと行きたいところです。

晴れてくれ~

・まっしぐらの刈取適期

田植え      出穂期     始期(960℃) 終限(1200℃) 

5/15~16   8/8~10       9/26~29           10/13~17

※出穂期とは全体の40~50%出穂した状況

2017年10月10日 (火)

稲刈りも折り返し

曇り空のつがる市です。

今日は昼頃から小雨の予報、様子を見ながら刈り進めようと思います。

昨日は超遅めの11時スタート。なかなか朝露が落ちませんでした。それでも自宅近くの田んぼの稲刈りは無事終了。夕方から遠くの田んぼへ移動して10アールだけ。昨日は全部で80アール。

Ca3i0159

田んぼによって稲の生育のばらつきがハンパない。写真の田んぼは今年から借りたところ。まったく手応え無しだけど青米がほとんどない。籾はとてもキレイ。おまえは種籾かっ!!そんな感じもあれば、コンバインの脱穀が詰まりそうで(実際詰まったけど)なかなか進めない手応えありありの田んぼもありました。軽く11俵超えかも。今までこんなに差がついたことはなかったので驚きです。

Ca3i0160

やっと稲刈りも折り返し地点まで来ました。今週中に終われればいいな~

追記

朝8時に稲刈り準備をしていたら雨が降ってきました。午前中だけでもと思っていたのに残念賞。

2017年10月 9日 (月)

稲刈り再開

快晴のつがる市です。

一昨日は雨のためお休みして、昨日から稲刈りを再開しました。

朝露が濃くて10時スタートになりました。田植えみたいに朝4時5時から出来ればいいのにと非現実的なことを思いながらやりました。

昨日は我が家唯一のつがるロマンの田んぼと今年から借りた田んぼと併せて1ヘクタールほど。収量はそれほどでもなくコンバインが唸ることもなく、まったく手応えなし。見た目青米が少なかったがどうなんだろう。

で、突然ですが、今回の稲刈りのテーマは“効率的な走行を考える”です。そういえばこれまであまり深く考えてこなかったなぁ、なんて。四角い田んぼばかりだったからただグルグル刈ってた感じ。なので今さらですが考えてやってみることにしました。就農8年目にして。

我が家で使っているような小型コンバインは枕地のときに時間的ロスが多いので、100メートル田んぼだったら中割をして2周回でグレンタンク1杯になるような感じが良いみたい。変形田や三角田もあるのでそこはケースバイケースです。軽トラのコンテナに刈り取った籾を排出する時間も結構掛かるので、なるべく排出回数を抑えて時間的ロスを減らすことも大事かな。

Ca3i0159

今日から自宅付近から離れて遠くの田んぼへ移動。順調に行けばあと3日、しかし天気予報に雨マークが・・・

2017年10月 7日 (土)

2017稲刈り

曇り空のつがる市です。

昨日から待ちに待った稲刈りが始まりました!!パチパチパチ~

まずはまっしぐらから。朝露が濃くてスタートは10時と遅め。途中、コンバインの小トラブルでディーラー呼んで2時間くらい中断したり、何だかんだで60アールしか刈れませんでした。夕方5時に終了し引き上げるころにはあたりは真っ暗。まさにつるべ落とし。

刈ってみて収量は良くも悪くもなくです。未成熟籾は少なかった。たぶん稲刈りが当初より1週間遅れたからだと思っていますがどうなんだろう。近所の農家さんによると青はやや多めで網下は少ないとの事。我が家はカントリー出荷なので結果はまだです。

Ca3i0155

コンバインの新品クローラ注文から取付けまで5日待っている間、まわりでの稲刈りも進んでいて進捗率は60~70%。残っているのは我が家と大規模農家さんくらい。その大規模農家さんは大型コンバインで1日2ヘクタール超。凄すぎる。

Ca3i0151 Ca3i0152

クローラはネット注文しました。一応国産品のOEMとのことですが品質はわかりません。価格はディーラーから提示された半値だったので2本購入して両方交換しました。交換してくれたディーラーから転輪は来年交換した方が良いと言われました。コンバイン購入も考えないといけない時期なのかな~

2017年10月 4日 (水)

岩木山で初雪

とても肌寒かったつがる市です。

今朝は少しですがみぞれが降りました。近所では寒さの中、稲刈りをしている農家さんもチラホラいました。ご苦労さまです。

で、岩木山で初雪が観測されたそうです。

岩木山、冬の装い/山頂付近で初雪を観測(WEB東奥10/4)
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2017/20171004029356.asp

こちらからは岩木山は曇っていて確認できませんでした。平野でみぞれが降るくらいなので山にも降るでしょうね。

今日は十五夜です。母からもらったおはぎとビニールハウスからスチューベン葡萄を調達してきました。きれいなお月様は見えるのでしょうか。

Ca3i0149

2017年10月 3日 (火)

2017作況指数

9月29日、農水省から2017年水稲作況指数が発表された。

「作況指数」とは、10a当たり平年収量に対する 10a当たり予想収量の比率である。なお、平成 26 年産以前の作況指数は 1.70mm のふるい目幅で選別された玄米を基に算出していたが、平成 27 年産以降の作況指数は、全国農業地域ごとに、過去5か年間に農家等が実際に使用したふるい目幅の分布において、大きいものから数えて9割を占めるまでの目幅以上に選別された玄米を基に算出した数値である。(農水省HP抜粋)2017_2

本県は99の平年並みであるが、これはふるい目幅1.85㎜で算出した数値であり、本来使用している1.90㎜だと作況指数はもう少し下がり反収も減少するのだろうか。ま、反収は圃場ごとに米の作り方の違いで左右されるから、一概に作況指数通りにいかないことは経験上理解しているし、なるべく一喜一憂しないようにしている。

2017年10月 1日 (日)

稲刈り延期、クローラの切れ

快晴のつがる市です。

ここ数日は雨続きだったので、今日の天気で地区では稲刈り本番を迎えました。

Ca3i0145

我が家では今日から稲刈りを予定していましたが、場所によっては登熟ムラがあるので、あと4~5日は様子を見ることにしました。明日から2~3日天気予報に雨マークが付いているので気持ちのあせりは軽減できそう。

Ca3i0144 Ca3i0146

今日の様子です。昨日の強い雨で倒れるところは倒れました。水捌けの悪い田んぼは滞水していてコンディションはよろしくありません。これだとコンバインも泥まみれ必至です。

Ca3i0148

要らないおまけ。

コンバインも経年劣化し、この前のラジエーターホースに続いて、なんと!?クローラに大きな切れがありました。で、ディーラーにクローラの値段を問い合わせてびっくり。弱小農家には痛い出費です。稲刈り当日に発見するなんて、しっかり点検していないことが露呈してしまいました。トホホ

ま、稲刈りの時に切れてからでは身も蓋もないので不幸中の幸い?かも。

結果的に、登熟云々に関わらず、コンバインの不調で稲刈りを延期しなければなりませんでした。

2017年9月27日 (水)

枝豆の値段

今年の枝豆はとても出来が良かった。ということは、我が家以外も良かったということであり、自ずと全体的に出荷量が増えて市場価格は下がるということは数字を見れば明白である。

早生の湯あがり娘の値段は前年とほぼ同じ。なかなか高値が付かない。青森福丸は数字こそ良く見えるが、高値の2,100円は最終出荷分でありそれ以前は1,200~1,500円と安値が続いた。

JAを通して市場出荷している身分なので致し方ないことではある。長く続けていれば悪い年もあるが必ず良い年もあるのだから、今は辛抱の時期である。

■湯あがり娘

出荷期間 8/20~8/25

A品(3㎏箱) 高値1,500円(±0円)

A品(3㎏箱) 安値1,100円(-400円)

B品(2㎏袋) 高値100円(±0円)

B品(2㎏袋) 安値100円(±0円)

■青森福丸

出荷期間 9/5~9/12

A品(3㎏箱) 高値2,100円(+300円)

A品(3㎏箱) 安値1,200円(-290円)

B品(2㎏袋) 高値300円(-10円)

B品(2㎏袋) 安値200円(-100円)

( )は前年比、値段はいずれも経費込み

稲刈りまであと少し

晴れのつがる市です。

今朝はグッと冷え込みとても肌寒かったです。

昨日は特にやることがなかったので、枝豆収穫後の畑に春先の代かき時に出た稲株や根っこなどの残渣を散らかしてトラクターで耕しました。このほかにも探せばやることはありますが気分が乗らないので探しません。

まわりではボチボチ稲刈りがスタートしています。だいたいゴールデンウィークあたりに田植えをしたところが大半のようですね。我が家では天気をみながら今月末あたりから稲刈りを始めようと思っています。あと少し。

Ca3i0137

今年は農業共済の被害表示立札が目立ちます。8月の低温、日照不足もあったので圃場によっては被害が深刻なところもあるのかと思います。

ちなみに共済金額は農家単位方式8割補償で、当市の場合は基準反収636㎏の8割の508.8㎏(8.48俵)以下が対象となり、

10アールあたり

508.8㎏×161円=81,916.8円

が補償されます。あくまでも刈取り前の被害申告でないと対象にならないのでご用心を。

2017年9月23日 (土)

2017年産米仮渡金など

先日、全農青森から2017年産米概算金が示され、これを受けて21日、地区JAが同仮渡金を決定しました。地区JAの決定額はつがるロマン、まっしぐらともに全農青森が示した概算金よりも高く、米農家の多い当地区の現状を考えての判断だったと思います。農家としてとても嬉しいことです。

仮渡金は次のとおり。※( )は全農青森概算金

つがるロマン 12,200円(11,700円)

まっしぐら 12,000円(11,500円)

青天の霹靂:基準内 14,500円(14,500円)

青天の霹靂:基準外 11,500円(10,000円)

もち米全銘柄 6,500円(6,500円)

備蓄米全銘柄 8,000円

加工用米全銘柄 8,000円

◎等級格差 2等△600円 3等△1,600円

なお、青天の霹靂の3等は基準外と同額

あわせて、2016年産主食用米の仮精算が決定しました。

※( )は現状での手取額

つがるロマン 500円/1俵(11,900円)

まっしぐら 500円/1俵(11,700円)

青天の霹靂 1,200円(15,700円)

2017年9月22日 (金)

コンバインのワラ切刃交換、ラジエータホース破損

快晴のつがる市です。

近所の採種圃場では種子用のまっしぐらの刈り取りが始まっています。種子用だけに素直に育てられたのか穂はあまり屈んでいませんね。収量は10アールあたり540~600kg以下といったところでしょうか。

で、今日はコンバインのワラ切刃の交換をしました。交換することで籾の選別が良くなるらしい。ワラ切刃の交換目安は約200時間。我が家のコンバインは中古で買って丸6年使用、年間30~40時間くらいなのでちょうど替え時ですね。

Ca3i0139_2 Ca3i0143

交換方法はいたって簡単。こぎ胴のカバー上部のケースを開け、ワラ切刃の台座を固定しているボルト3箇所を外し、台座に付いているワラ切刃6個を交換するだけ。

Ca3i0142

左:新品 右:旧品

新しい方はカミソリのように切れ味抜群、一方古い方は手袋で触っても大丈夫なくらい刃先が丸まっていました(素手だとスパッといっちゃいます)。ワラ切刃はインターネットで注文、翌日には届きました。480円/1個×6(送料別)。

Ca3i0138_2

要らないおまけ。

コンバインのラジエータホースが破れていました。エンジンをかけて点検しているときにラジエータホースがベルトに干渉し磨り減っているのを発見、そこを指で押したらクーラント液がビューっと飛び出しました。クーラント液は沸騰していて超熱かった。早速、ディーラーに部品注文と交換修理をお願いしました。(26日に交換済み)

稲刈りの最中でなくてホント良かった~

2017年9月21日 (木)

ヒロシです10 ひたすら眠る

170921_193501_2

お昼前から夕方までガッツリ眠っているヒロシです。

イビキが凄い。ぐぉ~ぐぉ~sleepy

悪天候のあと

秋晴れのつがる市です。

まわりでは新品種特A米青天の霹靂の稲刈りがスタートしました。我が家では作付けしていないので、稲刈りの様子を遠くから眺めていました。

早く稲刈りがしたいな~

で、昨日の夕方に急な雷雨と突風があり、夜中も屋根が鳴るような雨が断続的に降っていました。やっと台風が行ったかと思えばこんな感じで、ホント秋の空って奴は。

Ca3i0132

午前中に田んぼの見回りをしました。つがるロマンは少しだけ倒伏、まっしぐらはなびいている程度でなんとか持ち堪えていました。足腰がしっかりしているのか頭が軽いのか良い感じですw

Ca3i0133

こちらはつがるロマンの西隣りのまっしぐら。用水路側が倒れかけてちょっと微妙ですが2~3日もすれば回復するでしょう。たぶん。

Ca3i0135 Ca3i0136

昨日の天気が嘘のようで雲がとてもきれいでした。青空に黄金色の田んぼが広がって素晴らしい~

2017年9月19日 (火)

ヒロシです9 動物病院へ

170919_190401

右目に傷がついて動物病院へ行ってきたヒロシです。

目玉が出ている犬種は顔を拭いてあげるときにタオルで擦れる場合があるので注意しないといけないんだって。今回は大事には至りませんでした。

台風一過、ゆるキャラすもう大会

晴れのつがる市です。

昨日は台風18号の影響で午前中は大雨、台風が通過した午後には吹き返しによる強風が吹きました。我が家での被害はありませんでした。安堵。

青森県内では停電や家屋の一部損壊、果樹の倒木もありましたが、今のところニュースになるような大きな被害はない感じです。

そんな中、当市のショッピングモールではこんなイベントがありました。

つがるで全国ゆるキャラすもう大会、熱戦 (web東奥 9/18)
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2017/20170918028854.asp

台風18号の影響で1体が欠場、21体がトーナメント方式で戦い、決勝戦で「とよぴ」(青森トヨペット)が「福ロウ」(東奥日報社)を破り初優勝したそうです。

ニュースで見る限りではすごい本気の取組みで、もう社命を賭けた戦い。中に入っているであろう社員も選びに選びぬかれた人材なんでしょう。力が入りすぎて頭のとれたゆるキャラもいて会場は大いに盛り上がっていました。

2017年9月17日 (日)

台風対策

曇り空のつがる市です。

嵐の前の静けさなのか風はまったくありません。

これから徐々に風も強くなるんでしょうか。憂鬱だな~★

Ca3i0128 Ca3i0127

早朝からビニールハウスの補強をしました。出来ることはやっておこうと思い、天井のビニールを押さえるネットも増やし、前後のドアと裾のクルクルも全開放しました。これで上手く風が抜けてくれれば良いのですが。本当は全部のビニールをはがすつもりでしたが、中にあるスチューベン葡萄がもったいないのでそこは何とかと両親から切望され最低限の対策となりました。ビニールハウスが倒壊した方が高く付くんだけど。

Ca3i0126

ビニールハウス入口あたりのスチューベン葡萄は風で落ちてしまうので収穫しました。まだ少し若いけど十分な甘さがありました。

近所の人たちは特に対策はしていなかったです。これからするのかな?大丈夫だよと根拠のない自信家もいますが、他人は他人です。

あとは台風が来てみないとどうなるかわからないです。

2017年9月16日 (土)

2017年産米概算金、台風18号の進路

本県の2017年産米概算金が全農青森から発表されました。

17年産米JA概算金、青天の霹靂は据え置き(WEB東奥 9/15)
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2017/20170915028768.asp

品種別の概算金は次のとおりです。

つがるロマン 11,700円(前年比+1,000円)
まっしぐら  11,500円(前年比+1,000円)
青天の霹靂   14,500円(前年比±0円)

全農青森によれば、過去10年では東日本大震災のあった12年産に次いで2番目に高かったそうです。つがるロマンとまっしぐらの概算金引き上げは、国による減反で全国的に飼料用米の作付けが拡大し、外食・中食など業務用を中心に主食用米の需要が増加、また他県も軒並み引き上げたことを考慮したということでした。一方、青天の霹靂の概算金据え置きは、各県で新たなブランド米が増えているのに高価格帯のコメを食べる消費者が増えていないことが影響しているということでした。

概算金が高いことは米農家としてやる気が出るというものです。これで収量が平年並みであればもっと嬉しいのですが、こればかりは稲を刈ってみないとわかりません。とりあえずヨカッタ~☆

で、気になる台風18号の進路ですがモロ直撃。

中国大陸方向から大型扇風機でも使っているような右(東)への急旋回・・・冗談を言っている場合ではありませんね。

310261wid

こちらは17日(日)夕方から翌18日(月)にかけて暴風、大雨に警戒です。現状、稲の台風対策は見守ることしかできません。

Pic_typhoon_kkikan

2017年9月12日 (火)

枝豆の収穫終了

大雨のつがる市でした。

夕方には雨は止み晴れ間ものぞきました。

Ca3i0119 Ca3i0121

本日で枝豆の収穫は終わりました。残渣も山盛り。頑張った証だね。

今年は生育も順調に推移し、最終的には予定より2週間早く終了しました。JAの共同選果なので総出荷量は来週でないとわかりませんが、何となく良かった感じです。反面、単価は昨年同様至極悪く目も当てられない感じです。ほかの地域でも枝豆の作付けが増えているので、JA枝豆部会でも今後のことについて本腰を入れて議論しないと先細りになってしまいます。

台風18号の動きが気になります。

310261aut018_2

当初は中国大陸へ進路をとっていたはずが、ここに来て日本列島へ向かって来るみたいです。稲刈りを控えて被害が出ないことを祈るばかりです。

2017年9月11日 (月)

田んぼの様子

曇り空のつがる市です。

昨日の朝に家の屋根が鳴るくらいの大雨が降りました。幸い、田んぼや畑にはあまり影響はありませんでした。ヨカッタ~

Ca3i0125

今年から田んぼにした圃場の様子。品種はまっしぐら。手前と奥とでは稲穂(止め葉)の色が全然違います。生育の悪かった奥の方が後から肥料が効いてきた感じがします。

Ca3i0120

また、ここの田んぼは他に比べてヒエが多かったので、早速、ヒエ取りしました。

Ca3i0122 Ca3i0124

こちらはつがるロマンです。大雨の影響で角っこが倒伏しました。明らかに多肥ですね。これからどんどん倒れそうな予感。

2017年9月 9日 (土)

ヒロシです8 1歳の誕生日

9月9日はヒロシの1歳の誕生日

パピーちゃんからアダルトへ

相変わらず甘えん坊の臆病者

いつまでも我が家に癒しを与えてね

ヒロシおめでとうbirthday

Ca3i0117

2017年9月 8日 (金)

枝豆収穫は残りあと僅か

天気が良くやや汗ばむつがる市でした。

日中はお日様が照りつけ、思いっきり日焼けをしました。ヒリヒリ~★

Ca3i0114_2

今朝も早い時間から枝豆の収穫をしました。今回収穫した6月7日播種分は莢付きがとても良かったです。そのため莢もぎに時間は掛かりますが、すごく嬉しい悲鳴です。ヒーハー!

枝豆の収穫は残すところ6月14日播種分だけ。青森福丸の栽培期間の目安は100日とされていますが、天候が合っていたのか最後は85日での収穫となりました。予定が前倒しになったので休む暇もありません。というのは嘘で明日、明後日は身体を休めたいと思いますw

Ca3i0113_2

朝6時頃の状況。濃霧のためライトを点けて走行。最新の信号機は軒並みLEDを使っているので、この濃霧だと交差点の近くまで来ないと何色燈火なのか見えませんね。

2017年9月 6日 (水)

自分のルーツ

快晴のつがる市でした。

朝晩の冷え込みはありますが、日中はとても過ごしやすかったです。

枝豆の収穫は早くも終盤を迎えています。最後まで頑張りたいと思います。

で、我が家の枝豆収穫は実質母親と二人で行っています。日曜日は父親も加わり三人となります。莢もぎをしている間はラジオを聴きながら、たまにその放送内容に意見したりして適当な会話をしています。あとは両親の昔話をよく聞きます。両親が小さかった頃や若かった頃のこととか。その中には自分の知らない祖先、親戚なども登場し非常に興味関心をひかれます。自分のひいじいさん、ひいばあさんが何処から来たのか知らなかったし、ましてその前の人たちやその兄弟、末裔のことなどはホント謎でした。

自分が関われたのは母方のひいじいさんとひいばあさんまで。うっすらとしか記憶にないけど自分が小学校低学年くらいまでは生きていた。父方のひいじいさんは父親が生まれたときにはすでに他界していたそうで、ひいばあさんも父親が3歳くらいには亡くなっているので自分は顔も名前もまったく知らない。父親はそういったルーツ的なものに関心がないらしくまったく知らないようでした。

たぶんずっとサラリーマンをしていたなら聞けなかったことばかりで、就農したからこそ両親と過ごす時間も多く、いろいろと根掘り葉掘りと聞けたのかなと思っています。こんな話ができるのも自分も両親も年を取った証拠でもあります。

Ca3i0111

2017年9月 4日 (月)

次の播種分も継続して収穫中

天気の良かったつがる市です。

今日もチマチマと枝豆もぎをしていました。

5月23日播種分に5月31日播種分の生長が追いついてしまったので、間を置かずに収穫をしているわけです。

それにしても莢付きが悪すぎます。枝の上のほうがスカスカ。

あと2日で終われるかな。休みたいな~

Ca3i0110

2017年9月 3日 (日)

枝豆の収穫再開

青空の広がるつがる市です。

台風は本県の太平洋沖を通過しましたが、吹き返しの風が強かったです。

Ca3i0108

昨日から枝豆の収穫を再開しました。品種は青森福丸。

今年は莢の大きさは平年並みですが、1枝あたりの莢付きは芳しくありません。なんとか莢の大きさでコンテナ数を稼いでいます。
Ca3i0106

早朝から作業をしていますが、寒くて防寒対策が必要なくらい。

風邪をひかないよう気をつけたいです。

2017年9月 1日 (金)

2017年産水稲の作柄は平年並み

本年産水稲の作柄が発表されました。

本県は出穂期まで好天であったため、穂長、籾数、籾の大きさなど良かったものの、8月の日照不足、低温があったためプラスマイナスゼロの平年並み。田んぼによっても差があるとのことで、我が家のつがるロマンは他の田んぼに比べても穂の垂れ具合が見た目よろしくありません。

0830zf_2

2017年8月29日 (火)

北朝鮮ミサイル発射(備忘録)

早朝、市内の防災無線からJアラートの警報が鳴る。静かな時間帯ではあるが放送の内容が聞き取れない。

すぐにTVで確認する。5:58北朝鮮が東北、北海道に向けてミサイルを発射したことを知る。Jアラートの画面、アナウンサーがひたすら内容を読み上げる。緊張感が走る。子供達を起こし着替えさせる。何かしようとするが何もできない。着替え、貴重品だけショルダーバッグに詰め込む。

NHKで秋田県、北海道、防衛省敷地内に配置のパック3の映像をみる。もしもの時のことをいろいろ考える。家族のこと、田んぼのこと。

間もなくして、6:12北海道襟裳岬の東方1180km太平洋上に着弾したことをニュース速報で知る。気持ちはほっとするが北朝鮮への怒りがこみあげた。

各局北朝鮮ミサイル発射のニュース。安倍首相の会見「国民のために万全を期す」。菅官房長官の会見「北朝鮮に抗議した」。8度の国連制裁、圧力の強化も効き目無し。平和的制裁は限界なのか。

朝食を摂る。子供は学校へ。日常生活に戻る。これからどうなるのか不安。

Diwhbcduqaa43kw

2017年8月28日 (月)

スチューベン葡萄の様子

ビニールハウスのスチューベン葡萄は良い感じに生長。

今年は防鳥ネットを張ったので鳥の侵入もなく果実もキレイ。

すんごい豊作な感じ~☆

Ca3i0104

Ca3i0103

稲穂の褐変

曇り空のつがる市です。

今週末あたりから低温が続くみたい。農作物への影響が懸念されます。

Ca3i0100

お盆を過ぎてから好天に恵まれましたが、まっしぐらは穂も頭を垂れているのに対し、つがるロマンはそれほどでもありません。ほんの気持ち程度くらいペコリしてます。

Ca3i0099

今年は全圃場で稲穂の所々に褐変が見られます。寒さが続いたせいかも知れません。それでも一応は褐変した籾にも実が詰まっていたので不稔ではなさそう。たぶん。

Ca3i0101

こちらはスズメの食害が多い田んぼ。特に被害の多い排水路側に防鳥糸を張りました。今のところこれである程度は防げます。農家になって鳥の食害対策をするたびにカラス、スズメ、ハト、カモなど鳥類全般が大嫌いになりました。

稲刈りまであと1ヵ月ですが最後までやれることはやろうと思います。

2017年8月26日 (土)

ヒロシです7 夏へ逆戻り

ここ2、3日は朝晩の冷え込みもなく、日中も気温25℃以上と夏へ逆戻り。

久し振りにエアコン大活躍!!

それにしても凄い寝方だねw

Ca3i2222

2017年8月22日 (火)

枝豆(湯あがり娘)は終了

晴れたり、曇ったり、雨が降ったりのつがる市でした。

今日で枝豆収穫も5日目。これで湯あがり娘は終了。コンテナで32個。毎日早朝から夕方までチマチマと手もぎを頑張りました。

Ca3i00780001

昼前に突然の強い雨に見舞われました。雨音でラジオ(高校野球)がまったく聞こえない状況。その後は嘘のような青空が広がりました。本当に変な天気です。

Ca3i00800001

収穫を終えた畑の様子。乾いたらトラクターで耕そう。

次の青森福丸の収穫までは一週間くらいあるので少し体を休めたいと思います。

2017年8月19日 (土)

枝豆の収穫始まる

天気の良かったつがる市です。

相変わらず朝晩は肌寒いですが、日中は晴れて気温も25℃以上です。

昨日から枝豆(湯あがり娘)の収穫が始まりました。

Ca3i0075

Ca3i0077

2017年8月17日 (木)

クロスワードで

170817_145401_2

500円分の図書カードをいただいた。

JAが毎月発行しているお知らせの最終ページにあるクロスワードで、7~8年振りに応募したところ見事に当選したモノ。

今回の応募者、正解者ともに16通でそのうち当選者は5名。当選確率は約31%。数字だけを見ると凄いことになっているけど、毎月応募して正解したからといって当選させていただけるものではない。

そこには少ない応募者(正解者)の中から当選者を吟味して選ぶ担当職員の苦労があると勝手に思っている。

2017年8月14日 (月)

枝豆にハマキムシ

やや暖かいつがる市です。

昨日はお盆で墓参りをして、ついでに近くの枝豆畑に行ってみると枝豆の葉っぱのところどころがクルクルと巻いていました。

Ca3i00711

JA担当者に聞くとハマキムシとのこと。葉っぱのクルクルを解くともれなく蛾の幼虫(青虫)とその糞が出てきます。

ハマキムシが広範囲に広がると日陰を作る葉っぱが少なくなり枝豆の莢が日焼けしやすくなるそうです。本当に厄介です。

Ca3i0072

あと2~3日で収穫するところもあるので殺虫剤は使いたくないのですが、しょうがないので残効性の少ないモノを選んで散布しました。葉っぱごと捕殺すればいいのですが大変なので。一応、収穫前日まで散布しても大丈夫なモノです。

Ca3i0074

ついでにスチューベン葡萄にも殺虫剤を散布しました。こちらは順調に生育しています。

Ca3i0073

果実も8~9割ほど色づきました。いい感じ。

2017年8月13日 (日)

家族で斜陽館へ

昨日はずっと雨だったつがる市です。

季節はもう秋ですか?

と思わせるような肌寒い一日。ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

Ca3i0069

こちらに帰省している親類と五所川原市金木町の斜陽館へ行ってきました。斜陽館を訪れるのは20数年振り。言わずと知れた太宰治の生家。太宰ファンというわけではありませんが見応えがあります。

お盆時期で観光スポットはどこも人が多く混雑しています。普段人の少ない田舎なので特にそれを感じます。

2017年8月10日 (木)

穂揃い

肌寒かったつがる市です。

台風5号の影響はなく、雨もイネには丁度良い加減でした。

Ca3i0066

イネは80%くらい出穂しました。

6月の低温からよくここまで持ち直したものだ。

Ca3i00681_2

今年から田んぼに戻した圃場。一部生育の悪いところあり。中干し前後に追肥をしましたが草丈は短い。春先の基肥は万遍なく散布しているし、考えられるのは代かきハローで高低差を少なくするため土を引っ張りすぎたこと。基肥も一緒に引っ張ったのかもね。

Ca3i09181

代かき水を入れたときの写真を見ると、水が載っていない高いところと草丈が短いところが一致している感じ。いろいろと策はあったと思うけど・・・

でも来年は何とかなりそう。

2017年8月 4日 (金)

田んぼの防除

今日も暑いつがる市です。

しかし今朝は寒かった~★ Tシャツ1枚だとちょっと耐えられません。

それでも午前7時を過ぎると次第に気温は上昇。暑い!!

Ca3i0065

午前5時から田んぼの防除をしました。早朝はほどよい風と朝露があるので薬剤の展着もとても良いです。一人作業で約2時間半。

Ca3i0064

毎年恒例の重装備。真夏なのに雨合羽上下にマスク、ゴーグル。まるでサウナスーツの様でした。

2017年8月 3日 (木)

出穂

カラッとした良い天気のつがる市です。

昨日、梅雨明け宣言が出されました。昨年より4日遅いそうです。

Ca3i0058

我が家の田んぼも出穂し始めました。出穂率は早いところで80%くらい、遅いところで20%くらいです。地区の田んぼと比べても、ま、こんなもんでしょう。

Ca3i0059_2

台風5号が怪しい動きをしていますが、こちらに来る前までに受粉が終わっていれば良いのですが。

コンバインの故障原因が判明

昨年コンバインが故障しましたが、その原因が判明しました。

コンバインのお掃除、故障( 2016年10月12日)

http://shiroken6818.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/post-c6b5.html

Ca3i00611

現状は、こぎ胴が回転せず、メーターの「2番」が点灯し、無理にエンジン回転数を上げようとするとベルトの焦げる臭いがする。以上の状況と昨年の清掃時に選別網に金属片が残っていたことから、2番ケース内で異物が干渉していることが予想されました。

早速2番ケースのカバーを開けると原因はすぐに判明しました。やはり金属片(写真)が2番ケースのらせんに絡まっていました。らせんを手動で操作しながら金属片をペンチで摘んでグイッグイッと引っ張ったら取れました。

Ca3i0062

取り除いた金属片。結構な大きさですが軟らかい素材。ディーラーによればコンバインの部品ではなさそう。その正体は何だろう?

稲刈りの時に田んぼの中に落ちていたこの金属片を稲と一緒に拾い上げてしまったかな。

この金属片を取り除いたことで、こぎ胴も回転し、メーターの「2番」も点灯しなくなったことから刈り取りに問題はないと思っていますが、念のためディーラー点検に出してみます。

とりあえず原因が判明してヨカッタ~☆

2017年7月30日 (日)

家族ドライブ~鰺ヶ沢

夏休みに入り、先日、子供たちを連れて鰺ヶ沢までドライブしてきました。

写真は日本海拠点館という施設に隣接する海浜公園です。とても整備されています。この日は風もなく海は穏やか。遠くに岩木山も臨めました。

立派なトイレやシャワールームが整備されているところを見ると、これから海水浴客で賑わうんだろうね。

小一時間、次女と一緒に走り回ってヘトヘト。

Ca3i0050

Ca3i0049

Ca3i0051

2017年7月29日 (土)

畦畔の草刈りと水路の除草

何日か振りに暑かったつがる市です。

昨日の朝はちょっと肌寒い感じで、日中も曇り空で気温は25℃前後、夕方から小雨模様の天気でした。ま、農作業日和ではありましたが。

Ca3i0053_2

畦畔の草刈りの様子。

Ca3i0054_2 Ca3i0056_2

水路の除草の様子。前回から40日。雑草の生長は早いですね。

Ca3i0055_3

畦畔用のバリカンでザーッと一気にやりました。これでやると本当に楽です。

これで水の流れも良くなりました。

2017年7月24日 (月)

大雨

曇り空のつがる市です。

気温25℃くらいで過ごしやすい一日でした。

先日の大雨ですが、こちらでも結構な雨が降りまして、一時的に川も増水しましたが、氾濫レベルまでには至らず、ホッと胸をなで下ろしています。

Ca3i0048

大雨のたびに排水路が氾濫する田んぼも被害はありませんでした。すでに中干しが終わっていたことも幸いし、田んぼもダムの役割を十分果たしたと思います。

お隣の秋田県では今回の大雨による被害が出ています。ニュースで川が氾濫し田んぼや畑が冠水している映像を見ると胸がギュッとなります。

一日も早い復旧をお祈り致します。

2017年7月20日 (木)

田んぼの追肥

今日も暑かったつがる市です。

お日様が高くなる前にサクッと農作業をしました。

Ca3i0045

まずは枝豆(青森福丸)の中耕・培土をしました。6月14日に播種したものの2回目です。たった6条だけど汗ダラダラ。すぐに軽トラのエアコンでクールダウン。

Ca3i0046 Ca3i0047

その後は田んぼに追肥をしました。我が家では基肥と追肥が一緒の一発剤を使っていますが、やっぱりというか散布ムラがあって黄変しているところもチラホラあります。いつもであれば一発剤だからと言って知らんぷりですが、やる気スイッチをONにして頑張りました。

なんとか昼前に終わりました。

2017年7月16日 (日)

大雨、ごも引き、田んぼの入水

大雨のつがる市です。

梅雨入りしてからまとまった雨がなかったので、田んぼや畑にとっては恵みの雨です。

Ca3i0044

今日は午前中に共同作業がありまして、大雨の中、春先に泥上げした用水路の「ごも引き」をしました。年配の方に「ごも引き」の意味について聞くと、水の流れを良くするために水中の藻や水草を鎌で刈る作業で、“ごも=ご藻”ということでした。「ごもふき」とも言うらしいです。

参加した農家さん15人くらいで約1時間で終了。大雨の中、また暑い中、胴付き長靴に雨合羽での作業は堪えました。みなさんお疲れ様でした。

Ca3i0043

用水路に水が来ました。大雨なので勝手に入水できて超楽ちん。

2017年7月15日 (土)

家族ドライブ~十和田湖

今日も暑かったつがる市です。

涼を求めて家族で十和田湖まで行ってきました。7~8年振りかな。

Ca3i0024

午後から出掛けたので、東北道を利用して時短することに。小坂ICを下りて十和田湖方面へ。途中の展望台から十和田湖を臨む。絶景かな~

Ca3i0029

十和田湖も暑かった~。今日から湖水祭りがあるとかで観光客でごった返していました。三沢ベース、韓国、台湾etc海外の方が多かった。日本の観光地はどこもそうか。

定番の乙女の像まで湖畔を散策。ゴミひとつ落ちていなくてキレイ。その後立ち寄ったおみやげ屋さんは軒並みこれといったモノはなく残念賞。せっかく観光客がいっぱい来ているのに・・・それと元おみやげ店の廃墟も目立っていて・・・何か対策しないと・・・

Ca3i0042

帰路、道の駅向かいの滝を見学しました。滝までの小径はとても整備されていて穴場的な感じでgood!!水車小屋とか木の橋とか。

Ca3i0038

滝は意外と高さがあり子供たちも大喜び。滝壺近くはヒンヤリ涼しかった~

今回のドライブでこの滝を見られたことが一番の収穫かも。道の駅の山葡萄のワッフル、ジェラートも美味しかった。

2017年7月10日 (月)

枝豆(青森福丸)の中耕・培土など

本日も快晴。連日30℃超えのつがる市です。

風もなくカンカン照りなので、こまめに水分補給しながら農作業しました。

一人作業で熱中症になったら一発アウトだもの。。。

Ca3i0021 Ca3i0022

午前中は枝豆(青森福丸)の中耕・培土をしました。

5月23日播種分は2回目、5月31日と6月7日播種分は1回目です。

雨が降らないので雑草も伸びていません。とても楽ちん。

Ca3i0018_2

苗は良い感じ。

田んぼの中干しも終わりたいところですが用水がまだ来ていません。明後日の天気予報は雨マークが付いているのでちょっと期待してみます。

Ca3i0020

スチューベン葡萄の果実も肥大して良い感じ。

ただハウスの際のあたりに葉っぱの日焼けが出ているのが難。

しかし暑いな~~~

2017年7月 9日 (日)

家族ドライブ~深浦

快晴のつがる市です。

朝からぐんぐん気温が上がりました。もう梅雨明けしたんじゃない?

ということで、午前中は涼を求めて深浦方面へ行ってきました。

Ca3i0017 Ca3i0015

岩場でカニや小魚に興奮する娘たちプラス奥さん。

«気晴らしに田んぼを巡る